海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アジア  > 中国/上海3特派員ブログ

中国/上海3特派員ブログ さくぞー

中国・上海3特派員が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。


上海四大寺院の
最古刹


2B43E426-37D5-411B-BC4C-14E5BF19C07D.jpeg


龙华寺


日本語名
龍華寺(りゅうかじ)は、
上海市の中心地より
南に位置する仏教寺院。


242年(三国時代)に建立され
1700年以上の歴史を持つ
上海で最も古いお寺。
まずは入口で


068E236B-5CAE-431D-B4CE-2C750C8DA638.jpeg


チケット購入


拝観料は10元(現金のみ)、
ゲートで係員に
半券をもぎられた後、
奥にある棚から


707983F5-5A69-4582-A4A4-6F496147A075.jpeg


3本のお線香を頂く


入ってすぐ
目の前にそびえ立つ
玉佛寺のシンボル、
40mの高さを誇る八角七層の


94C803DD-53E1-489C-9BD3-5460E8108F8D.jpeg


龙华塔


この塔の周りを
時計まわりに祈りながら
歩くと


71B38F65-E8EF-4523-BE67-4CDC6340A015.jpeg


徳を積む事が出来る


境内に入る手前に
お線香売場があるので、
願い別の線香を
購入する事も可能


1DC63CED-76CA-4C0D-BDE1-30C59F79912E.jpeg


但し現金のみ


うっかり入口で
無料のお線香をもらい忘れた私は
ここで3元分購入、


0855E740-02D9-4881-8B25-672E8DB484D6.jpeg


中国の参拝スタイルは
おでこに
お線香を当て
ご本尊や四方に願いを込めながら
お辞儀をし祈祷する。


いざ
中に入ると


40A42831-C9C1-4B80-822D-3FA78BAC1E70.jpeg


境内の規模も上海最大


このお寺の由来は
弥勒殿、天王殿、大雄宝殿、三聖殿、
方丈室、蔵経楼が
中央にまっすぐ並んで建ち、
その両側には鐘楼と鼓楼がある。
この並び方は
龍の姿をあらわし
・大雄宝殿が頭部
・鐘楼と鼓楼が耳
・東西にある二つの井戸が龍の両目
と言われている。


まず一番手前にある
建物は


3174860F-AD07-4598-9F4E-4CACD0B4C82D.jpeg


弥勒殿


その両脇に
建っているのが


482E9AA3-8F15-40D9-A522-B934702B88EC.jpeg


鼓楼と鐘楼


弥勒殿を抜け
更に
奥へ進むと


458459B6-FFE6-40B7-ADC9-79B6EA35FA00.jpeg


天王堂と大雄宝殿


大雄宝殿には
阿弥陀仏が祀られており、
3体の仏像や
観音像の世界観が圧巻。


また、
罗汉堂(羅漢堂)にある
羅漢像のおびただしい数、
观音殿(観音殿)にある
千手観音像も必見。


最後に
一番奥にある


F5E72A74-72C1-4A96-B275-46C652B57DE8.jpeg


三圣殿


ご本尊の脇に
タイから寄贈された仏像があり
大乗仏教と小乗仏教の
仏像のイメージの違いが分かりやすい。


境内を
じっくり参拝した後は
敷地内にある
精進料理に


2CA4E15D-D56C-4B42-A362-3DFE4C8E097A.jpeg


舌鼓♡


レストランは次週
後編で。


「龙华寺」
龙华路2853号
通常 7:00〜16:30
香期 6:00〜16:30


2019年9月16日

日本から
遊びに来たお友達を
人気の火鍋店で


70833272-2EA1-4CEE-B6C0-74B369069465.jpeg


おもてなし♡


309B731A-CC16-48BA-93E9-31BB4F9AEC4D.jpeg


潘达(熊猫)火锅♡


日本語名
パンダ火鍋、
外観だけではなく
店内も


1ED0A5C8-59BA-4E10-9EA5-1FF8F12E12E6.jpeg


溢れるパンダ♡


開店まもない時間に
到着するも


E05A617A-FEE6-461A-A013-8FF4ECDC5E65.jpeg


満員御礼


何を隠そう
こちらのお店、
とある事
インスタ界で大人気ゆえ
常に行列。


やっとこさ
席に通され、
メニューチェック


EEBE26D5-3BF2-44C7-8732-F6C5AFC8C5AD.jpeg


辛いのがOKな
メンバーだったので、
2種類味の鍋チョイス


7842D91E-2446-4B6D-B2BD-54A5AFFDF69E.jpeg


●云南野生菌菇鸡汤锅(128元/1,920円)
麻辣味と
雲南野生キノコ鶏肉味。
麻辣味はピリ辛、
キノコ鶏肉は
味がしみてほっこり美味。


021AB48C-19C3-42FA-B31F-87D43CECE230.jpeg


1.黑木耳(9元/135円)
キクラゲ、
コリコリ食感が
美味。
2.生面(5元/75円)
もっちり面。
3.生态蔬菜拼盘(58元/870円)
野菜の盛合せ。
全て水耕栽培、
自分でハサミでカット。


E9B0A361-5F8C-4FA6-921A-0E3C9CBE1294.jpeg


4.内蒙古羊腿肉(78元/1,170円)
内モンゴルの羊脚肉、
柔らかく
鮮度がいいので
4秒しゃぶしゃぶ。
5.内蒙古羊巻肉(68元/1,020円)
内モンゴルの羊肉、
肉厚で美味
鮮度がいいので
4秒しゃぶしゃぶ。
6.鸡鸭血(18元/270円)
鴨血、
火鍋の定番具材。


3EED7918-6D92-4548-8F60-6894986A4EF9.jpeg


7.手工龙利鱼丸(58元/870円)
白身魚のつみれ、
自分で好きな大きさにに丸めて
鍋にポン。
8.空运鲜毛肚(68元/1,020円)
空輸せんまい刺、
肉厚でぷにぷに弾力
15秒しゃぶしゃぶでOK。
9.豆黄金天然鲜腐竹(19元/290円)
天然腐竹、
日本の湯葉よりは
ちょっと厚め。
10.蛋炒饭(16元/240円)
玉子チャーハン。
シンプル且つお安いながら
本格味。


そして
いよいよお待ちかね、
この店名物


C369F62B-C3CB-4D2C-9C80-0FEB8B5F822F.jpeg


ダンシングパンダ登場♡


爆音の
ダンスミュージックと共に
激しいダンス、
巨体をクネクネさせながら
各テーブルをまわり


ECC94882-7610-4A78-92A4-8B2A51A8E638.jpeg


サービスタイム♡


一緒に
写真も撮れるので
記念に


DD52EFEC-426C-49BA-997E-2C7F87DA6637.jpeg


どうぞ♡


「潘达(熊猫)火锅」
延安西路1394号(近定西路)
(021)62051069


2019年9月 9日

久々に
老西門の人気麺屋さんで
食事をした帰り、
目の前に寺院の看板


478B7AAE-74DD-4226-9252-344F8AF714B4.jpeg


法藏讲寺(fazangjiangsi)


日本語名
法蔵講寺(ほうぞうこうじ)。
外観は
お寺とは思えぬ


1EFD7B3A-85D8-4FAE-809D-983A6869730A.jpeg


住宅感溢れる


こう見えて
この法藏讲寺は


378B17A1-D791-4493-B97E-AE481EB929BF.jpeg


上海四大寺院の一つ


●龙华寺(龍華寺)
上海最古と言われる名刹、
三国時代まで遡る
禅宗寺院。
●静安寺
1800年程の歴史ある名刹、
龙华寺同様
三国時代創建、
金ピカの境内は壮観。
●玉佛寺(玉仏寺)
1882年に創建、
宝石の埋め込まれた
仏像がある。


そんな名刹と
肩を並べる
法藏讲寺は、


DBE2925A-A215-4FA8-8EDC-04B66AC50EF6.jpeg


1924年創建


意外と
つい最近出来たばかりの
上海唯一の天台宗寺院。


入口で
参拝料5元を支払う


50163C9D-16C0-46E4-9165-4249CBEAAA06.jpeg


線香付き


一歩
足を踏み入れると
外観からは想像付かぬ


44E89857-91C0-423C-803F-724E80A00D75.jpeg


荘厳さ


たくさんの人が
想い想いに参拝中、
私も
線香に火を付け
見よう見真似で


7ECDAFC1-87AD-4829-B6B3-1F59CE10C9F9.jpeg


共に参拝


創建から
100年未満とはいえ
歴史はあり、
文化大革命で
壊滅的に破壊されてしまった。
それから
1994年再建開始
2000年大雄宝殿落成
2006年天王殿落成
し現在に至る。


特に
大雄宝殿(撮影不可)は
仏像の数もさる事ながら、
他に例を見ない
独特の様は


A22DC0DE-CCEC-4569-97A2-7B974024B40F.jpeg


必見


古い住宅街の密集地にある
こじんまりとしたお寺、
上海で寺院巡り


35EA8524-6D83-46EF-A1FE-8FF1A5D7EC18.jpeg


どうぞ♡


「法藏讲寺」
吉安路271号
(021)63289986
7:30〜16:30


2019年9月 2日
2019年8月26日
2019年8月19日
2019年8月12日
2019年8月 5日
⇒すべての記事を見る

中国旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■中国の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

アジア特派員ブログ一覧

インドネシア/ジャカルタインドネシア/ジャカルタ2インドネシア/バリ島インドネシア/バリ島2インドネシア/バンドゥンインド/デリーインド/トリヴァンドラムインド/ベンガルールインド/ムンバイウズベキスタン/タシケントカザフスタン/アスタナカンボジア/カンポットカンボジア/シェムリアップカンボジア/プノンペンシンガポール/シンガポールシンガポール/シンガポール2スリランカ/コロンボタイ/チェンマイタイ/バンコクタイ/バンコク2タイ/バンコク3タイ/バンコク4ネパール/カトマンドゥバングラデシュ/チッタゴンパキスタン/カラチフィリピン/セブフィリピン/セブ2フィリピン/パナイ島フィリピン/パナイ島2フィリピン/マニラベトナム/タインホアベトナム/ニンビンベトナム/ハノイベトナム/ハノイ2ベトナム/ホーチミンマレーシア/クアラルンプールマレーシア/クアラルンプール2マレーシア/ペナンミャンマー/バガンミャンマー/ヤンゴンモンゴル/ウランバートルラオス/パークセーラオス/ビエンチャン中国/フフホト中国/マカオ中国/上海中国/上海2中国/上海3中国/北京中国/南京中国/広州中国/深セン中国/蘇州中国/香港中国/香港2台湾/北投台湾/台北台湾/台北2台湾/高雄東ティモール/ディリ韓国/ソウル韓国/ソウル2韓国/ソウル3韓国/済州韓国/釜山

アジアにもどる

  • 特派員プロフィール
  • 上海3特派員

    上海3特派員
    さくぞー
    2006年12月より上海駐在中の主人の元へ、気付けば上海11年目。学生時代は休みの度にリュックと寝袋担いで世界を放浪、今まで行った国は20ヶ国。現在は有り余る時間を有意義に、上海中を徘徊しグルメ情報や日常生活を綴った“上海でなんとか生きてます”をアメーバブログにて執筆中。 DISQUS ID @disqus_qZ7N84k2Ja

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集