海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アジア  > ソウル特派員ブログ > ムックソウルより −63ビル

韓国/ソウル特派員ブログ 中嶋 一恵

韓国・ソウル特派員が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2010年8月31日

ムックソウルより −63ビル


メール プリント もっと見る

ムックソウルより −63ビル

こんにちは。8月ももう終わりですね。
今月の「ムックソウル」よりですが、122ページ「必見の観光名所」の中の63ビルに行ってみました。


63ビルは基本的にはオフィスビルですが、地下1階に63スクエアがあり、そこには水族館の「63シーワールド」やフードコート、いろんな有名人の蝋人形が展示されてある「63ワックスミュージアム」、和食、ビュッフェレストラン、中華などのレストラン、カフェ、ベーカリー、劇場などがあります。


フードコート

food coat.JPGFOOD COAT (2).JPG

冷麺、ロッテリア、ビビンバ、カルグクス、パスタ&ピザなどのお店がならんだフードコート。
たくさん並んだテーブルも、気兼ねなく座れそうです。

ワックスミュージアム

WAX.JPG
地下1階から階段を下りていくと、地下3階の約500坪のフロアに約70点の蝋人形が展示されています。アジアでも有名な蝋人形作家の作品なので、リアルな人形に会えますよ。
http://63waxmuseum.com/

シーワールド

SEA.JPG
地下1階2階からなるシーワールドでは、大きな水槽の中のいろんな魚たちをはじめ、シーショーや光りのショーなどが見られます。


チケットブース

ticket.JPG
公演やシーワールドなどの入場チケットは、こちらで購入します。


eleveter.JPG
60階のスカイカフェや57~59階にあるレストランに行くには、こちらのエレベータ利用。


59階:ウォーキング・オン・ザ・クラウド

59F3.JPG59F2.JPG

バーとレストランスペースからなる「ウォーキング・オン・ザ・クラウド」。昼間来ても、夜来ても、最高の景色が楽しめます。

その他、63アートホールではライブコミックショー「ファンタスティック」の公演が行われています。

この紹介は、また次回にご紹介しますね。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 地球の歩き方MOOK
2010年8月31日
« 前の記事「「光化門」の扁額除幕式」へ
»次の記事「韓国の「ペット事情」」 へ
おすすめ記事
    ソウル特派員 新着記事
    2017ミシュランガイドグルメフェアが開催
    秋夕のイベント情報
    ソウル地下鉄の乗り方と路線情報
    バナナ、緑茶、その次にくる味とは?
    みんな持って歩いてます!携帯扇風機
    明洞で荷物を預けたい時は、ここ!
    ソウル路7017を歩いてみた
    ベトナム人がつくるフォーの美味しい店
    1年前の同じ月に投稿された記事
    ソウルのオシャレレストラン
    ムックソウルより −[南大門市場内]「韓国陶磁器」
    明洞の穴場的ショップ【異色衣】
    韓国でのバカンスの過ごし方

    韓国 航空券情報


    韓国旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■韓国の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    アジア特派員ブログ一覧

    インドネシア/ジャカルタインドネシア/バリ島インドネシア/バリ島2インドネシア/バンドゥンインド/デリーインド/トリヴァンドラムインド/ベンガルールインド/ムンバイウズベキスタン/タシケントカザフスタン/アスタナカンボジア/シェムリアップカンボジア/プノンペンシンガポール/シンガポールシンガポール/シンガポール2スリランカ/コロンボタイ/チェンマイタイ/バンコクタイ/バンコク2ネパール/カトマンドゥバングラデシュ/チッタゴンパキスタン/カラチフィリピン/セブフィリピン/セブ2フィリピン/パナイ島フィリピン/パナイ島2フィリピン/マニラベトナム/ホーチミンマレーシア/クアラルンプールマレーシア/クアラルンプール2マレーシア/ペナンミャンマー/バガンミャンマー/ヤンゴンラオス/パークセーラオス/ビエンチャン中国/マカオ中国/上海中国/上海2中国/上海3中国/南京中国/深セン中国/蘇州中国/香港中国/香港2台湾/北投台湾/台北台湾/台北2韓国/ソウル韓国/ソウル2韓国/済州韓国/釜山

    アジアにもどる

    • 特派員プロフィール
    • ソウル特派員

      ソウル特派員
      中嶋 一恵
      1997年4月より韓国に住みついて早10年。高麗大学語学院を出てソウルを紹介するインバウンドガイドブックの日本語記者を経験し、現在翻訳などの仕事を行っている。仕事のかたわら、子育てにも奮闘中。子供を通じて、さらに深い韓国社会を体験中。ご連絡はこちらへどうぞ。 DISQUS ID @disqus_VjP8eAqUrQ

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集