海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アジア  > ソウル特派員ブログ > ムックソウルより −海鮮ページ「ナンドパプトドク」

韓国/ソウル特派員ブログ 中嶋 一恵

韓国・ソウル特派員が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2010年5月26日

ムックソウルより −海鮮ページ「ナンドパプトドク」


メール プリント もっと見る

ムックソウルより −海鮮ページ「ナンドパプトドク」

こんにちは。
今月の『ソウルムックより]ですが、45ページの食の海鮮ページに掲載されています「ナンドパプトドク」を訪れることにしてみました。


韓国でも人気の「ケジャン(カニの醤油漬け)」。地元でも‘ご飯泥棒(ケジャン一つでご飯が何杯もお替りできるという意味です)’と呼ばれているほど好きな人の多いケジャンですが、私も大好きです。ただこちらでもよく食べられるような安い値段でないため、よく食べに行くメニューではありませんが、ケジャンに石焼ご飯がつくと、私の場合もう大満足です。


前説が長くなりましたが、とにかく好きなメニューということで、行く前からかなり期待してしまいます。


밥도덕4.JPG

こちらは南大門地下鉄4号線「会賢」駅7番出口(6番より7番が分りやすいです)を出てすぐ目の前の駐車場の中にあります。

ちょうどお昼時ぐらいに行ったのですが、なぜかそれほど人はいませんでした。
*不景気でお昼からケジャンを食べに来る人は、いないのでしょうか・・・。

今回私が食べたのは、「コッケサルビビンバ」というケジャンのカニの味噌と身がご飯にのったビビンバを頼んでみました。値段も1万ウォンなので、お手頃です。

밥도덕13.JPG
ビビンバについてくるおかずは6種類にテンジャンチゲがついてきます。テンジャンチゲもカニでダシが取ってあるのか、カニの風味がしっかりと出ていました。


밥도덕7.JPG
ご飯の下の野菜とご飯、カニ味噌をスプーンでしっかりと混ぜて食べます。


食べた感想は・・・期待感が大きかったのか、ケジャンじゃなかったからなのか、
感動するほどにはいたらなかったのが正直な感想です。


やはりケジャンといえば、私の中では新沙駅の近くにある「プサンチプ」です。(考えると、すぐにでも行きたくなってしまいます〜TT)


밥도덕14.JPG
ご飯を食べたら、シメは韓国の甘いコーヒー。セルフですが、無料で飲めますよ。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 地球の歩き方MOOK
2010年5月26日
« 前の記事「韓国の「もてる男性」」へ
»次の記事「ワールドカップ、盛り上がる」 へ
おすすめ記事
    ソウル特派員 新着記事
    秋夕のイベント情報
    ソウル地下鉄の乗り方と路線情報
    バナナ、緑茶、その次にくる味とは?
    みんな持って歩いてます!携帯扇風機
    明洞で荷物を預けたい時は、ここ!
    ソウル路7017を歩いてみた
    ベトナム人がつくるフォーの美味しい店
    新しくオープンしたモダンなお粥屋さん
    1年前の同じ月に投稿された記事
    狎鴎亭のロデオ通りに新しいカフェオープン
    ムックソウルから − チゲ・タン・ジョンゴル‘チョンダムスントゥブ’
    ソウル市およびソウル市近郊の地下鉄・国鉄の紙製「切符」が廃止
    韓国での新型インフルエンザ状況

    韓国 航空券情報


    韓国旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■韓国の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    アジア特派員ブログ一覧

    インドネシア/ジャカルタインドネシア/バリ島インドネシア/バリ島2インドネシア/バンドゥンインド/デリーインド/トリヴァンドラムインド/ベンガルールインド/ムンバイウズベキスタン/タシケントカザフスタン/アスタナカンボジア/シェムリアップカンボジア/プノンペンシンガポール/シンガポールシンガポール/シンガポール2スリランカ/コロンボタイ/チェンマイタイ/バンコクタイ/バンコク2ネパール/カトマンドゥバングラデシュ/チッタゴンパキスタン/カラチフィリピン/セブフィリピン/セブ2フィリピン/パナイ島フィリピン/パナイ島2フィリピン/マニラベトナム/ホーチミンマレーシア/クアラルンプールマレーシア/クアラルンプール2マレーシア/ペナンミャンマー/バガンミャンマー/ヤンゴンラオス/パークセーラオス/ビエンチャン中国/マカオ中国/上海中国/上海2中国/上海3中国/南京中国/深セン中国/蘇州中国/香港中国/香港2台湾/北投台湾/台北台湾/台北2韓国/ソウル韓国/ソウル2韓国/済州韓国/釜山

    アジアにもどる

    • 特派員プロフィール
    • ソウル特派員

      ソウル特派員
      中嶋 一恵
      1997年4月より韓国に住みついて早10年。高麗大学語学院を出てソウルを紹介するインバウンドガイドブックの日本語記者を経験し、現在翻訳などの仕事を行っている。仕事のかたわら、子育てにも奮闘中。子供を通じて、さらに深い韓国社会を体験中。ご連絡はこちらへどうぞ。 DISQUS ID @disqus_VjP8eAqUrQ

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集