海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 日本国内/滋賀特派員ブログ

日本国内/滋賀特派員ブログ FUNAZUSHI-MARU

日本国内・滋賀特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

春の風物詩・ホンモロコ釣り
ホンモロコってご存知ですか?


元は琵琶湖固有種で、大きいものでも14㎝くらいにしかならないコイ科の淡水魚です。
琵琶湖の特産として「琵琶湖八珍」 という形でも紹介されています。


淡白でクセが無く淡水魚独特の臭みも少ない非常に美味しい魚で、京都の料亭などでも珍重されています。
昔は漁獲量は多かったのですが、近年ではかなり減ってしまい高級魚となってしまいました。


琵琶湖のホンモロコは3月から5月にかけて産卵のために浅場へと移動してきます。
特に3月から4月上旬にかけての子持ちのメスは柔らかく最高に美味しいと言われ、これを狙って多くの釣り人が県外からも沢山集まってきます。
私も友人に誘われ、この琵琶湖の春の風物詩「ホンモロコ釣り」にチャレンジしてきました!




mo01_R.JPG

竿を出したのは琵琶湖から少し離れた内湖の入り口。ここは休日なら釣り人がズラッと並ぶような人気の場所です。


mo03_R.JPG

「ぶっこみ仕掛け」と言われる小さな針がたくさんついた仕掛けで、一番下に重りをつけるようになっています。
仕掛けの針に赤虫という餌を付け、投げ込んでアタリを待ちます。


mo04_R.JPG

釣り糸を張って竿先の動きを注視していると...、

しばらくして「チョンチョンッ」と動きました。
ゆっくりと竿を上げてみると、手元にココッと小さな生命感が伝わってきます。


mo05_R.JPG

焦らないように巻き上げていくと、白く光る小さなホンモロコが釣れていました。
初めてのホンモロコ釣りでの天然ホンモロコとのご対面! 特別テクニックが必要な釣りではないのですが最初の一匹って嬉しいもんですね。




琵琶湖八珍・ホンモロコを食す

釣ったホンモロコは大事に持って帰ります。
できればエアーポンプなどを使って生きたまま持って帰ることで泥を吐かせることができ、より美味しく食べられますよ。


最もホンモロコの美味しさを堪能できるのは「素焼き」。


mo06_R.JPG

七輪の炭火焼が最高です。写真のように頭をアミに突っ込んで焼くと、頭までカリっと香ばしく食べられます。


mo07_R.JPG

二杯酢やショウガ醤油に付けて食べるのが基本ですが、醤油を塗りながら焼いたのも絶品!
ホントに手が止まらないくらい美味しい!
うちの子供たちも取り合いになるくらいです。


春の琵琶湖ではこんな楽しみ方も...。
海釣りとは違ったノンビリした琵琶湖で、春の恵みを味わってみてください。

※4月1日からは一部の河川などで禁漁となります。大変貴重な琵琶湖の水産資源ですので、ルールを守って楽しみましょう。


2020年3月26日
忍者の里の中心地
甲賀と言えば、伊賀と並んで忍者の住んでいた場所として有名です。 実際この二つの地域は、現在は滋賀と三重の2県に分かれているものの隣り合って存在しています。


甲賀の忍者と言われた人々は普段は農業や林業に勤しみ、いざとなれば滋賀に残る城跡1300の内、甲賀内に230か所もあると言われる城に籠って戦ったのです。
彼らの地域では飛びぬけた力を持つ領主は存在せず、「甲賀郡中惣」と言われるような地域の小集団が複数まとまった形で自治を行っていたのです。
(彼らの城などについての記事はこちら


そんな彼らの信仰の中心であり、話し合いの場でもあったのが甲賀の総社と言われたのが「油日神社」なのです。




油日神社とは

so01_R.JPG

JR草津線の滋賀県側の最後の駅「油日駅」から約400mほど先に一の鳥居が現れます。ここから約2㎞弱のところに油日神社はあります。


so02_R.JPG

近くにある油日岳が御神体の油日神社。その昔油日岳に大明神が降臨し、油の火のような光を発したということから「アブラヒ」大明神として祀られたのが由縁のようです。


so03_R.JPG

油日神社と言えば、この立派な楼門が有名。
というのも近年は映画やテレビのロケ地になることが多く、知らず知らずの間にあなたも油日神社を見たことがあるかもしれませんよ。


so04_R.JPG

楼門から続く回廊が特徴的な造りとなっており、飾り気はないものの質実剛健な雰囲気はまさに甲賀武士の信仰を集めた場所という感じが伝わってきます。
このシンプルな雰囲気が他の神社にはないロケーションとして映画のシーンに合うのでしょうね。


so05_R.JPG

境内には「甲賀歴史民俗資料館」というのもありますが、こちらは事前予約が必要となっています。




4月の中旬にもなると、神社参道には「鬱金桜(うこんざくら)」と言われる黄色い桜が咲くそうです。
こちらも是非見てみたいですね。




新型コロナウイルスの影響がなかなか収束しないですが、滋賀の各地でも春の本番を迎えつつあります。
滋賀では現在コロナウイルス感染者が少数で落ち着いているため、現在閉館している県各地の施設も3月25日より徐々に開館するそうですよ。
なかなかお出かけが難しい今、人ごみの少ない(笑)滋賀でゆったりとした旅を楽しんでみてください。




【油日神社】
〇場所: 滋賀県甲賀市甲賀町油日1042
〇TEL:0748-88-2106
〇HP:http://www.aburahijinjya.jp/index.html
〇アクセス:
 新名神 甲賀土山ICから約20分
 JR草津線 油日駅下車徒歩30分 




2020年3月24日
新型コロナウイルスの影響
新型コロナウイルスの影響で各地のイベント中止や、観光地のお客さんも激減していることと思います。 私の関わる自転車イベントもたくさん中止となってしまいましたし、普段通勤で歩く京都駅もガラガラ……。 外に出にくいこんなときだからこそ、せめてネット上だけでも旅気分を盛り上げていきたいものです。


さて、今回ご紹介するのはドラマもいよいよ終盤に差しかかってきた『スカーレット』の舞台である信楽。
ドラマ開始当初にも3本にわたって紹介しましたが、実は前から行けてなくて行きたかった場所があったのです。

【過去記事はこちら】
・新・朝ドラの舞台「信楽」へ行ってきた!~信楽高原鉄道編
・新・朝ドラの舞台「信楽」へ行ってきた!~窯元散策編(1)
・新・朝ドラの舞台「信楽」へ行ってきた! ~窯元散策編(2)


それが、使われなくなった登り窯をカフェに改装したという「登り窯カフェ」


この間朝ドラを見続け、私自身がすっかり信楽ファンになりつつあるなか、ついに行ってきました!




登り窯カフェ

caf01_R.JPG

場所は信楽の中心地、長野にある奥田忠左衛門窯さんが運営されている「信楽陶芸村」のなかにあります。


caf02_R.JPG

陶芸教室などの建物を過ぎてなかへ入ると、信楽らしくたくさんのかわいい狸がお出迎え!
ちなみに登り窯カフェは事前予約が必要。当日までに電話で予約してくださいね。
この狸たちの上の建物で予約のことを告げて、ドリンクなどの注文、会計を先に済ませるスタイル。


caf03_R.JPG

登り窯は全11部屋の焼成室に分かれており、自分たちの部屋を写真のような紙で示してくれます。
ではではさっそく行ってみましょう!




caf04_R.JPG

奥の方にいくつもの穴が空いた登り窯が見えてきました。なかなかいい雰囲気です。


caf05_R.JPG

部屋のなかにはクラッシックな雰囲気のテーブルが……。まるで海外の洞窟レストランのような感じ!


caf06_R.JPG

ここは果たして日本? ほんとに信楽か?って感じすらしてきますね。
緋色に焼けた壁もここが平成の頃まで現役で使われていたことを物語っています。


caf08_R.JPG

足元にも穴が空いています。これは陶器を焼くときの火の通り道。
一番下で焚かれた火の熱はこの穴を通って、一番上まで届いていくのです。さしずめわれらは信楽焼のタヌキ?


caf07_R.JPG

今回はコーヒーをいただきました。もちろんコーヒーカップなどの食器は信楽焼です。
デザートは近くの山田牧場から取り寄せたバームクーヘンなどが楽しめますよ。




caf10_R.JPG

団体旅行には厳しい状況ですが、ゆっくりのんびりひとり旅なんてのはいいんじゃないでしょうか?
混雑を避けて信楽の登り窯で自分を見つめ直す旅、たまにはそんな楽しみ方もいいですよ。




【登り窯カフェ(奥田忠左衛門窯「信楽陶芸村」】
・場所: 滋賀県甲賀市信楽町長野1131
・TEL: 0748-82-0522
・URL: http://tougeimura.jp/index.html
・アクセス:信楽高原鉄道「信楽駅」から徒歩10分/新名神高速「信楽IC」から車で10分 


2020年3月 8日
2020年2月24日
2020年2月12日
2020年2月11日
2020年2月 9日
⇒すべての記事を見る

近畿旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■滋賀県の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

日本国内にもどる

  • 特派員プロフィール
  • 滋賀特派員

    滋賀特派員
    FUNAZUSHI-MARU
    古より湖と街道の国だった近江。趣味の自転車で走るうち、そんな地元の魅力を再発見し日々ブログにて発信しています。東京から滋賀へと続く東海道・中山道は自転車で走破。五街道制覇が当面の目標です。守山市、草津市を中心に自転車で滋賀の魅力を届ける活動もしています!
    ブログ:FUNAZUSHIの国から.work
    びーもサイクル協議会HP DISQUS ID @disqus_IL7NPPr8QW

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集