海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アジア  > ソウル特派員ブログ > ちょっと便利な韓国海苔巻きセット

韓国/ソウル特派員ブログ 中嶋 一恵

韓国・ソウル特派員が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2008年8月30日

ちょっと便利な韓国海苔巻きセット


メール プリント もっと見る

ちょっと便利な韓国海苔巻きセット

김밥8.jpg
韓国で遠足の時や普段の簡単なお昼などでよく食べられているキムパプ(韓国海苔巻き)。日本の海苔巻きと違って、大きさも小さくてゴマの風味がきいているのが特徴で、日本で海苔巻きはあまり好きではなかった私も、韓国の海苔巻きは大好きです。
面倒臭いときには一本1500ウォン(以前は1000ウォンで気軽に買えたのですが、物価の上昇とともにキムパプもどこも値上がりしてしまいました)で買えるのですが、たくさん食べたいときや人数が多いとき、子供の遠足などのときにはやはり家で作ります。

中に入る基本材料は、ハム、カニカマ、たくわん、玉子焼きなどで、その他ほうれん草やニンジンなども入ります。お店では、オプションでチーズ、ツナなどが入り、チーズキムパプやツナキムパプなどのメニューになります。

キムパプの材料を買うのにお店の中をあちこちとまわり材料を揃えないといけないのですが、最近では一つの袋に海苔、海苔巻き用ハム(細長くカットしやすいようにかたどったもの)、カニカマ、海苔巻き用たくわん(細長くカットされたもの)が入った海苔巻きセットが売られています。
とりあえず、この材料さえ中にいれて巻けばキムパプができます。
一つ一つ買うのを考えても、値段も若干お徳のような気がします。(約4500ウォン(450円)ほどです)

おいしく作る!?方法としては、ご飯に味塩とゴマ油を少し入れて混ぜてから巻くことです。
キムパプセットの材料に玉子焼きを細長く切ったものを私は入れます。
もっと栄養を考えたいときは、茹でたほうれん草やニンジンの千切りの炒めたものを若干塩で味付けして入れるといいかと思います。

以外と簡単にできますので、お土産にして一度ご自宅で試して見られてもいいかもしれません。
(といっても日本でも買えない材料ではありませんね^^;;)

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー ショッピング・雑貨・お土産 レストラン・料理・食材
2008年8月30日
« 前の記事「北京オリンピックでの金メダル選手歓迎パレード開催」へ
»次の記事「5大古宮の一つ − 徳寿宮」 へ
おすすめ記事
    ソウル特派員 新着記事
    秋夕のイベント情報
    ソウル地下鉄の乗り方と路線情報
    バナナ、緑茶、その次にくる味とは?
    みんな持って歩いてます!携帯扇風機
    明洞で荷物を預けたい時は、ここ!
    ソウル路7017を歩いてみた
    ベトナム人がつくるフォーの美味しい店
    新しくオープンしたモダンなお粥屋さん
    1年前の同じ月に投稿された記事
    ソウルドラマアワーズ2007が開催!
    夏バテにぴったりの一品 − コムンコングクス
    ヨン様主演ドラマ“太王四神記”が9月10日から放送決定!
    ソウル市民の収入とは!?

    韓国 航空券情報


    韓国旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■韓国の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    アジア特派員ブログ一覧

    インドネシア/ジャカルタインドネシア/バリ島インドネシア/バリ島2インドネシア/バンドゥンインド/デリーインド/トリヴァンドラムインド/ベンガルールインド/ムンバイウズベキスタン/タシケントカザフスタン/アスタナカンボジア/シェムリアップカンボジア/プノンペンシンガポール/シンガポールシンガポール/シンガポール2スリランカ/コロンボタイ/チェンマイタイ/バンコクタイ/バンコク2ネパール/カトマンドゥバングラデシュ/チッタゴンパキスタン/カラチフィリピン/セブフィリピン/セブ2フィリピン/パナイ島フィリピン/パナイ島2フィリピン/マニラベトナム/ホーチミンマレーシア/クアラルンプールマレーシア/クアラルンプール2マレーシア/ペナンミャンマー/バガンミャンマー/ヤンゴンラオス/パークセーラオス/ビエンチャン中国/マカオ中国/上海中国/上海2中国/上海3中国/南京中国/深セン中国/蘇州中国/香港中国/香港2台湾/北投台湾/台北台湾/台北2韓国/ソウル韓国/ソウル2韓国/済州韓国/釜山

    アジアにもどる

    • 特派員プロフィール
    • ソウル特派員

      ソウル特派員
      中嶋 一恵
      1997年4月より韓国に住みついて早10年。高麗大学語学院を出てソウルを紹介するインバウンドガイドブックの日本語記者を経験し、現在翻訳などの仕事を行っている。仕事のかたわら、子育てにも奮闘中。子供を通じて、さらに深い韓国社会を体験中。ご連絡はこちらへどうぞ。 DISQUS ID @disqus_VjP8eAqUrQ

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集