海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アジア  > ソウル特派員ブログ > PARK BOFが仁寺洞に移転

韓国/ソウル特派員ブログ 中嶋 一恵

韓国・ソウル特派員が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2007年5月27日

PARK BOFが仁寺洞に移転


メール プリント もっと見る

PARK BOFが仁寺洞に移転

사진 004.jpg 韓流スター、ペ・ヨンジュンの前所属事務所をヨン様ファンのために記念館にしてオープンしていた‘PARK BOF’が仁寺洞に移転オープンしたというので、早速行ってみました。すでにヨン様ファンの方はご存知なのか、以前よりも仁寺洞を歩く日本人観光客の方が多いような気がします。

“ギャラリーサン”(入口には ‘Mussee Coree’と書かれてあり、赤い看板が目印)の3階にあって表から少し分かりづらいので、気をつけて見て行かないと通り過ぎてしまう可能性があるかもしれません(下左の写真が1階の入口となるところです)사진 003.jpg 사진 008.jpg

エレベーターで3階まで行きPARK BOFに入ると、入口のすぐ横にスターグッズなどを販売している記念品コーナー、入口の右手から中にかけてはスターたちの写真などが展示してあるギャラリー、展示場の右奥にはファンたちが持ってきたスターたちとの思い出の写真や 自分のジュンベアと一緒に撮った写真が飾られている‘ジュンベアルーム’、入口から左に入ったところには伝統茶を飲みながら一服できるカフェがあります。

カフェのカウンターには、<冬ソナ>でのヨン様の顔の銅像が置かれていて、お茶やテチュ茶(ナツメ茶)、メシル茶(梅茶)、シッケ、水正果(スジョングァ)などの伝統茶が4000ウォンで飲めるようになっています。

移転したばかりということもあり、同じ事務所所属で先日軍隊から除隊したばかりのソ・ジソプや韓国ドラマ「勝手にしやがれ」などに出演していたイ・ナヨンの名前のお花も見えました。
場所が明洞などの観光地からもかなり近くなったというのもすごく嬉しいですね。

帰りには、仁寺洞ストリートをゆっくりと歩きながら韓国の伝統品などを眺めながら韓国チックな雰囲気も楽しんでいってください。

データ
住所:ソウル市鐘路区仁寺洞157シンサンギャラリー3階
電話:02-541-2653
アクセス:地下鉄3号線「安国」駅から徒歩約10分
オープン時間:10:00〜19:00
休み:年中無休

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 見所・観光・定番スポット
2007年5月27日
« 前の記事「5月15日の ‘師匠の日’!」へ
»次の記事「‘朱蒙(チュモン)’のロケ地、 三韓志 (サムハンジ)テーマパークをご紹介!」 へ
おすすめ記事
    ソウル特派員 新着記事
    秋夕のイベント情報
    ソウル地下鉄の乗り方と路線情報
    バナナ、緑茶、その次にくる味とは?
    みんな持って歩いてます!携帯扇風機
    明洞で荷物を預けたい時は、ここ!
    ソウル路7017を歩いてみた
    ベトナム人がつくるフォーの美味しい店
    新しくオープンしたモダンなお粥屋さん
    1年前の同じ月に投稿された記事
    地方選の行方は?
    太極旗売り
    地下鉄駅構内の授乳コーナー
    ハイ・ソウル・フェスティバル

    韓国 航空券情報


    韓国旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■韓国の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    アジア特派員ブログ一覧

    インドネシア/ジャカルタインドネシア/バリ島インドネシア/バリ島2インドネシア/バンドゥンインド/デリーインド/トリヴァンドラムインド/ベンガルールインド/ムンバイウズベキスタン/タシケントカザフスタン/アスタナカンボジア/シェムリアップカンボジア/プノンペンシンガポール/シンガポールシンガポール/シンガポール2スリランカ/コロンボタイ/チェンマイタイ/バンコクタイ/バンコク2ネパール/カトマンドゥバングラデシュ/チッタゴンパキスタン/カラチフィリピン/セブフィリピン/セブ2フィリピン/パナイ島フィリピン/パナイ島2フィリピン/マニラベトナム/ホーチミンマレーシア/クアラルンプールマレーシア/クアラルンプール2マレーシア/ペナンミャンマー/バガンミャンマー/ヤンゴンラオス/パークセーラオス/ビエンチャン中国/マカオ中国/上海中国/上海2中国/上海3中国/南京中国/深セン中国/蘇州中国/香港中国/香港2台湾/北投台湾/台北台湾/台北2韓国/ソウル韓国/ソウル2韓国/済州韓国/釜山

    アジアにもどる

    • 特派員プロフィール
    • ソウル特派員

      ソウル特派員
      中嶋 一恵
      1997年4月より韓国に住みついて早10年。高麗大学語学院を出てソウルを紹介するインバウンドガイドブックの日本語記者を経験し、現在翻訳などの仕事を行っている。仕事のかたわら、子育てにも奮闘中。子供を通じて、さらに深い韓国社会を体験中。ご連絡はこちらへどうぞ。 DISQUS ID @disqus_VjP8eAqUrQ

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集