海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アジア  > ソウル特派員ブログ > 人と人のつながり

韓国/ソウル特派員ブログ 旧特派員 田端 かや

韓国・ソウル特派員が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2006年12月23日

人と人のつながり


メール プリント もっと見る

人と人のつながり

P1000228.JPG
 韓国で暮らして16年近くになりますが、未だに慣れないのが人との距離感です。私の場合、大学時代までは日本で暮らしていたので、日本式の人間関係に慣れているのだと思います。特に私は日本で「新人類」と呼ばれた世代で、バブルがはじける前の売り手市場、物質主義的な文化、個人主義志向の強い、モラトリアム的暮らし方がかっこいいとされたようなそういう雰囲気にどっぷり浸かってきました。
 そういう人間が韓国に来るとどうなるか。まずは強い拒否反応が出るのです。何かと討論して、薀蓄を語りたがる人々、すぐに腕を組み、家族だと情深い関係を作りたがる人々、一人でご飯でも食べていようものならそんな寂しいことをと嘆かれてしまう…そう、韓国の同世代の生き方はまったく違っています。
 なぜなら、彼らが育ってきた時代はまさに独裁政権から民主化闘争の激動の最中。家庭環境は違っても、大家族のしきたりが強く残り、何としてでもソウルで一旗あげようと一家団結して生活してきた世代なのです。
 情熱的な人たちとのつきあいを通して、いろいろなことを考えさせられました。人と人がまっすぐに向かい合うことの難しさを感じながらも、違いを認め合いながら関係を築いていくことの面白さを発見する毎日でした。面倒なことも多いけれど、人間の温かさを感じさせてくれた韓国生活だったように思います。
 
 写真はおばあちゃんと孫二人の手。韓国で子育てするのって楽しいよと言えるほど、二人の子どもを産み育てながら、学生身分では体験できなかった、さらに深い韓国人ワールドを体験できたのでした。孤独な育児とは無縁な本当に充実した生活を送れたのは、人情味あふれる世話好きでおしゃべり好きな韓国の人たち、ベビーシッターさんであり、お手伝いさんであり、近所の人たちなのでした。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 生活・習慣・マナー
2006年12月23日
« 前の記事「携帯用ヨモギ蒸し」へ
»次の記事「ソウルから新しいブログがスタート!」 へ
おすすめ記事
    ソウル特派員 新着記事
    2017ミシュランガイドグルメフェアが開催
    秋夕のイベント情報
    ソウル地下鉄の乗り方と路線情報
    バナナ、緑茶、その次にくる味とは?
    みんな持って歩いてます!携帯扇風機
    明洞で荷物を預けたい時は、ここ!
    ソウル路7017を歩いてみた
    ベトナム人がつくるフォーの美味しい店

    韓国 航空券情報


    韓国旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■韓国の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    アジア特派員ブログ一覧

    インドネシア/ジャカルタインドネシア/バリ島インドネシア/バリ島2インドネシア/バンドゥンインド/デリーインド/トリヴァンドラムインド/ベンガルールインド/ムンバイウズベキスタン/タシケントカザフスタン/アスタナカンボジア/シェムリアップカンボジア/プノンペンシンガポール/シンガポールシンガポール/シンガポール2スリランカ/コロンボタイ/チェンマイタイ/バンコクタイ/バンコク2ネパール/カトマンドゥバングラデシュ/チッタゴンパキスタン/カラチフィリピン/セブフィリピン/セブ2フィリピン/パナイ島フィリピン/パナイ島2フィリピン/マニラベトナム/ホーチミンマレーシア/クアラルンプールマレーシア/クアラルンプール2マレーシア/ペナンミャンマー/バガンミャンマー/ヤンゴンラオス/パークセーラオス/ビエンチャン中国/マカオ中国/上海中国/上海2中国/上海3中国/南京中国/深セン中国/蘇州中国/香港中国/香港2台湾/北投台湾/台北台湾/台北2韓国/ソウル韓国/ソウル2韓国/済州韓国/釜山

    アジアにもどる

    • 特派員プロフィール
    • ソウル特派員

      ソウル特派員
      田端 かや
      1991年3月より韓国在住。大学卒業後、韓国へ語学留学。その後、韓国政府奨学生として梨花女子大学大学院女性学科で学ぶ。韓国人と結婚、一男一女を出産。現在は育児のかたわら、翻訳やライターの仕事をしている。子どもを育てる環境を求め、ソウル郊外へ引っ越し、共同育児運動に参加。現在はソウル在住。関心分野は韓国社会と女性、食文化。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集