海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 日本国内/滋賀特派員ブログ

日本国内/滋賀特派員ブログ FUNAZUSHI-MARU

日本国内・滋賀特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。


菌(キン)


と聞くと、カビ・ばい菌などの不衛生なイメージや酵母などの人間生活に役立つ微生物といったものまで、何かちょっと怪しげなものといったイメージを抱いたりします。


ちなみにこの「菌」。訓読みは何と呼ぶか?


「キノコ」なんですよ。


そう、あのおいしいマツタケやシイタケから猛毒のテングタケなどもたしかに菌。
そんな「菌(キノコ)」の神社が、滋賀県栗東市にあるのです。




ku01_R.JPG

そのキノコの神社の名は「菌神社」。はい、ストレートなネーミングですね。
ただ菌と書いて、「くさびら」と読みます。


ku02_R.JPG

飛鳥時代の637年に舒明天皇によって勧請された大変歴史ある神社です。
創建当初は「口狭比良大明神」とか、室町時代には「草平大明神」とも呼ばれたこともあります。


ku03_R.JPG

その昔、この地が大飢饉に襲われたとき竹田折命が田植えしようとしたところ、一夜にして一面キノコだらけになり民が救われたということから、竹田折命は菌田連(クサビラタノムラジ)の姓を賜ったとの古事があり、それがこの神社の由来となりました。


ku04_R.JPG

決して大きな神社ではありませんが、地元の方に大事にされているのか境内は綺麗に整えられています。
キノコを祀った神社は日本ではここだけ。そういうわけで全国の菌に関わるお仕事をされている方々の崇敬を受けているようです。


御朱印は草津市の「伊砂砂神社」にていただくことができますよ。




【菌神社】
〇場所:滋賀県栗東市中沢
〇TEL:077-551-0126(栗東市観光物産協会)
〇アクセス:
 JR琵琶湖線 「栗東駅」 下車 徒歩 15分
 道31号栗東支那中線「苅原」交差点を南西へ。葉山川の横 




2020年1月18日

明けましておめでとうございます。
2020年も引き続き滋賀の渋くてマニアックなスポットを中心にご紹介していきますので、どうかよろしくお願いいたします!


今年最初にご紹介するのは、近江八幡市にある「沙沙貴神社」(ささきじんじゃ)。
蝋梅(ろうばい)が見頃を迎えつつあるとの情報を得て、新年最初の記事にしたく行ってまいりました!


sa01_R.JPG

境内へ入ると、さっそく黄色い半透明の花をつけた蝋梅がお出迎え。あたりにはなんとも良い香りが漂います。
ちなみに蝋梅とは、花の付き方や花弁の大きさが梅に似ていますが、梅とは種類が違うものです。


sa04_R.JPG

黄色く半透明な花弁は独特のにぶい艶があり、まるで蝋細工のよう。だから「ろう」梅なのですね。


sa06_R.JPG

沙沙貴神社の境内にある蝋梅には2種類あり、上の写真は京都御所から株分けされたという「ソシンロウバイ」と言われる品種。
わずかに花弁の先が外に広がり内側の雌しべあたりは紫色になってます。


sa05_R.JPG

ソシンロウバイよりも花弁の黄色が濃く、鞠のように丸い形になっているのが「マンゲツロウバイ」。
こちらは氏子さんから寄贈されたものだそうです。満月のようにクルッと丸くなっているのが非常に愛らしい花ですね。


では、沙沙貴神社の紹介もしておきましょう。


sa02_R.JPG

安土城で有名な安土の地に沙沙貴神社はあります。
この神社は、古代の豪族・狭狭城山君や佐佐木源氏によって氏神として崇敬されていました。
戦国時代好きな方なら、守護大名だった佐々木六角氏はご存知かと思いますが、その佐々木一族です。

実は、全国の「佐々木」姓はここから全国へと広がっていきました。
源流となる佐々木源氏の系譜には、主なところで六角氏や京極氏の他にも秀吉の軍司である黒田官兵衛や、杉田玄白、間宮林蔵、そして乃木希典や俳優の佐々木蔵之介さん(笑)も佐々木一族だそうです。そんな全国の佐々木さんから年間通じて参拝されている神社なのですね。


sa07_R.JPG

本堂の後ろ側には十二支の石像が並ぶ「干支の庭」があります。
今年の主役は「ねずみ」。可愛らしく、お花で飾られてました!


sa08_R.JPG

十二支が揃う「干支守り」もありましたよ。




全国の佐々木さん、沙沙貴神社へ名前のルーツを探しにきてみてはいかが?
もちろん佐々木さん以外もどうぞ。




【沙沙貴神社】
住所:滋賀県近江八幡市安土町常楽寺一番地
TEL:0748-46-3564
HP:http://sasakijinja.or.jp/index.html
電車:JR琵琶湖線安土駅徒歩15分
車:名神高速 竜王ICより20分




2020年1月 6日
タニラー?の聖地
旧鎌掛小学校から徒歩3分、鎌掛集落のさらに奥へと入ったところに「LahainaGarden(ラハイナガーデン)」という名前のカフェがあります。


la01_R.JPG

ひっそりとした昔ながらの町並みの鎌掛に、突然現れる南国感あふれるカラフルな空間。
「ラハイナ」とは、昔ハワイ王国の首都でもあったマウイ島にある町のこと。現地語で「照り付ける太陽」を意味します。


la02_R.JPG

カフェの敷地に入るとガーデンスペースになっており、いたるところに何やら不思議な植物の鉢植えが…。


la04_R.JPG

置いてあるのはたくさんの「多肉植物」たち。


多肉植物とは…
葉、茎または根の内部の柔組織(じゅうそしき)に水を貯蔵している植物の総称である。砂漠や海岸のような乾燥地帯に生育するものが多い
(Wikipediaより)


良く知っているものでは、サボテンやアロエなんかも多肉植物の仲間です。
こちらのカフェのオーナー、以前から多肉植物の寄せ植えなどを趣味にされていたのですが、SNSなどを通じて発信した結果、全国に興味を持つ人たちが広がったそうです。そんな多肉植物好きの人たちのことを「タニラー」と呼んでいると教えていただきました。




多肉植物愛あふれるカフェ

la03_R.JPG

田舎暮らしをキッカケに、「タニラー」の交流の場を作ろうと2019年11月11日11時11分11秒に(多肉カフェ&週末バルLahainaGarden)をオープンしました!


la05_R.JPG

ご夫婦おふたりでコツコツと手作りされたすてきな店内は、なんだか凄く落ち着きます。


la06_R.JPG

グラスやコースターにもオーナーのこだわりが感じられ、多肉植物の世界観が表現されていますね。


la07_R.JPG

この日は日替わりランチを頂きました。ライスとスープがおかわり自由なのはガッツリ食べたい男性でもうれしいポイント!


la08_R.JPG

もちろん女性がうれいいスイーツも、特製の「鎌掛プリン」のほか、手作りのケーキなど魅力的なメニューがいろいろありますよ。
週末はバルが開催されていて、バルマスターおすすめのおいしい滋賀の地酒などをいただくことができます。夏場ならガーデンスペースで多肉植物に囲まれながら、星いっぱいの綺麗な夜空を眺めて過ごすなんてすてきすぎますね!




la09_R.JPG




御代参街道・鎌掛宿。
滋賀の中でも知る人ぞ知るマニアックなエリアですが、すてきなところは探せばあるものです。
今回ご紹介した「LahainaGarden」さんのある鎌掛、しゃくなげやダリアと共に、気が付けば「タニラーの聖地」としてマニアックではなくなっているかもしれませんね。




【LahainaGarden(ラハイナガーデン)】
〇場所:滋賀県蒲生郡日野町大字鎌掛2373
〇TEL:090-9862-2373
〇HP:https://www.facebook.com/lahainagarden/
〇アクセス:
 近江鉄道本線 日野駅 レンタサイクルで 36分
 近江鉄道本線 日野駅 タクシー(車)で 12分




2019年12月20日
2019年12月14日
2019年12月 9日
2019年12月 3日
2019年11月29日
⇒すべての記事を見る

近畿旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■滋賀県の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

日本国内にもどる

  • 特派員プロフィール
  • 滋賀特派員

    滋賀特派員
    FUNAZUSHI-MARU
    古より湖と街道の国だった近江。趣味の自転車で走るうち、そんな地元の魅力を再発見し日々ブログにて発信しています。東京から滋賀へと続く東海道・中山道は自転車で走破。五街道制覇が当面の目標です。守山市、草津市を中心に自転車で滋賀の魅力を届ける活動もしています!
    ブログ:FUNAZUSHIの国から.work
    びーもサイクル協議会HP DISQUS ID @disqus_IL7NPPr8QW

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集