海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アジア  > ソウル特派員ブログ > ドラマ<サムスン>にも出てきたヘジャンククの店

韓国/ソウル特派員ブログ 中嶋 一恵

韓国・ソウル特派員が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2008年3月29日

ドラマ<サムスン>にも出てきたヘジャンククの店


メール プリント もっと見る

ドラマ<サムスン>にも出てきたヘジャンククの店

삼순-2.jpg삼순4-2.jpg

先日、ヘジャンククのお店に行ってきました。ヘジャンクク(お酒を飲んだ後に食べると酔いを醒ましてくれるという食べ物)にもいろんな種類があるのですが、ここでは牛の内臓や‘ソンジ’と呼ばれる血を固めたものや豆もやしなどの入ったヘジャンククを食べさせてくれます。スープもかなり深い味が出ていて、さすが1937年創業という老舗ならではのノーハウが生かされているといったうまさです(韓国で老舗というのはそれほどみかけられないんです)。
スープがもっとほしい人には、サービスで入れてくれます。

ところで、韓国のドラマ<私の名前はキム・サムスン>ご存知ですかそのドラマの中で、サムスンとサムシクがヘジャンククを食べながら、サムスンがサムシクについ食べていたご飯を噴出してしまうというシーンがあったの覚えてませんか?実はそのシーンは、ここで撮影されたもので、先日も<サムスン>の主題歌を歌っていたクレージークァイ(CLAZZIQUAI)もおススメのレストランとしてテレビでも紹介していました。
삼순3-1.jpg
                   
 

(ドラマで二人が座って食べていた席がここです!)

 場所も鐘閣(鐘路)から光化門側に向かったところにあるので、アクセスも便利ですよ。

〜〜 ヘジャンククのお店<清進屋> 〜〜
住所:ソウル市鐘路区清進洞89
アクセス:地下鉄1号線「鐘閣」駅から徒歩5分 ソウル観光ホテルの2〜3件隣あたり
メニュー:ヘジャンクク(普)5,000ウォン、ヘジャンクク(特)6,000ウォン
営業時間および休み:24時間営業、年中無休
電話:02-735-1690

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー レストラン・料理・食材
2008年3月29日
« 前の記事「ソウルでは日本食が大人気」へ
»次の記事「淑大前通り(1)—  淑大前メイン通り」 へ
おすすめ記事
    ソウル特派員 新着記事
    防弾少年団【With Seoul】を無料でダウンロード!
    100種類のアイスが楽しめる31アイスクリーム - バスキンロビンス・ブラウン
    2017ミシュランガイドグルメフェアが開催
    秋夕のイベント情報
    ソウル地下鉄の乗り方と路線情報
    バナナ、緑茶、その次にくる味とは?
    みんな持って歩いてます!携帯扇風機
    明洞で荷物を預けたい時は、ここ!
    1年前の同じ月に投稿された記事
    韓国の春が楽しめるコース
    ペ・ヨンジュン、グォン・サンウ蘭などが大人気!− アジア太平洋蘭博覧会
    人気の大規模カモの焼肉専門店
    韓国の小正月“テボルム”

    韓国 航空券情報


    韓国旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■韓国の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    アジア特派員ブログ一覧

    インドネシア/ジャカルタインドネシア/ジャカルタ2インドネシア/バリ島インドネシア/バリ島2インドネシア/バンドゥンインド/デリーインド/トリヴァンドラムインド/ベンガルールインド/ムンバイウズベキスタン/タシケントカザフスタン/アスタナカンボジア/シェムリアップカンボジア/プノンペンシンガポール/シンガポールシンガポール/シンガポール2スリランカ/コロンボスリランカ/バッカスタイ/チェンマイタイ/バンコクタイ/バンコク2ネパール/カトマンドゥバングラデシュ/チッタゴンパキスタン/カラチフィリピン/セブフィリピン/セブ2フィリピン/パナイ島フィリピン/パナイ島2フィリピン/マニラベトナム/ハノイベトナム/ハノイ2ベトナム/ホーチミンマレーシア/クアラルンプールマレーシア/クアラルンプール2マレーシア/ペナンミャンマー/バガンミャンマー/ヤンゴンラオス/パークセーラオス/ビエンチャン中国/フフホト中国/マカオ中国/上海中国/上海2中国/上海3中国/北京中国/南京中国/深セン中国/蘇州中国/香港中国/香港2台湾/北投台湾/台北台湾/台北2台湾/高雄韓国/ソウル韓国/ソウル2韓国/済州韓国/釜山

    アジアにもどる

    • 特派員プロフィール
    • ソウル特派員

      ソウル特派員
      中嶋 一恵
      1997年4月より韓国に住みついて早10年。高麗大学語学院を出てソウルを紹介するインバウンドガイドブックの日本語記者を経験し、現在翻訳などの仕事を行っている。仕事のかたわら、子育てにも奮闘中。子供を通じて、さらに深い韓国社会を体験中。ご連絡はこちらへどうぞ。 DISQUS ID @disqus_VjP8eAqUrQ

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集