海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 日本国内/滋賀特派員ブログ

日本国内/滋賀特派員ブログ FUNAZUSHI-MARU

日本国内・滋賀特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。


滋賀では珍しい松坂スタイルの❝とりやき❞
先日のサイクリングのランチに寄ったのが、五個荘町にある「とりやきサントリ食堂」


santori1.JPG

❝やきとり❞ではなく、❝とりやき❞とあるのがポイント。


santori2.JPG

店内はオープンからまだ日だ経っていないのか、キレイで居心地の良い感じ。


santori3.JPG

焼き鳥と言えば鶏肉を串に刺して焼いてあるものですが、こちらの❝とりやき❞は焼肉のようにテーブルに設置されたロースターで自分で焼くスタイル。
サイクリング仲間に三重県松坂出身のHさんがいるのですが、Hさん曰く松坂は「松坂牛」で有名ですが、地元民はもっぱらこの❝とりやき❞が松坂の定番なんだそう。


この日はとりやきの単品(親と若)と「ライスセット」500円(ライス中、スープ、サラダ、小鉢)にしました。


santori4.JPG

目の前で鶏を焼いていると、ランチですが思わずビールが欲しくなりますね...。でも、自転車も飲酒運転はいけません!
そんな人のためにしっかりノンアルビールも置いてありますよ。


santori5.JPG

やわらかい若鳥ももちろん美味しいですが、私的には親鳥が好み。親鳥はその独特の歯ごたえと、噛めば噛むほど染み出してくるダシのような旨みが特徴。私は年に数回は親鳥だけを買ってきて七輪で焼くのが大好きなだけに、メニューに親鳥があるなら注文しないわけにはいきません!


santori6.JPG

ライスセットにはスープ、サラダ、小鉢にこの日は手羽先も付いてきました。すっかりお腹いっぱいになって大満足です。


❝とりやき❞サントリ食堂、おススメです!




【とりやきサントリ食堂】
〇場所:滋賀県東近江市五個荘北町屋町151-1
    五番街C
〇TEL:0748485311
〇HP:https://foodplace.jp/santori/
〇アクセス:
 近江鉄道五個荘駅から徒歩15分
 国道8号線沿い駐車場27台




2019年7月23日
メジャー寺院
日本の紅葉の名所百選にも選ばれている「湖東三山」(湖東三山=滋賀県湖東地域の甲良町、愛荘町、東近江市にある3つの国宝寺院。西明寺・金剛輪寺・百済寺)に、Funazushi-maruは行ったことがありませんでした。なのでもちろん地球の歩き方でも紹介したことがありません。 どうにも有名どころを避けてしまう天邪鬼な性格のせいか…、単に有名どころは情報量が多いので別に私が紹介しなくても…なんて思ってしまったり。 ただでさえ滋賀県というだけでもマイナーな場所なのに、さらにその滋賀県のマイナースポットばかりに光を当てるのは見てもらってナンボのブログサイトとしては致命的な欠点かもしれませんね。地球の歩き方事務局からは今のところ特に注意はありませんが…。


先日友人にお誘いいただいたサイクリングの行先に、「湖東三山」の一つ「金剛輪寺」がありました。得てしてそんなふうに誰かの案がキッカケになるもんです。Funazushi-maru、ついに滋賀のメジャー観光スポット「金剛輪寺」へ足を踏み入れるに至り、皆様に紹介できる機会を得ることとなりました。




湖東三山・金剛輪寺

1kongo.JPG

金剛輪寺は正式名「松峰山 金剛輪寺」。滋賀県愛知郡愛荘町にある創建1200年を数える天台宗の寺院です。開山したのは奈良の大仏を建立した聖武天皇と行基菩薩と伝わります。


2kongo2.JPG

写真って紅葉の時期なら天気の良い日が一番キレイに写りますが、緑が深まるこの季節、実は薄く曇った梅雨空と雨露に濡れた寺院の境内は、より緑が綺麗に映えるんです。この日も水滴を含んだ苔が光るような緑色を発して生命力に満ちた景色が広がっていました。


3kongo.JPG

紅葉で有名は金剛輪寺ですが、境内では様々な花が季節ごとに楽しませてくれます。
意外にもアジサイの寺とも言っても良いくらい、この時期の境内は至る所にアジサイの花が咲いていました。


4kongo.JPG

最近は青モミジを見るツアーなどがちまたのパンフレットにも多く紹介されていますが、ここ金剛輪寺の明寿院庭園も青モミジに包まれて、訪れた人の目も心もしっとりと癒してくれます。


5kongo.JPG

歴史ある寺院の、こういった落ち着いたしっとりとした雰囲気が私は好きです。
本堂までの道のり、赤い前掛けを掛けたお地蔵様が並んで、薄暗い緑の中に一層赤色が映えます。




梅雨の季節が似合う寺

6kongo.JPG

本堂へと続く「二天門」。石段の両脇にはアジサイと青モミジの競演です。
二天門にある大草鞋は湖東三山寺院の特徴でもあります。最も大きくて代表的なものは「百済寺」のもので、3メートルもあるそうです。


8kongo.JPG

本堂の周囲にはアジサイが咲き乱れていました。


7kongo.JPG

緑の奥にそびえる三重塔。その足元もアジサイが彩っています。
こんなにも梅雨の季節が似合う場所だったとは知りませんでした…。滋賀特派員としてはまだまだ勉強不足ですね。


今後は反省して、もう少し有名どころも行くようにします…。




【松峰山・金剛輪寺】
〇場所:滋賀県愛知郡愛荘町松尾寺873番地
〇TEL:0749-37-3211
〇HP:http://kongourinji.jp/
〇アクセス:
 JR琵琶湖線「稲枝駅」下車 タクシーで15分
 名神高速「湖東三山スマートインター」より車で1分 




2019年7月14日

まだ梅雨真っ最中の滋賀県。降水確率の下がった週末、これはチャンスとサイクリングに出かけました。
ただ朝から空の色は灰色ですが、梅雨時なので雨さえ降らなければ十分です。


2himawari.JPG

終日曇り空のサイクリング、最後に立ち寄った東近江市の道の駅「あいとうマーガレットステーション」。国道を挟んで向かい側の畑を見ると、一面黄色い花がキラキラと咲き乱れていました。


1himawari.JPG

ここは「あいとうマーガレットステーション」のヒマワリ園。入園は無料となっていて、200円で5本までの摘み取り体験ができます。


3himawari.JPG

気が付けば空は青に変わり、太陽がギラギラと輝く夏が広がっていました。
その燦燦と降り注ぐ夏の太陽光線に照らされると、ヒマワリは生き生きしてきますね。思わず太陽と一緒に写真に収めたくなってしまいました。
やっぱりヒマワリには太陽が良く似合う!


5himawari.JPG

よく考えたらもう7月、今年の滋賀県はなぜか朝晩が秋のように肌寒い日が続いていますが、夏は確実にそこまで来ているのですね。


4himawari.JPG

なぜか秋の花、秋桜もヒマワリに混じって咲いています…。黄色の中にピンクの差し色が綺麗ですね。


7himawari.JPG




さあ、楽しい夏がやってきましたよ!




【あいとうマーガレットステーション】
〇場所:滋賀県東近江市妹町184-1
〇TEL:0749-46-1110
〇HP:http://www.aito-ms.or.jp/
〇アクセス:
 JR近江八幡駅より近江鉄道に乗り換え八日市駅下車、ちょこっとバス(愛東線)で約20分マーガレットステーションもしくは愛東支所下車
 名神高速八日市インターより約4.5km(約7分) 





2019年7月 8日
2019年7月 4日
2019年6月30日
2019年6月16日
2019年5月23日
⇒すべての記事を見る

近畿旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■滋賀県の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

日本国内にもどる

  • 特派員プロフィール
  • 滋賀特派員

    滋賀特派員
    FUNAZUSHI-MARU
    古より湖と街道の国だった近江。趣味の自転車で走るうち、そんな地元の魅力を再発見し日々ブログにて発信しています。東京から滋賀へと続く東海道・中山道は自転車で走破。五街道制覇が当面の目標です。守山市、草津市を中心に自転車で滋賀の魅力を届ける活動もしています!
    ブログ:FUNAZUSHIの国から.work
    びーもサイクル協議会HP DISQUS ID @disqus_IL7NPPr8QW

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集