海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 日本国内/滋賀特派員ブログ

日本国内/滋賀特派員ブログ FUNAZUSHI-MARU

日本国内・滋賀特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

こんにちは、フナズシマルです。


滋賀の紅葉第三弾は、甲賀市信楽の奥、三重県・伊賀市との県境にほど近い場所にある「多羅尾代官陣屋跡」です。


ta01.JPG

明智光秀の謀反とされる本能寺の変のとき、堺にいた徳川家康の一行が危機を感じ宇治田原から甲賀、伊賀を越えて三河へ逃げ帰ったという「神君伊賀越」。
この多羅尾代官陣屋を任されていた多羅尾氏は、かつて14代光俊が伊賀越に際して家康を助けたことからこのあたりの所領を与えられたと言われています。


ta02.JPG

ここは昭和初期まで建物が残り、代官所として機能していたようです。
入口のところには、その当時の白黒写真を彩色したパネルが設置されています。


この多羅尾代官所跡は、私有地のため普段は立ち入り禁止になっていますが、春と秋に一般公開されています。
この秋は2020年11月30日までが公開期間です。なかなか貴重な場所ですね。


では写真で、多羅尾代官陣屋跡の紅葉の様子をご覧ください。




ta03.JPG


ta04.JPG

ほぼ人が足を踏み入れていない敷地は、落ち葉の赤い絨毯がびっしりと敷き詰められていました。
石垣もほぼ当時のままです。


ta05.JPG


ta06.JPG

古びた蔵がいい雰囲気を醸し出しています。
敷地内にはいまは使われていない建物や古井戸なども......


ta07.JPG


ta08.JPG

以前は水をたたえていたであろう庭園の池跡がありました。
いまは水の代わりに落ち葉が池を満たしています。


ta09.JPG

建物があった当時の写真パネル。 


ta10.JPG

誰もいない、誰の足跡もない紅葉の絨毯をひとしきり歩く、贅沢な時間......。
ここに居ると紅葉によって人間の痕跡がタイムカプセルにように包みこまれ、そして自然へと還っていく。そんな営みの途中へと、足を踏み入れた感じがしました。


滋賀の紅葉は、実はこういった場所の方こそ滋賀らしいのです。
あまり人目にも触れず、歴史を包み込みながら静かに秋が経過していく場所......。


そんなすてきな場所の時間を、少し切り取って見ることができた今回の紅葉巡りでした。




ta11.JPG

近くには三国峠があり、伊賀方面を一望できる絶景もありますよ。




【多羅尾代官陣屋跡】
・住所: 甲賀市信楽町多良尾
・秋の一般公開: 2020年10月1日〜11月30日
※一般公開の日程はFacebookで最新情報を確認してください
・URL: https://www.facebook.com/taraoku
・問い合わせ: 多羅尾地域市民センター 0748−85−0001




2020年11月25日

やっぱり穴場&マニアック好きなフナズシマルです。
湖東三山のすぐ近くに、知る人ぞ知る紅葉の隠れた名所があります。


それが、白鹿背山巨徳院 東光寺です。


toko1.JPG

東光寺山門 撮影:Funazushi-maru


百済寺と同じく、聖徳太子の創建と寺に伝わります。


toko2.JPG

東光寺山門 撮影:Funazushi-maru


湖東三山に隠れてあまり目立ちませんが、紅葉シーズンになると誰かしらから「行ってよかったよ」という声を聞きます。
この日初めて訪れてみましたが、百済寺と同じくまだちょっと紅葉には早いようですね。


toko3.JPG

境内全景 撮影:Funazushi-maru


と思ったら、境内中央の大きなイチョウが見事な黄色に染まっていました。




では、写真で東光寺のいまの様子をお伝えしましょう。


toko4.JPG

東光寺本堂 撮影:Funazushi-maru


toko5.JPG

鐘楼から薬師堂を見上げる 撮影:Funazushi-maru


toko6.JPG

薬師堂 撮影:Funazushi-maru


toko7.JPG

薬師堂 撮影:Funazushi-maru


toko8.JPG

本堂 撮影:Funazushi-maru


toko9.JPG

本堂から山門を観る 撮影:Funazushi-maru




toko11.JPG

toko10.JPG

本堂の威容、薬師堂や鐘楼の存在感、灯籠の形など、とても雰囲気のあるお寺です。
もう少し木々が色づけば、きっとすばらしい紅葉を喧騒を避けて楽しめるでしょう。
もう少ししてからまた来ようっと。


東光寺への道がたいへん狭いので車でお越しの際は注意してください。
山門の手前の橋を渡ったところに駐車できる広場がありますので車はそちらへ。
駐車場代金および拝観料はありません。




■白鹿背山巨徳院 東光寺
・住所: 東近江市平尾町718
・アクセス: 車で名神八日市ICより約30分





2020年11月13日
滋賀の紅葉の王道へ
こんにちは、地球の歩き方WEB滋賀特派員のフナズシマルです。 11月に入り、私の自宅のある草津市でも朝晩は冷え込んできました。そうなるといよいよ紅葉シーズンですね。 ということで、現在の滋賀の紅葉状況をお伝えしたいと思います。


滋賀にもいくつか有名な紅葉スポットがありますが、地球の歩き方ではこれまでマニアックなスポットばかりを取り上げてきました。でも今回は王道で攻めてみます。
今回訪れたのは湖東三山・百済寺


hyaku12.JPG

苔むした表参道 撮影:Funazushi-maru


hyaku13.JPG

本坊エリア 撮影:Funazushi-maru


季節的に普段なら大型バスが押し寄せ多くの観光客でにぎわっているのですが、雨だったこともあるのか、9時30分という時間が早かったのか、ほとんど誰もいません。


木々の色づきはまだ紅葉が始まったばかりという感じでしょうか……?
そんな珍しく人のまばらな百済寺に入っていきましょう。こんなチャンスは滅多にない!




本坊エリア

本坊庭園に入っていくと……




hyaku01.JPG

色づき始めた本坊庭園へ 撮影:Funazushi-maru


hyaku02.JPG

本坊喜見院より本坊庭園を観る 撮影:Funazushi-maru


まだ緑の割合が多いものの、この時期らしいカラフルな庭園が姿を現しました。
真っ赤な景色もきれいですが、差し色的に入る赤もきれいですね。


hyaku03.JPG

遠望台からの眺め 撮影:Funazushi-maru


庭園の上は「遠望台」があり、本坊エリアを上から眺められるだけでなく、その奥には遠く琵琶湖まで見渡せます。この日はあいにくの雨で真っ白でしたが……。




仁王門・本堂エリア

hyaku04.JPG

参道から仁王門を見上げる 撮影:Funazushi-maru


順路に沿って進むと、仁王門が現れます。


このあたり、お城のような石垣が多く見られます。実際にこの百済寺はお城にもなっていたようですよ。


hyaku14.JPG

仁王門には百済寺のシンボル、大きな草鞋がかけられており見所のひとつになっています。
元は仁王様の草鞋として50cm程度のものだったのですが、足の健康を祈る人々の願いとともに大きくなって、いまでは3mの巨大な草鞋が門の両側にかけられています。




hyaku05.JPG

百済寺 本堂 撮影:Funazushi-maru


hyaku06.JPG

鐘楼と千年菩提樹 撮影:Funazushi-maru


仁王門を過ぎると木々の間から本堂が浮かび上がりました。
本堂裏の「千年菩提樹」は、信長の焼き討ちにも耐え1000年間この場所から百済寺の移ろいを見続けています。




百済寺グルメ

hyaku09.JPG

かつて百済寺が「東洋一の寺院」「地上の天国」と称されていた頃、この場所で清酒の起源である僧坊酒が作られていました。
長らく途絶えていたのですが、2017年に復活プロジェクトが始まり、再び作られるようになりました。


百済寺樽プロジェクトのウェブサイト


hyaku10JPG.JPG


hyaku11.JPG

いつもの花より団子。
駐車場前のおみやげ屋さんはこの時期は松茸の香りに包まれていました。思わず松茸ご飯(600円)と味噌田楽(200円)を購入。
松茸がたっぷり入っていました。


蓬餅(400円)も毎朝手作りされて、こちらで販売されています。




2020年の滋賀は若干紅葉の進みが早いような感じがします。寒さが増せば一気に真っ赤な世界に変わるかも。
さあ、滋賀の秋を見つけにきてください。


hyaku08.JPG




【釈迦山 百済寺】
・住所: 滋賀県東近江市百済寺町323
・電話: 0749-46-1036
・営業: 8:00~17:00
・拝観料: 大人 600円
・アクセス: (公共交通)近江鉄道八日市駅からバスで約30分/(車)名神八日市ICから車で約12分
・駐車場: 220台




2020年11月11日
2020年10月26日
2020年10月17日
2020年10月13日
2020年9月24日
⇒すべての記事を見る

近畿旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■滋賀県の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

日本国内にもどる

  • 特派員プロフィール
  • 滋賀特派員

    滋賀特派員
    FUNAZUSHI-MARU
    古より湖と街道の国だった近江。趣味の自転車で走るうち、そんな地元の魅力を再発見し日々ブログにて発信しています。東京から滋賀へと続く東海道・中山道は自転車で走破。五街道制覇が当面の目標です。守山市、草津市を中心に自転車で滋賀の魅力を届ける活動もしています!
    ブログ:FUNAZUSHIの国から.work
    びーもサイクル協議会HP DISQUS ID @disqus_IL7NPPr8QW

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集