海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アジア  > ソウル特派員ブログ > 梨大生ご用達のトッポッキの店

韓国/ソウル特派員ブログ 中嶋 一恵

韓国・ソウル特派員が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2007年10月20日

梨大生ご用達のトッポッキの店


メール プリント もっと見る

梨大生ご用達のトッポッキの店

사진 010-1.jpgソウルで最も有名な女子大といえば梨花女子大学(通称‘梨大’)。そこをこの夏卒業した子お薦めのトッポッキの店があるというので、早速行ってきました。
最近昔とはかなり雰囲気がかわってさらにおしゃれになった梨大付近なのですが、そこは97年から女子大生たちから愛されている店で、女子大の正門から右に少し行って最初にある細い路地を左に入り少し行くと左側に店があります。
ここではサンドイッチをメインに、トッポッキ(韓国のお餅の入った韓国のおやつ料理)が2種類。一つは辛い‘赤いビーフトッポッキ(3000ウォン)’で、1000ウォン追加でチーズをトッピングしてもらうと、辛さがやわらかくなりさらにおいしくなります。もう一つは、しょうゆ味で朝鮮王朝時代から宮中でも食べられていた‘宮中トッポッキ(4000ウォン)’。この店を紹介してくれた子は、こちらのほうがお薦めだとか。
私はまずは辛いトッポッキをと思い、チーズをトッピングしてもらい食べました。人気の秘密は、地元の子いわく‘お袋の味に近い味!’牛肉の味が出て他ではなかなか味わえないおいしさです。冷めてもおいしいかったですよ。
ここのおばちゃんも、とっても気さくで親切でした。
その他、フルーツサンドイッチ(3000ウォン)やオレオシェイク(2500ウォン)がここの人気メニューだそうです。
ここを教えてくれた子は、在学中ここで友達といろいろとおしゃべりしながら何時間も座ってあれこれと注文して食べていたそうで、テイクアウトして学内で食べる人も多いそうです。
是非一度お試しあれ^^

パンサイエキンクァイル(パンのあいだに入ったフルーツ)
アクセス:地下鉄2号線「梨大」駅から梨大正門まで降りてきて正門から左に、左に入る最初の細い路地を入って奥の左側の店
電話:02-364-8002
営業時間:(おおよその時間です)11:00〜20:30ぐらい
休み:旧正月、旧盆

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー レストラン・料理・食材
2007年10月20日
« 前の記事「韓国は今穀物全盛時代・・・」へ
»次の記事「景福宮の乾清宮、一般観覧開始!」 へ
おすすめ記事
    ソウル特派員 新着記事
    秋夕のイベント情報
    ソウル地下鉄の乗り方と路線情報
    バナナ、緑茶、その次にくる味とは?
    みんな持って歩いてます!携帯扇風機
    明洞で荷物を預けたい時は、ここ!
    ソウル路7017を歩いてみた
    ベトナム人がつくるフォーの美味しい店
    新しくオープンしたモダンなお粥屋さん
    1年前の同じ月に投稿された記事
    子どもの誕生日会
    屋台にも秋の訪れ
    ソウルタワーで食事をしたいなら…
    秋夕(チュソク)の市場

    韓国 航空券情報


    韓国旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■韓国の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    アジア特派員ブログ一覧

    インドネシア/ジャカルタインドネシア/バリ島インドネシア/バリ島2インドネシア/バンドゥンインド/デリーインド/トリヴァンドラムインド/ベンガルールインド/ムンバイウズベキスタン/タシケントカザフスタン/アスタナカンボジア/シェムリアップカンボジア/プノンペンシンガポール/シンガポールシンガポール/シンガポール2スリランカ/コロンボタイ/チェンマイタイ/バンコクタイ/バンコク2ネパール/カトマンドゥバングラデシュ/チッタゴンパキスタン/カラチフィリピン/セブフィリピン/セブ2フィリピン/パナイ島フィリピン/パナイ島2フィリピン/マニラベトナム/ホーチミンマレーシア/クアラルンプールマレーシア/クアラルンプール2マレーシア/ペナンミャンマー/バガンミャンマー/ヤンゴンラオス/パークセーラオス/ビエンチャン中国/マカオ中国/上海中国/上海2中国/上海3中国/南京中国/深セン中国/蘇州中国/香港中国/香港2台湾/北投台湾/台北台湾/台北2韓国/ソウル韓国/ソウル2韓国/済州韓国/釜山

    アジアにもどる

    • 特派員プロフィール
    • ソウル特派員

      ソウル特派員
      中嶋 一恵
      1997年4月より韓国に住みついて早10年。高麗大学語学院を出てソウルを紹介するインバウンドガイドブックの日本語記者を経験し、現在翻訳などの仕事を行っている。仕事のかたわら、子育てにも奮闘中。子供を通じて、さらに深い韓国社会を体験中。ご連絡はこちらへどうぞ。 DISQUS ID @disqus_VjP8eAqUrQ

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集