海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アジア  > ソウル特派員ブログ > プサン旅行‐食編1

韓国/ソウル特派員ブログ 中嶋 一恵

韓国・ソウル特派員が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2011年3月12日

プサン旅行‐食編1


メール プリント もっと見る

プサン旅行‐食編1

日本の大地震で、韓国でも大きく報道されております。
被害が大きいようで、私のまわりの方々からもご心配していただいています。
これ以上被害がないように、祈るばかりです。

ところで、韓国の第二の都市'プサン'へ行ってきました。


旅といえば、やはり食!
プサンの名物といえば、お刺身や海産物、パジョン、テジクッパなどなどありますが、
今プサンで人気で私の中でも印象深かったB級グルメを、みなさんにご紹介したいと思います。

まずは、地下鉄1号線「チャガルチ」駅7番出口から徒歩2分ぐらいのところにあるPIFF広場で売っている「ホットク」です。


hottok.jpg

ホットクといえば、ソウルにでも売っていてどこで食べても同じと思いがちですが、ここで売っているホットクは、中にヒマワリの種やいろんなナッツ類がたくさんかけてある'チャプサルホットク(もち米ホットク)'。

韓国のバラエティ番組「1泊2日」でイ・スンギがプサンでこれを食べたということで、それまでも人気だったのですが、
再ブレークして、現在では店の前にはいつも列を作っています。

1個900ウォンで、屋台にはイ・スンギが食べている写真がしっかりと張ってあります。

こんなにナッツの入ったホットクは私も初めてで、私が韓国に来た当初はホットクのおいしさにはまってよく食べていましたが、久々に新鮮なホットクのおいしさを感じました。
普通のホットクの記事とはちょっと違ったパンに近い生地と、その中に入れられたナッツの歯ごたえと香ばしさ、黒砂糖!?の甘さがすごくピッタリの900ウォン出してもおしくないおいしさでした。(ケチ過ぎますか・・・)

私の中では、プサンの名物に殿堂入りという感じで~す!

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー レストラン・料理・食材
2011年3月12日
« 前の記事「ドラマ「マイ・プリンセス」で人気のヘアアクセ」へ
»次の記事「ムックソウルより ‐「スターアベニュー・ロッテタウン明洞」」 へ
おすすめ記事
    ソウル特派員 新着記事
    防弾少年団【With Seoul】を無料でダウンロード!
    100種類のアイスが楽しめる31アイスクリーム - バスキンロビンス・ブラウン
    2017ミシュランガイドグルメフェアが開催
    秋夕のイベント情報
    ソウル地下鉄の乗り方と路線情報
    バナナ、緑茶、その次にくる味とは?
    みんな持って歩いてます!携帯扇風機
    明洞で荷物を預けたい時は、ここ!
    1年前の同じ月に投稿された記事
    ムックソウルより −コスメ「トニーモリー」
    手作りチョコレートのお店
    韓国の住宅事情

    韓国 航空券情報


    韓国旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■韓国の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    アジア特派員ブログ一覧

    インドネシア/ジャカルタインドネシア/バリ島インドネシア/バリ島2インドネシア/バンドゥンインド/デリーインド/トリヴァンドラムインド/ベンガルールインド/ムンバイウズベキスタン/タシケントカザフスタン/アスタナカンボジア/シェムリアップカンボジア/プノンペンシンガポール/シンガポールシンガポール/シンガポール2スリランカ/コロンボスリランカ/バッカスタイ/チェンマイタイ/バンコクタイ/バンコク2ネパール/カトマンドゥバングラデシュ/チッタゴンパキスタン/カラチフィリピン/セブフィリピン/セブ2フィリピン/パナイ島フィリピン/パナイ島2フィリピン/マニラベトナム/ハノイベトナム/ハノイ2ベトナム/ホーチミンマレーシア/クアラルンプールマレーシア/クアラルンプール2マレーシア/ペナンミャンマー/バガンミャンマー/ヤンゴンラオス/パークセーラオス/ビエンチャン中国/フフホト中国/マカオ中国/上海中国/上海2中国/上海3中国/北京中国/南京中国/深セン中国/蘇州中国/香港中国/香港2台湾/北投台湾/台北台湾/台北2台湾/高雄韓国/ソウル韓国/ソウル2韓国/済州韓国/釜山

    アジアにもどる

    • 特派員プロフィール
    • ソウル特派員

      ソウル特派員
      中嶋 一恵
      1997年4月より韓国に住みついて早10年。高麗大学語学院を出てソウルを紹介するインバウンドガイドブックの日本語記者を経験し、現在翻訳などの仕事を行っている。仕事のかたわら、子育てにも奮闘中。子供を通じて、さらに深い韓国社会を体験中。ご連絡はこちらへどうぞ。 DISQUS ID @disqus_VjP8eAqUrQ

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集