海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アジア  > ソウル特派員ブログ > ついに発見!地元で人気のホットク屋台!

韓国/ソウル特派員ブログ 中嶋 一恵

韓国・ソウル特派員が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2009年4月22日

ついに発見!地元で人気のホットク屋台!


メール プリント もっと見る

ついに発見!地元で人気のホットク屋台!

호떡7.jpgついに発見しました!
数ヶ月前から南大門で列をつくる地元で人気のホットク屋台を南大門を通るたびに探していたのですが、やっと発見しました。
営業している時間はよく分からないのですが、お昼近くに来て売り切れる数時間で帰ってしまうためあまり出会えなかったのではないか・・・!?と想像しています。

호떡6.jpg場所は、韓国銀行側の南大門市場の大通りぎわにあるIBM銀行の前!
銀行に訪れる人もいるので、銀行の入口は少しスペースをあけて並びます。


호떡5.jpg並ぶこと約15分、やっと近くなってきました。
おばちゃんたちもどんどんと焼いていかなければならないため、強火でどんどん焼いていっているようです。


ここのホットクの種類は、野菜と蜜の2種類。


호떡4.jpg호떡3.jpg

これは、クルホットク(蜜ホットク)600ウォン(約43円)です。中には、砂糖にゴマ、シナモンも入っていて、他の店のホットクとは違ってシナモンの風味がきいています。私もホットクが好きで仁寺洞などでも買って食べたりするのですが、個人的には生地の薄くてシナモン風味のきいているこちらが好きかもしれません。

호떡2.jpg호떡.jpg

これは、ヤチェホットク(野菜ホットク)800ウォン(約58円)です。中にはチャプチェ(韓国の春雨料理)のようなものがたくさん入っていて、簡単な食事となるぐらいボリュームもたっぷりです。
ただ、急いでいて強火で焼いているせいか少し焦げているところが、マイナス点でした。

私がソウルに来てすぐの時に新世界デパートの横手に本当においしいホットクの店があったのですが、数年後にデパートのリノベーションとともにそのホットクの店も見かけなくなってしまいすごく残念に思っていたので、今回の発見は私にとっても南大門に行く楽しみがさらに増えるものとなったのでした。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー レストラン・料理・食材
2009年4月22日
« 前の記事「ムックソウルから3ー焼肉‘八色サムギョプサル’」へ
»次の記事「熟成キムチの手作りマンドゥクク店」 へ
おすすめ記事
    ソウル特派員 新着記事
    秋夕のイベント情報
    ソウル地下鉄の乗り方と路線情報
    バナナ、緑茶、その次にくる味とは?
    みんな持って歩いてます!携帯扇風機
    明洞で荷物を預けたい時は、ここ!
    ソウル路7017を歩いてみた
    ベトナム人がつくるフォーの美味しい店
    新しくオープンしたモダンなお粥屋さん
    1年前の同じ月に投稿された記事
    ハイソウルフェスティバル2008開催!
    李舜臣祭り
    公州の旅ー武寧王陵(宋山里古墳群)
    ソウルの春

    韓国 航空券情報


    韓国旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■韓国の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    アジア特派員ブログ一覧

    インドネシア/ジャカルタインドネシア/バリ島インドネシア/バリ島2インドネシア/バンドゥンインド/デリーインド/トリヴァンドラムインド/ベンガルールインド/ムンバイウズベキスタン/タシケントカザフスタン/アスタナカンボジア/シェムリアップカンボジア/プノンペンシンガポール/シンガポールシンガポール/シンガポール2スリランカ/コロンボタイ/チェンマイタイ/バンコクタイ/バンコク2ネパール/カトマンドゥバングラデシュ/チッタゴンパキスタン/カラチフィリピン/セブフィリピン/セブ2フィリピン/パナイ島フィリピン/パナイ島2フィリピン/マニラベトナム/ホーチミンマレーシア/クアラルンプールマレーシア/クアラルンプール2マレーシア/ペナンミャンマー/バガンミャンマー/ヤンゴンラオス/パークセーラオス/ビエンチャン中国/マカオ中国/上海中国/上海2中国/上海3中国/南京中国/深セン中国/蘇州中国/香港中国/香港2台湾/北投台湾/台北台湾/台北2韓国/ソウル韓国/ソウル2韓国/済州韓国/釜山

    アジアにもどる

    • 特派員プロフィール
    • ソウル特派員

      ソウル特派員
      中嶋 一恵
      1997年4月より韓国に住みついて早10年。高麗大学語学院を出てソウルを紹介するインバウンドガイドブックの日本語記者を経験し、現在翻訳などの仕事を行っている。仕事のかたわら、子育てにも奮闘中。子供を通じて、さらに深い韓国社会を体験中。ご連絡はこちらへどうぞ。 DISQUS ID @disqus_VjP8eAqUrQ

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集