海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アジア  > ソウル特派員ブログ > 冬にはかかせない家庭行事—キムジャン

韓国/ソウル特派員ブログ 中嶋 一恵

韓国・ソウル特派員が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2007年12月16日

冬にはかかせない家庭行事—キムジャン


メール プリント もっと見る

冬にはかかせない家庭行事—キムジャン

사진 003-1.jpg冬の間に食べるためのキムチをたくさん漬けるキムジャンの季節となりました。
11月から12月にかけて行われる韓国の家庭ではかかせない行事の一つなのですが、
今年は例年よりも白菜の値段が約4〜5倍ぐらい高く、どこの家庭も例年に比べてかなり多くの出費があったようです。
うちも今年はキムチを買って食べることにしていたのですが、お友達のお宅でキムジャンをやるということで、いっしょに作ることにしました。
1日目に白菜や大根、三つ葉やチョッカル(魚やエビの塩漬け)、ネギ、ニンニク、ショウガなどの材料を買って、白菜の塩漬けをします。
2日目には、塩漬けにした白菜を洗って水切りし、水切りしているあいだに大根やネギなどの野菜を適当な大きさに切り、唐辛子の粉やもち米の粉を水を入れて火にかけてトロリとさせたもの、チョッカルやニンニクなどを入れたキムチの素を作ります。できたら、水切りした白菜にキムチの素をつけて大きな入れ物に入れていきます。
今回漬けた白菜は40個。一般の家庭でも30〜50個、なかにはもっと作るところもありますが、
個数が多いだけに切って塩漬けしてそれを洗うのもかなり大変です。また、キムチの素を作るのも、たくさんの野菜を洗って切って大量のキムチの素を混ぜないといけないのでかなりの力がいります。キムチにつけていくのもずっと同じ姿勢なので、腰が痛くなります。
漬けたキムチは、今ではどこもキムチ専用冷蔵庫に保存します。
水仕事はほとんど外でやっていた昔に比べればずっと楽なのでしょうが、丸二日間をがんばってやった次の日には何もできなくなるぐらいヘトヘトになります。
その疲れを癒してくれるのは、キムジャンを終えた後に漬け終えたばかりのキムチといっしょに食べる豚の三枚肉の焼肉や豚肉をゆでたポッサムなどの豚肉料理。どこの家庭でもキムチにピッタリの豚肉を食べるようですが、みんなでがんばって漬けたキムチといっしょに豚肉を食べる瞬間は普段食べる豚肉よりもずっとおいしいような気がします。
注文したらすぐにおいしいキムチの食べられる時代ではあるのですが、それでもキムジャンを終えずしては安心して冬を迎えられないという家庭がまだまだ多いようです。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 生活・習慣・マナー
2007年12月16日
« 前の記事「寒い時に思い出すメニュー - カルグクス&スジェビ」へ
»次の記事「大統領選挙の日」 へ
おすすめ記事
    ソウル特派員 新着記事
    秋夕のイベント情報
    ソウル地下鉄の乗り方と路線情報
    バナナ、緑茶、その次にくる味とは?
    みんな持って歩いてます!携帯扇風機
    明洞で荷物を預けたい時は、ここ!
    ソウル路7017を歩いてみた
    ベトナム人がつくるフォーの美味しい店
    新しくオープンしたモダンなお粥屋さん
    1年前の同じ月に投稿された記事
    人と人のつながり
    携帯用ヨモギ蒸し
    クリスマス気分になれたランチ

    韓国 航空券情報


    韓国旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■韓国の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    アジア特派員ブログ一覧

    インドネシア/ジャカルタインドネシア/バリ島インドネシア/バリ島2インドネシア/バンドゥンインド/デリーインド/トリヴァンドラムインド/ベンガルールインド/ムンバイウズベキスタン/タシケントカザフスタン/アスタナカンボジア/シェムリアップカンボジア/プノンペンシンガポール/シンガポールシンガポール/シンガポール2スリランカ/コロンボタイ/チェンマイタイ/バンコクタイ/バンコク2ネパール/カトマンドゥバングラデシュ/チッタゴンパキスタン/カラチフィリピン/セブフィリピン/セブ2フィリピン/パナイ島フィリピン/パナイ島2フィリピン/マニラベトナム/ホーチミンマレーシア/クアラルンプールマレーシア/クアラルンプール2マレーシア/ペナンミャンマー/バガンミャンマー/ヤンゴンラオス/パークセーラオス/ビエンチャン中国/マカオ中国/上海中国/上海2中国/上海3中国/南京中国/深セン中国/蘇州中国/香港中国/香港2台湾/北投台湾/台北台湾/台北2韓国/ソウル韓国/ソウル2韓国/済州韓国/釜山

    アジアにもどる

    • 特派員プロフィール
    • ソウル特派員

      ソウル特派員
      中嶋 一恵
      1997年4月より韓国に住みついて早10年。高麗大学語学院を出てソウルを紹介するインバウンドガイドブックの日本語記者を経験し、現在翻訳などの仕事を行っている。仕事のかたわら、子育てにも奮闘中。子供を通じて、さらに深い韓国社会を体験中。ご連絡はこちらへどうぞ。 DISQUS ID @disqus_VjP8eAqUrQ

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集