海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アジア  > ソウル特派員ブログ > 韓国での『今はやりのスイーツ』

韓国/ソウル特派員ブログ 中嶋 一恵

韓国・ソウル特派員が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2014年5月19日

韓国での『今はやりのスイーツ』


韓国での『今はやりのスイーツ』

先日、ハニーチップアイスクリームが人気とのニュースをお伝えしましたが、
今年になってから日本の堂島ロールが江南の新世界百貨店と現代百貨店に入ってから
列をつくって買い求める人気を博していました。今でも、もちろん人気です。

モンシェールの前の社名である『モンシュシュ』という店名でカロスキルにも
お店があります。ちなみに、堂島ロールは18000ウォン(約1800円)です。


dojima.jpgdojima2.jpg

百貨店の売り場で列をつくって買い求めている様子。
ロールは1人4本までしか購入できないとのお知らせが張ってあります。


~1.JPG
それからよく見かけるようになったのが、『タロバブルティ』です。
タロイモのタピオカが入った飲み物で、ミルクティの他に
チョコミルクなどもあります。
専門店も出てますが、その他いろんなところで販売されています。


스페로스페라.jpg
それから今ブームの兆しがあるのが、『SPERO SPERA』のクレープです。
4種類のアイスクリーム、5種類のフルーツ、2種類のケーキからチョイスして食べれる
スイートクレープと、サラミやソーセージ、ベーコン、スモークサーモンなどとチーズやトマト、レタスなどの野菜に、10種類のソースからチョイスして食べれるセイボりークレープがあり、
中身をチョイスして自分が食べたいクレープが食べれるということで、特に若い人達から人気です。
ソウルでは弘大にショップができていて、百貨店にも最近入っています。
住所:ソウル市麻浦区ワイサン路21キル24


最近は海外からのスイーツも多い韓国。

日本人より甘いものはそれほど食べない韓国の人達ですが、
やはりおいしいものは世界共通みたいです~!



—今月のお題『今はやりのスイーツ』−

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー お題
2014年5月19日
« 前の記事「韓国の『タバコ事情』」へ
»次の記事「地方選挙日」 へ
おすすめ記事
    ソウル特派員 新着記事
    メニューもインテリアもレトロなカフェ
    なぜか再ブームのアイスクリーム
    慶州のおすすめ観光地ー東宮と月池(雁鴨池)
    また食べたくなる!おすすめのかき氷
    秋夕連休中!
    アーティストも絶賛!人情溢れる下町風の美味い店
    マートで買えるおすすめの韓国クラフトビール
    平壌冷麺ブーム、到来!
    1年前の同じ月に投稿された記事
    活気復活の狎鴎亭と清潭洞ファッションストリート

    韓国 ツアー最安値


    2018/12/13更新

    韓国 航空券情報


    韓国旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■韓国の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    アジア特派員ブログ一覧

    インドネシア/ジャカルタインドネシア/ジャカルタ2インドネシア/バリ島インドネシア/バリ島2インドネシア/バンドゥンインド/デリーインド/トリヴァンドラムインド/ベンガルールインド/ムンバイウズベキスタン/タシケントカザフスタン/アスタナカンボジア/カンポットカンボジア/シェムリアップカンボジア/プノンペンシンガポール/シンガポールシンガポール/シンガポール2スリランカ/コロンボタイ/チェンマイタイ/バンコクタイ/バンコク2タイ/バンコク3タイ/バンコク4ネパール/カトマンドゥバングラデシュ/チッタゴンパキスタン/カラチフィリピン/セブフィリピン/セブ2フィリピン/パナイ島フィリピン/パナイ島2フィリピン/マニラベトナム/タインホアベトナム/ニンビンベトナム/ハノイベトナム/ハノイ2ベトナム/ホーチミンマレーシア/クアラルンプールマレーシア/クアラルンプール2マレーシア/ペナンミャンマー/バガンミャンマー/ヤンゴンモンゴル/ウランバートルラオス/パークセーラオス/ビエンチャン中国/フフホト中国/マカオ中国/上海中国/上海2中国/上海3中国/北京中国/南京中国/広州中国/深セン中国/蘇州中国/香港中国/香港2台湾/北投台湾/台北台湾/台北2台湾/高雄東ティモール/ディリ韓国/ソウル韓国/ソウル2韓国/ソウル3韓国/済州韓国/釜山

    アジアにもどる

    • 特派員プロフィール
    • ソウル特派員

      ソウル特派員
      中嶋 一恵
      1997年4月より韓国に住みついて早10年。高麗大学語学院を出てソウルを紹介するインバウンドガイドブックの日本語記者を経験し、現在翻訳などの仕事を行っている。仕事のかたわら、子育てにも奮闘中。子供を通じて、さらに深い韓国社会を体験中。ご連絡はこちらへどうぞ。 DISQUS ID @disqus_VjP8eAqUrQ

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集