海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アジア  > ソウル特派員ブログ > ‘朱蒙(チュモン)’のロケ地、 三韓志 (サムハン...

韓国/ソウル特派員ブログ 中嶋 一恵

韓国・ソウル特派員が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2007年5月28日

‘朱蒙(チュモン)’のロケ地、 三韓志 (サムハンジ)テーマパークをご紹介!


メール プリント もっと見る

‘朱蒙(チュモン)’のロケ地、 三韓志 (サムハンジ)テーマパークをご紹介!

주몽 부여성전경 4083-1.jpg 現在日本でも放映中の韓国時代劇ドラマ‘朱蒙(チュモン)’のロケ地である 三韓志 (サムハンジ)テーマパークをご紹介します。

‘三韓志’テーマパークは、朝鮮半島の三国時代(紀元前1世紀〜紀元後7世紀あたりに 高句麗、百済、新羅の三国が成立していた時代 )を背景としてつくられたオープンセット兼三国時代民俗村で、現在も月に2,3回ほど6月下旬から放映予定となっている韓流スター・ヨンさま主演の韓国ドラマ‘太王四神記’の撮影も
行われているそうです。jujong.JPG
約4万5千坪の敷地に三国時代の建物がつくられたここ三韓志テーマパークには、その当時の伝統歴史文化を体験しようと韓国内からも多くの人たちが足を運んでいるそうで、朱蒙を見ている人であれば絶対にテレビで見た場所が直接見学できるはず。
ここでは、実際にチュモンでやっていたような乗馬や弓道などの体験や、その他ラクダに乗ったり餅をついたりもできるそうなので、たくさんの思い出が作ってもらえると思います。

撮影のスケジュールにより観覧できないこともあるそうなので、事前にチェックして行かれることをお勧めします。

データ
住所:全羅南道羅州市公山面新谷里2
アクセス:鉄道にて→羅州駅下車、羅州駅前から180-1番バスに乗車して三韓志テーマパークまで
(所要時間約30分)
観覧時間:9:00〜18:00
入場料:19歳以上3,000ウォン、13歳〜18歳2,500ウォン、6歳〜12歳1,000ウォン
連絡先:061-335-7008

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 旅行・ツアー・ホテル
2007年5月28日
« 前の記事「PARK BOFが仁寺洞に移転」へ
»次の記事「現在ミュージカル「チャングム(大長今)」が公演中!」 へ
おすすめ記事
    ソウル特派員 新着記事
    防弾少年団【With Seoul】を無料でダウンロード!
    100種類のアイスが楽しめる31アイスクリーム - バスキンロビンス・ブラウン
    2017ミシュランガイドグルメフェアが開催
    秋夕のイベント情報
    ソウル地下鉄の乗り方と路線情報
    バナナ、緑茶、その次にくる味とは?
    みんな持って歩いてます!携帯扇風機
    明洞で荷物を預けたい時は、ここ!
    1年前の同じ月に投稿された記事
    地方選の行方は?
    太極旗売り
    地下鉄駅構内の授乳コーナー
    ハイ・ソウル・フェスティバル

    韓国 航空券情報


    韓国旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■韓国の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    アジア特派員ブログ一覧

    インドネシア/ジャカルタインドネシア/バリ島インドネシア/バリ島2インドネシア/バンドゥンインド/デリーインド/トリヴァンドラムインド/ベンガルールインド/ムンバイウズベキスタン/タシケントカザフスタン/アスタナカンボジア/シェムリアップカンボジア/プノンペンシンガポール/シンガポールシンガポール/シンガポール2スリランカ/コロンボスリランカ/バッカスタイ/チェンマイタイ/バンコクタイ/バンコク2ネパール/カトマンドゥバングラデシュ/チッタゴンパキスタン/カラチフィリピン/セブフィリピン/セブ2フィリピン/パナイ島フィリピン/パナイ島2フィリピン/マニラベトナム/ハノイベトナム/ハノイ2ベトナム/ホーチミンマレーシア/クアラルンプールマレーシア/クアラルンプール2マレーシア/ペナンミャンマー/バガンミャンマー/ヤンゴンラオス/パークセーラオス/ビエンチャン中国/フフホト中国/マカオ中国/上海中国/上海2中国/上海3中国/北京中国/南京中国/深セン中国/蘇州中国/香港中国/香港2台湾/北投台湾/台北台湾/台北2台湾/高雄韓国/ソウル韓国/ソウル2韓国/済州韓国/釜山

    アジアにもどる

    • 特派員プロフィール
    • ソウル特派員

      ソウル特派員
      中嶋 一恵
      1997年4月より韓国に住みついて早10年。高麗大学語学院を出てソウルを紹介するインバウンドガイドブックの日本語記者を経験し、現在翻訳などの仕事を行っている。仕事のかたわら、子育てにも奮闘中。子供を通じて、さらに深い韓国社会を体験中。ご連絡はこちらへどうぞ。 DISQUS ID @disqus_VjP8eAqUrQ

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集