海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アジア  > ソウル特派員ブログ > 12月お題 ソウルの"キッチン"

韓国/ソウル特派員ブログ 中嶋 一恵

韓国・ソウル特派員が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2013年12月21日

12月お題 ソウルの"キッチン"


メール プリント もっと見る

12月お題 ソウルの"キッチン"

もうすぐ、クリスマスですね。


早速ですが、2番目の今月のお題 ソウルの『キッチン』について
お伝えしたいと思います。


<キムチ冷蔵庫>
냉장.jpg김치냉장고1.jpg

韓国ならではといえば、キムチ冷蔵庫。
最初に左のボックスタイプが発売され、その後、右のスタンド型タイプのものが出ました。
キムチだけでなく、野菜やお肉なども保存でき
キムチ冷蔵庫で保存すると野菜も一般の冷蔵庫に比べて鮮度が長持ちします。


<ガーリックプレス>
마늘짜개.jpg韓国に来た時からよく使っているのが、ガーリックプレスです。
韓国の包丁の柄の先はニンニクがつぶせるようになっていて
まな板で簡単につぶせるので、時にしか使わないようになりましたが、
韓国料理にほとんど使われるニンニクをつぶすには重宝するものです。

<栗の皮むきハサミ>
밤가위.jpg韓国では、お正月お盆のお膳作りや
また毎年行われる先祖の命日のお膳に供えられる
メニューの中に栗があるのですが、
その栗も皮をむいてからお供えします。
最近では皮をむいた栗も販売されていますが、
そうでない場合は栗をむかなければいけません。
包丁でむくこともできますが、包丁を使うよりは
ずっと簡単にむくことができます。

<サムギョプサル焼肉フライパン>
고기판.jpg韓国の家庭でよく食べられるサムギョプサル(豚のバラ肉)。
その時は、こういう油の落ちる鉄板がとても使い勝手がいいものです。
値段も手頃で、1万ウォン(1000円)ぐらいから3万ウォン(3000円)ぐらいで
購入できます。

あと、キムチを漬ける時に使用する大きなたらいなどがあるのも
日本とは違うなと思うものです。


その国ならではの食があって、
それを作る便利な調理器具などがあると思うとおもしろいですね!


記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー お題
2013年12月21日
« 前の記事「12月のお題 ソウルの"クリスマス"」へ
»次の記事「新羅ホテルでのリッチなクリスマス&年末イベント」 へ
おすすめ記事
    ソウル特派員 新着記事
    防弾少年団【With Seoul】を無料でダウンロード!
    100種類のアイスが楽しめる31アイスクリーム - バスキンロビンス・ブラウン
    2017ミシュランガイドグルメフェアが開催
    秋夕のイベント情報
    ソウル地下鉄の乗り方と路線情報
    バナナ、緑茶、その次にくる味とは?
    みんな持って歩いてます!携帯扇風機
    明洞で荷物を預けたい時は、ここ!
    1年前の同じ月に投稿された記事
    桂洞のカフェから、年末のご挨拶!
    韓国にもいろんなスマホケース、あります!
    韓国味のポテトチップス

    韓国 航空券情報


    韓国旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■韓国の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    アジア特派員ブログ一覧

    インドネシア/ジャカルタインドネシア/バリ島インドネシア/バリ島2インドネシア/バンドゥンインド/デリーインド/トリヴァンドラムインド/ベンガルールインド/ムンバイウズベキスタン/タシケントカザフスタン/アスタナカンボジア/シェムリアップカンボジア/プノンペンシンガポール/シンガポールシンガポール/シンガポール2スリランカ/コロンボスリランカ/バッカスタイ/チェンマイタイ/バンコクタイ/バンコク2ネパール/カトマンドゥバングラデシュ/チッタゴンパキスタン/カラチフィリピン/セブフィリピン/セブ2フィリピン/パナイ島フィリピン/パナイ島2フィリピン/マニラベトナム/ハノイベトナム/ハノイ2ベトナム/ホーチミンマレーシア/クアラルンプールマレーシア/クアラルンプール2マレーシア/ペナンミャンマー/バガンミャンマー/ヤンゴンラオス/パークセーラオス/ビエンチャン中国/フフホト中国/マカオ中国/上海中国/上海2中国/上海3中国/北京中国/南京中国/深セン中国/蘇州中国/香港中国/香港2台湾/北投台湾/台北台湾/台北2台湾/高雄韓国/ソウル韓国/ソウル2韓国/済州韓国/釜山

    アジアにもどる

    • 特派員プロフィール
    • ソウル特派員

      ソウル特派員
      中嶋 一恵
      1997年4月より韓国に住みついて早10年。高麗大学語学院を出てソウルを紹介するインバウンドガイドブックの日本語記者を経験し、現在翻訳などの仕事を行っている。仕事のかたわら、子育てにも奮闘中。子供を通じて、さらに深い韓国社会を体験中。ご連絡はこちらへどうぞ。 DISQUS ID @disqus_VjP8eAqUrQ

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集