海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アジア  > ソウル特派員ブログ > 韓国のお正月(2)

韓国/ソウル特派員ブログ 中嶋 一恵

韓国・ソウル特派員が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2007年2月19日

韓国のお正月(2)


メール プリント もっと見る

韓国のお正月(2)

명절.jpg 사진 001-1.jpg 旧暦1月1日は朝早くから1日がスタートします。

家庭によって行う時間は若干違いますが、しかしどこのお宅でも新年の最初の時間に、先祖にこの年の幸福を祈願する茶礼(チャレ、<祭事>)を行います。(右の写真が、茶礼のご膳です)
韓国では、祭事では基本的に男性のみが行います。祭事の仕方にも事細かな順序があるのですが、簡単な順序としては、まず先祖に床に頭をつけて行う最敬礼を2回した後、お酒を捧げます。その後、先祖の方たちが食事される時間をしばらく取り、それが終わるとみんなでご膳の食べ物をいただきます。
この時間が朝食になるのですが、この日の朝は韓国ではトックッ(お餅のスープ)を食べます。
トックッに使われるカレトクというお餅は、長くて真っ白なお米で作るお餅なのですが、新しい1年のスタートということでこの日だけは厳粛で真っ白できれいな気持でありたいということからこのお餅を使った料理を食べるそうで、お餅が長いことから長寿を祈願する意味があり、またこの日に食べるトックッは“添歳餅”とも呼ばれて、一歳年を取るといった意味もあります。私はこのトックッを食べるたびに、昔テレビで見た韓国のお笑い芸人の“お正月にトックッを食べ過ぎて、自分の叔父さんより年上になってしまった>というギャグを思い出してしまいます。

食事が終わると、年上の人たちに“歳拝(セベ)”と呼ばれる挨拶をします。
子供たちがお正月で一番楽しみにしているのが、この 歳拝(セベ)。というのも、この歳拝をすると、お年玉がもらえるからです。(上左の写真は、子供が歳拝をする時。“お年玉、奮発してね!”とでも言っているかのようです^^;)子供たちの年齢にもよりますが、一人1万ウォンほどもらっているようです。

今年は連休が短いためか、朝食を食べて午前中のうちから奥さんの実家や自分の家に早速移動する人が多いようです。
18日には33万台が、19日は37万台の車が移動するとのこと。
私はお正月やお盆が来るたびに、どんなに大渋滞して田舎まで10時間、12時間かかろうと、どんなにお休みが短くても、1晩でも家族と一緒に時間を過ごすためにお土産を手にして田舎に帰る韓国の人の深い“家族の絆”や“家族を慕う思い”を見せつけられるのです。


記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 生活・習慣・マナー
2007年2月19日
« 前の記事「韓国のお正月(1)」へ
»次の記事「お魚が角質除去してくれる温泉」 へ
おすすめ記事
    ソウル特派員 新着記事
    防弾少年団【With Seoul】を無料でダウンロード!
    100種類のアイスが楽しめる31アイスクリーム - バスキンロビンス・ブラウン
    2017ミシュランガイドグルメフェアが開催
    秋夕のイベント情報
    ソウル地下鉄の乗り方と路線情報
    バナナ、緑茶、その次にくる味とは?
    みんな持って歩いてます!携帯扇風機
    明洞で荷物を預けたい時は、ここ!

    韓国 航空券情報


    韓国旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■韓国の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    アジア特派員ブログ一覧

    インドネシア/ジャカルタインドネシア/バリ島インドネシア/バリ島2インドネシア/バンドゥンインド/デリーインド/トリヴァンドラムインド/ベンガルールインド/ムンバイウズベキスタン/タシケントカザフスタン/アスタナカンボジア/シェムリアップカンボジア/プノンペンシンガポール/シンガポールシンガポール/シンガポール2スリランカ/コロンボスリランカ/バッカスタイ/チェンマイタイ/バンコクタイ/バンコク2ネパール/カトマンドゥバングラデシュ/チッタゴンパキスタン/カラチフィリピン/セブフィリピン/セブ2フィリピン/パナイ島フィリピン/パナイ島2フィリピン/マニラベトナム/ハノイベトナム/ハノイ2ベトナム/ホーチミンマレーシア/クアラルンプールマレーシア/クアラルンプール2マレーシア/ペナンミャンマー/バガンミャンマー/ヤンゴンラオス/パークセーラオス/ビエンチャン中国/フフホト中国/マカオ中国/上海中国/上海2中国/上海3中国/北京中国/南京中国/深セン中国/蘇州中国/香港中国/香港2台湾/北投台湾/台北台湾/台北2台湾/高雄韓国/ソウル韓国/ソウル2韓国/済州韓国/釜山

    アジアにもどる

    • 特派員プロフィール
    • ソウル特派員

      ソウル特派員
      中嶋 一恵
      1997年4月より韓国に住みついて早10年。高麗大学語学院を出てソウルを紹介するインバウンドガイドブックの日本語記者を経験し、現在翻訳などの仕事を行っている。仕事のかたわら、子育てにも奮闘中。子供を通じて、さらに深い韓国社会を体験中。ご連絡はこちらへどうぞ。 DISQUS ID @disqus_VjP8eAqUrQ

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集