海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アジア  > ソウル特派員ブログ > 車椅子で利用できるコールタクシー

韓国/ソウル特派員ブログ 中嶋 一恵

韓国・ソウル特派員が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2009年12月18日

車椅子で利用できるコールタクシー


メール プリント もっと見る

車椅子で利用できるコールタクシー

coal texi.jpg
ソウル特派員をさせていただいて、おかげさまで約満3年となりました。この3年間でみなさまからいろんなお問い合わせなどもいただきましたが、その中で韓国に治療のためにいらっしゃるという方から「車椅子で利用できるタクシーはないか?」とのお問合せをいただいたことがあります。

最近韓国では外国人医療に力を入れており、上質で比較的安く医療が受けられるということで
医療を目的に韓国にいらっしゃることが多いようです。

車椅子でソウルを移動したいと思ってらっしゃる方のために、その利用方法をお伝えしたいと思います。

<ソウル市障害者コールタクシー>により車椅子のままで乗車できるタクシーが運行されており、ソウルおよびソウル近郊までは利用することができます。但し、利用者に比べ比較的台数が少ないということもあり、午前7時から午後2時までは基本1時間前、午後2時から翌日7時までは基本2時間待ちとなるそうなので、少し余裕を持って移動できるよう、最低2時間前には連絡してください(TEL:1588-4388)。但し、利用できない場合も時にはあるそうです。

利用条件は、
1.車椅子を使用していること
2.パスポート持参
が条件となります。

料金もかなり良心的で、基本料金は1500ウォン(5kmまで、ちなみに一般タクシーは2400ウォン/2km)、5kmから10kmまでは1km当たり300ウォン、10km以上は1km当たり35ウォンです。

但し外国語での支援がまだ行われていないので、予約の際にはホテルの人かガイドの方にお願いされてください。

<ソウル市障害者コールタクシー>
電話:1588-4388/02-2290-6114
E-Mail: webmaster@sisul.or.kr
ホームページ:http://calltaxi.sisul.or.kr

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 交通・鉄道・航空
2009年12月18日
« 前の記事「ムックソウルより - サムジギル「トーヨー」」へ
»次の記事「スンデで有名なビョンチョンに行ってきました」 へ
おすすめ記事
    ソウル特派員 新着記事
    秋夕のイベント情報
    ソウル地下鉄の乗り方と路線情報
    バナナ、緑茶、その次にくる味とは?
    みんな持って歩いてます!携帯扇風機
    明洞で荷物を預けたい時は、ここ!
    ソウル路7017を歩いてみた
    ベトナム人がつくるフォーの美味しい店
    新しくオープンしたモダンなお粥屋さん
    1年前の同じ月に投稿された記事
    各キー局で年末演技大賞が放送
    ソウルで常設公演中のミュージカル(1) −ドローイングショー
    富豪たちの住む町でおいしいタルトとコーヒーを
    Merry Christmas in Seoul

    韓国 航空券情報


    韓国旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■韓国の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    アジア特派員ブログ一覧

    インドネシア/ジャカルタインドネシア/バリ島インドネシア/バリ島2インドネシア/バンドゥンインド/デリーインド/トリヴァンドラムインド/ベンガルールインド/ムンバイウズベキスタン/タシケントカザフスタン/アスタナカンボジア/シェムリアップカンボジア/プノンペンシンガポール/シンガポールシンガポール/シンガポール2スリランカ/コロンボタイ/チェンマイタイ/バンコクタイ/バンコク2ネパール/カトマンドゥバングラデシュ/チッタゴンパキスタン/カラチフィリピン/セブフィリピン/セブ2フィリピン/パナイ島フィリピン/パナイ島2フィリピン/マニラベトナム/ホーチミンマレーシア/クアラルンプールマレーシア/クアラルンプール2マレーシア/ペナンミャンマー/バガンミャンマー/ヤンゴンラオス/パークセーラオス/ビエンチャン中国/マカオ中国/上海中国/上海2中国/上海3中国/南京中国/深セン中国/蘇州中国/香港中国/香港2台湾/北投台湾/台北台湾/台北2韓国/ソウル韓国/ソウル2韓国/済州韓国/釜山

    アジアにもどる

    • 特派員プロフィール
    • ソウル特派員

      ソウル特派員
      中嶋 一恵
      1997年4月より韓国に住みついて早10年。高麗大学語学院を出てソウルを紹介するインバウンドガイドブックの日本語記者を経験し、現在翻訳などの仕事を行っている。仕事のかたわら、子育てにも奮闘中。子供を通じて、さらに深い韓国社会を体験中。ご連絡はこちらへどうぞ。 DISQUS ID @disqus_VjP8eAqUrQ

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集