海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アジア  > 深セン特派員ブログ > 中国にあふれかえっているレンタル自転車。スマホでス...

中国/深セン特派員ブログ ペッペケ

中国・深セン特派員が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2017年10月16日

中国にあふれかえっているレンタル自転車。スマホでスキャンするだけで乗れる驚きのシステムとは


メール プリント もっと見る

中国にあふれかえっているレンタル自転車。スマホでスキャンするだけで乗れる驚きのシステムとは

中国にあふれかえっているレンタル自転車。スマホでスキャンするだけで乗れる驚きのシステムとは


zitensyatakusan-1.jpg

中国の街中にあふれかえるレンタル自転車

香港から国境を越え、深センに足を踏み入れると目に入ってくるのが大量に停まっている自転車だ。

オレンジ、青、黄色、白、赤など、各色の自転車がいたるところに停まっているのに気が付くだろう。

今、深センだけでなく、中国国内の大都市で、この異様とも思える自転車だらけの光景が広がっている。

この自転車はなんなのか?

中国語では"共享単車"と呼ばれる、レンタル自転車なのである。

今や深セン市内のどこにでも大量に停まっている
zitensyatakusan-2.jpg

驚きのシステム

「なんだ、レンタル自転車か」と思うかもしれない。

確かに、日本にも観光地などでレンタル自転車がある。

でも、中国のレンタル自転車は日本のそれと全く別のシステムで運営されている。

なんと、スマホ一つで借りることができるのだ。

道端に停まっている自転車にはQRコードが付いていて、スマホでスキャンするだけで自動的にリモートでガチャっと鍵が開き、そのまま乗ることができるのである。(※アプリをダウンロードし、事前登録は必要)

車両にはQRコードが付いている
mobike-qr-code.jpg そして、さらに驚かされるのは、公共の道路上であれば、どこにでも乗り捨てることができることだ。

放置自転車問題に厳しい日本ではありえないことだろう。

目的地についたら、自転車を降り、邪魔にならないところに停めて鍵を閉めればそれでオーケーだ。

鍵を閉めればそれでオーケー
mobike-kagisime.jpg 自転車にはGPSが付いていて管理されており、そこまでの利用時間に応じて料金がアプリ上で引き落とされるようになっている。




激安で借りられる

この革新的なシステムにより、人件費がかからないため、ありえないくらいの激安で借りられる。

先日日本に帰った時に、レンタサイクルを見かけた。1時間300円、1日乗り放題で1000円と書いてあったが、まぁ、日本ではこれくらいが普通の値段だろう。

では、中国のこのレンタル自転車はいくらで借りられるのか?

答えは・・・・

・・・

・・・

ほとんどタダ。である。

え?と思うだろうが、本当にほぼタダと言ってよい値段で乗れる。

深セン市内には、レンタル自転車会社が10社ほどあり(一番有名なのは「モバイク」)利用料金は各社異なるが、

そのほとんどが30分当たり0.5元(約7円)~1元(約17円)くらいだ。

はっきり言って、利用料はほとんど気にしなくても良いレベルの安さだ。

この正規利用料金でも十分激安なのに、最近は無料で乗れることも多くなっている。

レンタル自転車会社が多く、各社顧客獲得のため、利用料無料キャンペーンをよく行っているからだ。

私もよく利用しているが、ここ最近ほとんど無料で乗っている気がする。実質ほとんど無料と言っても過言ではない。

本当に便利である。

この黄色いレンタル自転車は「ofo」という会社のものである。深センの塩田 に行ったときに謎のウサギと一緒に撮った写真(笑)
ofo.jpg

レンタル自転車が登場して1年少ししか経っていない

今の深センではなくてはならない交通手段となっているこのレンタル自転車。

今やどこにでも大量に停まってるのが当たり前の光景になっているが、なんと1年ちょっとしか歴史がないのだ。

初めて深センの街にレンタル自転車が登場したのは2016年の半ば。オレンジ色の「モバイク」という自転車が主要な駅などの付近に置かれ始めた。

モバイクの車両
mobike.jpg その後、瞬く間にレンタル自転車会社が参入し、深セン市内はいろんな会社のいろんな色のレンタル自転車であふれるようになったのである。

わずか1年で人々の交通手段が大きく変わってしまった。

中国は本当に変化が早い。

日本では10年ひと昔と言うが、中国では2年もたつと全然違うのである。



乗るためには?

では、乗るためにはどうしたらよいのか。

必要なのはスマホ(中国でネットができるもの)、パスポート、支払いのための電子マネー(微信支付(ウィチャットペイ)、支付宝(アリペイ))だ。

車体本体についているQRコードをスキャンし、アプリをダウンロードしてから、実名登録を行い、デポジットを預ければすぐに使用が可能である。

非常に便利なので、もし中国にある程度の期間滞在するなら、ぜひ利用してみてほしい。


【摩拝単車Mobike完全マニュアル】中国レンタルシェア自転車登録、使用方法、トラブル対策も

レンタル自転車情報カテゴリ

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー
2017年10月16日
« 前の記事「深センの華強北(ファーチャンペー)でスマホ、iPhone、iPadを格安で修理しよう。スマホを無料で直し...」へ
»次の記事「世界最大の油絵村が中国深センにある!世界中のほとんどの油絵がここで書かれている?」 へ
おすすめ記事
    深セン特派員 新着記事
    中国旅行のついでにオーダーメイドのスーツを作ってみる?
    2018年になりました!1月1日の中国深センは?
    深センで気軽に食べられる美味しいチェーンのラーメン店「家家長沙米粉」
    香港深センの空気は実は日本よりきれいだったりする
    香港ディズニーへ行ってみよう!深センからもすぐに行ける!
    深センの冬は結構寒い
    深センで人気のワンタンのチェーン店「老上海雲呑」に行こう
    中国深センのゲームセンターはどんな感じ?日本と変わらない!?

    中国 ツアー最安値


    2018/4/19更新

    中国 航空券情報


    中国旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■中国の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    アジア特派員ブログ一覧

    インドネシア/ジャカルタインドネシア/ジャカルタ2インドネシア/バリ島インドネシア/バリ島2インドネシア/バンドゥンインド/デリーインド/トリヴァンドラムインド/ベンガルールインド/ムンバイウズベキスタン/タシケントカザフスタン/アスタナカンボジア/シェムリアップカンボジア/プノンペンシンガポール/シンガポールシンガポール/シンガポール2スリランカ/コロンボタイ/チェンマイタイ/バンコクタイ/バンコク2ネパール/カトマンドゥバングラデシュ/チッタゴンパキスタン/カラチフィリピン/セブフィリピン/セブ2フィリピン/パナイ島フィリピン/パナイ島2フィリピン/マニラベトナム/ニンビンベトナム/ハノイベトナム/ハノイ2ベトナム/ホーチミンマレーシア/クアラルンプールマレーシア/クアラルンプール2マレーシア/ペナンミャンマー/バガンミャンマー/ヤンゴンモンゴル/ウランバートルラオス/パークセーラオス/ビエンチャン中国/フフホト中国/マカオ中国/上海中国/上海2中国/上海3中国/北京中国/南京中国/広州中国/深セン中国/蘇州中国/香港中国/香港2台湾/北投台湾/台北台湾/台北2台湾/高雄東ティモール/ディリ韓国/ソウル韓国/ソウル2韓国/済州韓国/釜山

    アジアにもどる

    • 特派員プロフィール
    • 深セン特派員

      深セン特派員
      ペッペケ
      「ペッペケ」と申します。日本で社会人時代を数年過ごした後、中国の深センにやってきました。深センは香港のすぐ隣にある発展著しい熱い都市です。香港旅行のついでに来ることもできます。現地から深センの様子をお伝えできれば幸いです。ブログはこちら DISQUS ID @disqus_eAjn7MPOMr

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集