海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アジア  > ソウル特派員ブログ > 3月お題韓国の『国内旅行先』

韓国/ソウル特派員ブログ 中嶋 一恵

韓国・ソウル特派員が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2015年3月30日

3月お題韓国の『国内旅行先』


メール プリント もっと見る

3月お題韓国の『国内旅行先』

今月のお題、韓国の『国内旅行先』ですが、江原道をご紹介したいと思います。


海あり山ありで韓国でも観光地として有名な江原道ですが、
その江原道に『海列車』という列車が走っています。


0402바다열차_(12).jpgbd109.jpg

江陵の正東津駅から安仁駅に向かった後、その後三陟市の三陟駅まで海を眺めながら約1時間20分のミニ列車旅行を行うシートレインです。
4車両編成で、1号車は個別座席、2号車は韓国の映画館のカップル席がコンセプトとなった2人掛け、3号車は2人掛けの席が向い合せになった家族席、4号車は団体席となっていて、1号車と2号車にはプロポーズルームが3つ、3号車には簡単なスナック類や飲み物が購入できるスナックバーがついています。

また、三陟には東洋で最大級の洞窟地帯があります。
この一帯は6つの洞窟が集まった洞窟地帯で、 約5億3000万年前にできたとされ、
この中で一番大きい幻仙窟や最近になって大金窟が公開されています。

환선굴.jpg환선굴1.jpg

환선굴3.jpg
幻仙窟のチケット売り場から鍾乳洞の入り口まではモノレールが走っています。
観覧距離は、約1.6㎞、歩いて約1時間の距離です。

tegum.jpg

tegum2.jpg
大金窟は、洞窟の外470mを過ぎ内部140mの地点まで乗車できるモノレールもあり人気です。
こちらの鍾乳洞では、写真撮影が禁止されていますので、
直接観覧してその美しい歴史の偉大さを目に焼き付けてきてください。


*観覧する前には、必ずトイレを済ませておくことをオススメします。
 靴も滑りにくいものを!

<海列車>
1日2往復(正東津駅⇔三陟駅)
料金:(1号車、2号車)1万5000ウォン、(3号車4人基準)5万ウォン、(4号車)1万2000ウォン

< 幻仙窟>
入場料:4500ウォン
モノレール:(往復)7000ウォン、(片道)4000ウォン

<大金窟>
入場料:1万2000ウォン
*但し、事前にネットで予約必
http://samcheok.mainticket.co.kr/ticket/reserve.asp

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー お題
2015年3月30日
« 前の記事「アジア最大級のアウトレットが新しくオープン」へ
»次の記事「4月のお題韓国の『エイプリルフール』」 へ
おすすめ記事
    ソウル特派員 新着記事
    2017ミシュランガイドグルメフェアが開催
    秋夕のイベント情報
    ソウル地下鉄の乗り方と路線情報
    バナナ、緑茶、その次にくる味とは?
    みんな持って歩いてます!携帯扇風機
    明洞で荷物を預けたい時は、ここ!
    ソウル路7017を歩いてみた
    ベトナム人がつくるフォーの美味しい店
    1年前の同じ月に投稿された記事
    清血ジュースが人気
    紅茶専門店がオープン−『TWG teaサロン&ブティック』
    3月のお題『バスルーム&洗面台』

    韓国 航空券情報


    韓国旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■韓国の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    アジア特派員ブログ一覧

    インドネシア/ジャカルタインドネシア/バリ島インドネシア/バリ島2インドネシア/バンドゥンインド/デリーインド/トリヴァンドラムインド/ベンガルールインド/ムンバイウズベキスタン/タシケントカザフスタン/アスタナカンボジア/シェムリアップカンボジア/プノンペンシンガポール/シンガポールシンガポール/シンガポール2スリランカ/コロンボタイ/チェンマイタイ/バンコクタイ/バンコク2ネパール/カトマンドゥバングラデシュ/チッタゴンパキスタン/カラチフィリピン/セブフィリピン/セブ2フィリピン/パナイ島フィリピン/パナイ島2フィリピン/マニラベトナム/ホーチミンマレーシア/クアラルンプールマレーシア/クアラルンプール2マレーシア/ペナンミャンマー/バガンミャンマー/ヤンゴンラオス/パークセーラオス/ビエンチャン中国/マカオ中国/上海中国/上海2中国/上海3中国/南京中国/深セン中国/蘇州中国/香港中国/香港2台湾/北投台湾/台北台湾/台北2韓国/ソウル韓国/ソウル2韓国/済州韓国/釜山

    アジアにもどる

    • 特派員プロフィール
    • ソウル特派員

      ソウル特派員
      中嶋 一恵
      1997年4月より韓国に住みついて早10年。高麗大学語学院を出てソウルを紹介するインバウンドガイドブックの日本語記者を経験し、現在翻訳などの仕事を行っている。仕事のかたわら、子育てにも奮闘中。子供を通じて、さらに深い韓国社会を体験中。ご連絡はこちらへどうぞ。 DISQUS ID @disqus_VjP8eAqUrQ

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集