海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アジア  > ソウル特派員ブログ > J-WAVEでご紹介した鍋のおいしいお店

韓国/ソウル特派員ブログ 中嶋 一恵

韓国・ソウル特派員が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2009年10月31日

J-WAVEでご紹介した鍋のおいしいお店


メール プリント もっと見る

J-WAVEでご紹介した鍋のおいしいお店

J-WAVEの今週放送分で、韓国の鍋のお店を2店ご紹介させていただきましたので、そのアクセスをお伝えしたいと思います。


1.セマウル食堂(キムチチゲ)

韓国人が最も好きな料理の一つ「キムチチゲ」。ありふれたメニューのようですが、やはり奥の深いメニューです。キムチチゲの味にはうるさい韓国人に人気のキムチチゲのお店が、ここ<セマウル食堂>。
豚焼肉のお店ですが、このメニューを目当てに来る人も多く、お肉をメインにしているお店だけあり、キムチチゲの中に入っているお肉も大きくおいしいです。
ここのキムチチゲは、テーブルの前できっちり7分煮込んで食べるのが特徴で、一般のキムチチゲよりスープの飛んだキムチチゲをご飯の上にかけてドンブリのようにしてかき込むようにして食べるのがセマウル食堂流の食べ方です。
ムックソウルにも本店が紹介されていますが、現在ソウルには江南を中心に明洞、弘大など約16店舗ほどがありますので、近くのセマウル食堂で味わってみられてもいいかもしれません。

<セマウル食堂本店>
住所:ソウル市江南区論峴洞164-12
電話:02-544-3284
アクセス:地下鉄7号線「論峴」駅7番出口から徒歩7分

<セマウル食堂狎鷗亭店>
住所:ソウル市江南区新沙洞609-102
電話:02-3445-5513
アクセス:地下鉄3号線「狎鷗亭」駅2番出口から徒歩3分
www.theborn.co.kr/

2.真元祖保身タク(タクハンマリ)
東大門市場のタクハンマリ通りの中でも漢方を使用したスープで味も一際おいしいお店でしたが・・・
先週家事になり、東大門本店は閉店になっていましたTT
現在は九里(クリ)市店でのみで営業を行っているそうです。
早くソウルでの営業をスタートさせてもらいたいです。


<真元祖保身タク九里店>
住所:京畿道九里市水澤洞405-17
電話:031-567-4363
www.wonjodak.com/

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー レストラン・料理・食材
2009年10月31日
« 前の記事「ムックソウルより-東大門・ケレスター」へ
»次の記事「こんなカフェもあります-ニンテンドーwiiカフェ」 へ
おすすめ記事
    ソウル特派員 新着記事
    秋夕のイベント情報
    ソウル地下鉄の乗り方と路線情報
    バナナ、緑茶、その次にくる味とは?
    みんな持って歩いてます!携帯扇風機
    明洞で荷物を預けたい時は、ここ!
    ソウル路7017を歩いてみた
    ベトナム人がつくるフォーの美味しい店
    新しくオープンしたモダンなお粥屋さん
    1年前の同じ月に投稿された記事
    ヨンさまポスタープレゼントのイベントがスタート
    寒くなる前に食べておきたい料理・鰍魚湯(チュオタン)
    ちょっと素敵な韓国料理でのランチ
    第13回釜山国際映画祭が開幕

    韓国 航空券情報


    韓国旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■韓国の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    アジア特派員ブログ一覧

    インドネシア/ジャカルタインドネシア/バリ島インドネシア/バリ島2インドネシア/バンドゥンインド/デリーインド/トリヴァンドラムインド/ベンガルールインド/ムンバイウズベキスタン/タシケントカザフスタン/アスタナカンボジア/シェムリアップカンボジア/プノンペンシンガポール/シンガポールシンガポール/シンガポール2スリランカ/コロンボタイ/チェンマイタイ/バンコクタイ/バンコク2ネパール/カトマンドゥバングラデシュ/チッタゴンパキスタン/カラチフィリピン/セブフィリピン/セブ2フィリピン/パナイ島フィリピン/パナイ島2フィリピン/マニラベトナム/ホーチミンマレーシア/クアラルンプールマレーシア/クアラルンプール2マレーシア/ペナンミャンマー/バガンミャンマー/ヤンゴンラオス/パークセーラオス/ビエンチャン中国/マカオ中国/上海中国/上海2中国/上海3中国/南京中国/深セン中国/蘇州中国/香港中国/香港2台湾/北投台湾/台北台湾/台北2韓国/ソウル韓国/ソウル2韓国/済州韓国/釜山

    アジアにもどる

    • 特派員プロフィール
    • ソウル特派員

      ソウル特派員
      中嶋 一恵
      1997年4月より韓国に住みついて早10年。高麗大学語学院を出てソウルを紹介するインバウンドガイドブックの日本語記者を経験し、現在翻訳などの仕事を行っている。仕事のかたわら、子育てにも奮闘中。子供を通じて、さらに深い韓国社会を体験中。ご連絡はこちらへどうぞ。 DISQUS ID @disqus_VjP8eAqUrQ

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集