海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アジア  > ソウル特派員ブログ > 合井洞にある炭焼きハンバーグの店_ハムバン

韓国/ソウル特派員ブログ 中嶋 一恵

韓国・ソウル特派員が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2021年11月12日

合井洞にある炭焼きハンバーグの店_ハムバン


合井洞にある炭焼きハンバーグの店_ハムバン

日本に行く若い人が多くなってからはソウルでもハンバーグ専門店なども出てきましたが、
昔はハンバーガーはよく食べてもハンバーグを外で食べる機会はほぼなかったような気がします。


コロナ禍になり、日本に自由に行けなくなったということもあるからでしょうか、
現在でも日本食が人気で日本のラーメン店や居酒屋など日本食の店は多い方だと思いますが、
日本食や日本の食べ物がとても食べたくなると、やっぱり日本人なんだなと実感させられます。


シンプルで美味しそうな炭火焼ハンバーグ丼のお店を見つけたので、簡単にご紹介したいと思います。


合井駅8番出口から約300mのところにある炭火焼ハンバーグの店【アムバン】というお店で、
メニューは鶏ハンバーグ、豚ハンバーグ、牛ハンバーグ、鶏豚牛ハンバーグの4種類で、
鶏豚牛ハンバーグが代表メニューです。


합정 함반1-1.jpg


店内はこじんまりとした清潔感のある雰囲気です。
합정 함반4-1.jpg

牛ハンバーグののったご飯の上に生卵の黄身をきれいにのせて写真を撮ると、
コーラかサイダーをサービスしてくれます。

합정 함반8-1.jpg

韓国にきて生卵を食べる機会が本当にないので、それだけでも幸せです。
합정 함반7-1.jpg


たぶん日本だとそんなに珍しくないメニューかもしれませんが、個人的にテンションあがります。
こちらの人も、好きな人多いようですよ~!


<ハムバン>
住所:ソウル市麻浦区ワールドカップ路1キル54
アクセス:地下鉄6号線【合井】駅8番出口から徒歩4分
営業時間:11:30~21:00(15:00~17:00はブレイクタイム)

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー レストラン・料理・食材
2021年11月12日
« 前の記事「汝矣島にできた緑の庭園のある超大型ショッピングモール_THE現代ソウル」へ
»次の記事「京畿道華城市の東灘新都市で飲んだお得でヘルシーなドリンク【メガボトル】」 へ
ソウル特派員 新着記事
広蔵市場で平日でも並ぶ韓国のたい焼き屋さん
2022年1月10日から大型スーパーや百貨店などでも防疫パスが実施
メリークリスマス! in Seoul
すごく人気でおしゃれなベーグル専門店_ロンドンベーグルミュージアム
ウィズコロナですが、まだまだ多い新規感染者
マンモスパンと栗食パンとバケットが特においしいオシャレなベーカリー【monpin】
京畿道華城市の東灘新都市で飲んだお得でヘルシーなドリンク【メガボトル】
合井洞にある炭焼きハンバーグの店_ハムバン

韓国とその付近のエリア ツアー情報

該当するツアー情報がありません

韓国 航空券情報


韓国旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■韓国の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

アジア特派員ブログ一覧

インドネシア/ジャカルタインドネシア/ジャカルタ2インドネシア/ジャカルタ3インドネシア/バリ島インドネシア/バリ島2インドネシア/バンドゥンインド/デリーインド/トリヴァンドラムインド/ベンガルールインド/ムンバイウズベキスタン/タシケントウズベキスタン/ナマンガンカザフスタン/アスタナカンボジア/カンポットカンボジア/シェムリアップカンボジア/プノンペンシンガポール/シンガポールシンガポール/シンガポール2スリランカ/コロンボタイ/チェンマイタイ/バンコクタイ/バンコク2タイ/バンコク3タイ/バンコク4ネパール/カトマンドゥバングラデシュ/チッタゴンパキスタン/カラチフィリピン/セブフィリピン/セブ2フィリピン/パナイ島フィリピン/パナイ島2フィリピン/マニラベトナム/タインホアベトナム/ニンビンベトナム/ハノイベトナム/ハノイ2ベトナム/ホーチミンマレーシア/クアラルンプールマレーシア/クアラルンプール2マレーシア/ペナンミャンマー/バガンミャンマー/ヤンゴンモンゴル/ウランバートルラオス/パークセーラオス/ビエンチャン中国/フフホト中国/マカオ中国/上海中国/上海2中国/上海3中国/北京中国/南京中国/広州中国/深セン中国/蘇州中国/香港中国/香港2中国/香港3台湾/北投台湾/台北台湾/台北2台湾/高雄東ティモール/ディリ韓国/ソウル韓国/ソウル2韓国/ソウル3韓国/済州韓国/釜山

アジアにもどる

  • 特派員プロフィール
  • ソウル特派員

    ソウル特派員
    中嶋 一恵
    1997年4月より韓国に住みついて早10年。高麗大学語学院を出てソウルを紹介するインバウンドガイドブックの日本語記者を経験し、現在翻訳などの仕事を行っている。仕事のかたわら、子育てにも奮闘中。子供を通じて、さらに深い韓国社会を体験中。ご連絡はこちらへどうぞ。 DISQUS ID @disqus_VjP8eAqUrQ

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集