海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アジア  > ソウル特派員ブログ > 寒い時に思い出すメニュー - カルグクス&スジェビ

韓国/ソウル特派員ブログ 中嶋 一恵

韓国・ソウル特派員が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2007年12月10日

寒い時に思い出すメニュー - カルグクス&スジェビ


メール プリント もっと見る

寒い時に思い出すメニュー - カルグクス&スジェビ

칼국수-1.jpg칼국수3-1.jpg

ここ最近、ソウルではマイナス3〜6度の寒い日を迎えています。
こんな時に食べたくなるものが、やっぱり体の芯まで温めてくれるものですよね。
数日前、ソウル市庁にお勤めのある方がオススメのカルグクス(韓国手打ち麺)*スジェビ(韓国のすいとん)の店に連れて行ってくださいました。
ソウル市庁の裏手の細い路地にある<ソラ>という店なのですが、飾りっ気のない昔風の店なのですが、お昼時にはいっぱいになる店だそうで、その方のお昼のいきつけの場所とのこと。その言葉に、私たちは少し早いお昼をしに行ってみました。オフィス街で約40年店を守り続けてきたというこの店では、お昼のメニューはカルグクス、スジェビ、カルグクスとスジェビのミックスの3種類のみだそうで、どちらも食べたい私はこのミックスを頼みました。またここでは、“アジョシ(おじさん)用”と“アガシ(未婚の女性)用”と注文すれば、同じ料金でアジョシ用には大盛り、アガシ用には少し少なめに量を調節して出してくれます。
カルグクスの味の決め手は、やはりスープの美味さと麺のコシ。上に海苔がのっただけのシンプルな一杯なのですが、最初にスプーンですくって飲む一口目の味があとの食欲をそそってくれます。おそらく、これが韓国の人が食べ慣れたお袋の味に近いものがあるのかもしれません。
テーブルには、漬けたてのキムチとちょっとすっぱくなったキムチの2種類が用意してあるので、お好みにあわせて食べれるのもうれしいです。
カルグクス&スジェビのミックスは、一杯4500ウォンです。

<ソラ>
住所:ソウル市中区茶洞174-4
電話:02-777-2626
営業時間:11:00〜23:00

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー レストラン・料理・食材
2007年12月10日
« 前の記事「10万ウォン&5万ウォン新札の人物が決定」へ
»次の記事「冬にはかかせない家庭行事—キムジャン」 へ
おすすめ記事
    ソウル特派員 新着記事
    防弾少年団【With Seoul】を無料でダウンロード!
    100種類のアイスが楽しめる31アイスクリーム - バスキンロビンス・ブラウン
    2017ミシュランガイドグルメフェアが開催
    秋夕のイベント情報
    ソウル地下鉄の乗り方と路線情報
    バナナ、緑茶、その次にくる味とは?
    みんな持って歩いてます!携帯扇風機
    明洞で荷物を預けたい時は、ここ!
    1年前の同じ月に投稿された記事
    人と人のつながり
    携帯用ヨモギ蒸し
    クリスマス気分になれたランチ

    韓国 航空券情報


    韓国旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■韓国の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    アジア特派員ブログ一覧

    インドネシア/ジャカルタインドネシア/バリ島インドネシア/バリ島2インドネシア/バンドゥンインド/デリーインド/トリヴァンドラムインド/ベンガルールインド/ムンバイウズベキスタン/タシケントカザフスタン/アスタナカンボジア/シェムリアップカンボジア/プノンペンシンガポール/シンガポールシンガポール/シンガポール2スリランカ/コロンボスリランカ/バッカスタイ/チェンマイタイ/バンコクタイ/バンコク2ネパール/カトマンドゥバングラデシュ/チッタゴンパキスタン/カラチフィリピン/セブフィリピン/セブ2フィリピン/パナイ島フィリピン/パナイ島2フィリピン/マニラベトナム/ハノイベトナム/ハノイ2ベトナム/ホーチミンマレーシア/クアラルンプールマレーシア/クアラルンプール2マレーシア/ペナンミャンマー/バガンミャンマー/ヤンゴンラオス/パークセーラオス/ビエンチャン中国/フフホト中国/マカオ中国/上海中国/上海2中国/上海3中国/北京中国/南京中国/深セン中国/蘇州中国/香港中国/香港2台湾/北投台湾/台北台湾/台北2台湾/高雄韓国/ソウル韓国/ソウル2韓国/済州韓国/釜山

    アジアにもどる

    • 特派員プロフィール
    • ソウル特派員

      ソウル特派員
      中嶋 一恵
      1997年4月より韓国に住みついて早10年。高麗大学語学院を出てソウルを紹介するインバウンドガイドブックの日本語記者を経験し、現在翻訳などの仕事を行っている。仕事のかたわら、子育てにも奮闘中。子供を通じて、さらに深い韓国社会を体験中。ご連絡はこちらへどうぞ。 DISQUS ID @disqus_VjP8eAqUrQ

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集