海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 日本国内/滋賀特派員ブログ

日本国内/滋賀特派員ブログ FUNAZUSHI-MARU

日本国内・滋賀特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。


メール プリント もっと見る

9月に入り滋賀の田んぼでは稲刈りがもう終盤となっています。
そんな秋の風景を感じようと、自宅から割と近い「棚田」に嫁を誘って見に行きました!


滋賀で棚田と言えば、日本の棚田百選に選ばれている高島市の「畑の棚田」ですが、
今回訪れたのは大津市北部にある仰木地区、ここに珍しい馬蹄型の棚田があるんです。


琵琶湖大橋のある堅田から京都方面へ国道477号(別名:レインボーロード)を進んでいくと
すぐに比叡山や比良山の山並みが美しい、里山の風景になります。
まずはここから左手に広がる伊香立地区に。
集落を抜け、しばらく行くと広大な景色が広がる場所に出ます。


1ikadachi.jpg

伊香立向在地という地区に広がる田んぼですが、比叡山の麓に広がる緩やかな丘陵地帯となっており、
びわ湖スカイパークパラグライダースクールのパラグライダーの飛行場所にもなっています。

2ikadachi.jpg

丘陵地の奥まで行って景色をみると、なだらかに広がる田んぼの先に比良の山並みが雄大な裾野を広げており開放感が素晴らしい!
ちょうどパラグライダーで空の散歩中のところを撮りましたが(わかるかな?)、めっちゃ気持ちよさそうです。

3ikadachi.jpg

角度を変えてみれば、遠くには琵琶湖の湖面も望めます。
山と田と湖、大自然に包まれる風景・・・・。しばらく眺めたくなりますね。

さて、伊香立からさらに進むと仰木地区に入ります。里山の間の道が適度なアップダウンを加えながら進むのですが、
自転車でこの道を走るとホント気持ちいいんです!

4ougi.jpg


で、いよいよ仰木の棚田にたどり着きました。
ちょうど上の写真の車が止まっているところから脇道を登っていくと・・・


5ougi.jpg

ありました!
これが仰木の馬蹄形の棚田です。
ちょうど稲刈りの途中なのか、馬蹄形の周りの細い田んぼだけ稲刈りが済んでいました。


6ougi.jpg

まわりにも変わった形の棚田がありますね。

7sakura.jpg

馬蹄形棚田の脇にある一本桜。これが花咲く季節にも来てみたいものです・・・。


8ougi.jpg

ここからも田んぼの向こうに琵琶湖が見えます。
これらの棚田は比叡山の山系から流れる天神川に流域に作らており、川は琵琶湖へ注いでいます。
山と川と湖・・・これらが一体となった風景なのですね。どれ一つ欠けても成り立たないものです。

ちなみに伊香立や仰木の里山に遥か昔から人が住み着いており、京の貴族や比叡山の荘園(領地)として稲作が行われてきた場所。
1200年以上の歴史を持ち、付近には源融公(光源氏のモデル)ゆかりの神社なども・・・

9siryokan.jpg

伊香立小学校近くにある資料館。
こちらでは里山の暮らしを紹介する様々な資料が展示されていますよ。

そんなに山奥まで行かなくても、ここに来れば「里山、比良の雄大な山並み、琵琶湖」の3点セットのとってもお得な秋の風景に出会えます。
是非近江の里山に来て、悠久の歴史と秋の空気を肌で感じてみてはいかがですか?



2017年9月20日

今年は彦根城が熱い!
僕も毎週見ているNHKの大河ドラマ「おんな城主 直虎」。
これから後半戦に入り、いよいよ井伊直政(演じるのは菅田将暉さん)が徳川四天王として活躍するまでが描かれます。
そんな井伊直政が初代彦根藩主である彦根城は、今年築城410年の記念の年を迎えて数々の催しで盛り上がっています!

彦根城のオフィシャルサイト


ちなみに僕funazushi-maruは彦根出身。子供のころからお城と言えば「彦根城」。
とはいえ、あまりになじみ深いためか小学校以来彦根城の中には入っていませんが、せっかくこのようなブログを書く立場を
今年与えていただきましたので、久々に彦根城に登城してきました。


2tamon.jpg

JR彦根駅の西口から真っ直ぐお城の向かうと、中堀、いろは松の先に左右に大きく広がる「佐和口多門櫓」がお出迎え。
向かって右側は櫓の中が「開国記念館」となっており、様々な展示や催しが実施されています。

3kaikoku.jpg

現在、冒頭でもお話しした「おんな城主 直虎」スペシャル企画 「大河ドラマに見る井伊家 —「花の生涯」から「おんな城主 直虎」まで—」
が12月10日まで開催されています。

4naotora.jpg

中ではドラマで使われた数々の小道具や出演者のメッセージ入りサインなど、なかなかレアなアイテムが展示中。
また彦根城の成り立ちや佐和山城の様々な情報も展示されており、コアなお城ファンも楽しめる場所です。
(彦根城への入城券はここでも購入可能。入城券1枚で開国記念館、玄宮園に共通で入ることができますよ)


さて久々の彦根城にいよいよ突入!

5omotemon.jpg

彦根城の正面入り口になる「表門」。
人力車のお兄さんも「井伊の赤備え」姿で雰囲気ばっちりです!人力車に乗らなくても気軽に撮らせてもらえますよ。


表門の入場口を越えると真っ直ぐ石段が続き、登り切ったところにあるのが「天秤櫓」

6tenbin.jpg

この天秤櫓、石垣のところをよく見ると橋の右と左とで石の積まれ方が違うのがわかりますか?
さすがに築城から400年を超える城のため、江戸時代にも大規模な修理がされているのです。右が築城当初で
左が嘉永年間(1848年~1855年)に修理されたものだそうです。


7sekigahara.jpg

彦根をさらに熱くさせているのが現在上映中の映画「関ケ原」。(映画「関ケ原」公式サイト
(原作:司馬遼太郎 出演:岡田准一、役所広司 他)
この映画の特別展をこの天秤櫓内にて9月18日(あっ、しまった明後日ではないかい・・・)まで開催中なんです。

8sekigahara.jpg

中では映画で使われた石田三成、徳川家康の鎧や衣装、彦根のロケ地情報など、映画を楽しむための情報がいっぱいです。
また西軍・東軍どちらを応援するかをシールで貼ったり(僕が行ったときは西軍が勝ってました)、

9sekigahara.jpg

さすがSNSを意識してますね!
足軽の衣装を着て自由に撮影でき、それをインスタなんかでハッシュタグをつけて投稿すると抽選で毎週1名にプレゼントがもらえる
キャンペーンも実施されていました!

10sekigahara.jpg

インスタ映えする小道具も豊富に置いてありましたよ。


11taikomon.jpg

さて、天秤櫓を過ぎて太鼓櫓を抜けると・・・、


12tenshu.jpg

これが国宝「彦根城」天守閣! やっぱお城と言ったら彦根城ですよ!コンパクトですが美しい!!
現存する天守閣は全国で12天守ですが、国宝は5つのみ。彦根城はその1つにあたる大変貴重なお城。

13tenshukesiki.jpg

彦根城のある金亀山からは琵琶湖も見え、景色がめっちゃ良いんです。

14genguen.jpg

本丸から井戸曲輪を抜け、黒門から出ると彦根藩御殿の「楽々園」「玄宮園」があります。
庭園から望む彦根城もこれからの季節は写真映えしますよ!

15iinaosuke.jpg

日本を開国へと導いた大老 井伊直弼の像。彦根を代表する歴史上の英雄ですね。

でもやっぱり、現在の英雄はこっちでしょ。

16hikonyan.jpg

ひこにゃんは相変わらず大人気でした!
1日3回、彦根城博物館前に現れますが、毎回大勢の女性や子供たちで会場は一杯。
「かわいいーーー‼」という声があちこちから飛び交っております・・・。さすがの直政や直弼もひこにゃんには
勝てませんね。



2017年9月16日

どちらかというと田舎である滋賀にもJR以外の鉄道が走っています。
京都と浜大津をつなぎ、石山寺や坂本に行ける京阪電気鉄道。第3セクターですが貴生川から信楽までの
信楽高原鉄道。
そしてもう一つ滋賀を代表する私鉄と言えば「近江鉄道」です。


近江鉄道は湖東地域(琵琶湖の東側のエリア)を中心に、北は米原、南は水口そして西は近江八幡を結んでいます。
滋賀県はどちらかというと琵琶湖に近いJR沿線に人口が集中しており、近江鉄道の走るエリアはそういった地域から
離れた割と人口の少ない地域を走るいわゆる「ローカル路線」。
しかしなんといっても近江鉄道には日本一の称号が!
以前には日本一運賃の高い鉄道との不名誉な称号もあったようですが、実は明治29年に会社設立した近江鉄道は
当時の社名のまま今日まで存続している日本一古い鉄道なのでそうです!


0densha.jpg

この近江鉄道、地元では「ガチャコン」という愛称。
どことなく古めかしさのある車両や2両編成というこじんまりとした印象、はたまた田んぼの間を「ガチャコン、ガチャコン」と
走る姿からいつしかそんな風に呼ばれています。
関東圏の方は「あれっ?」と思われるかもしれませんが、この特徴的な黄色の車両、どこかで見たことあるのでは?
そうなんです。実は近江鉄道は西武鉄道グループなので、この黄色い車両は西武鉄道のお下がりだったりするんですね。
西武と言えばグループの創業者の堤康次郎が滋賀県出身。そんな縁もあるのです。


この近江鉄道、なんと自転車をばらさなくてもそのまま乗り込むことができるんです。その名も「サイクルトレイン」
近江鉄道サイクルトレインのホームページ

と言っても特別なことはありません。持ち込み可能な駅が決められていて、
そのエリア内であればどの列車でもいつでも持ち込み可能。しかも持ち込みはタダ!(通常の運賃はもちろん必要ですが)

今回はアニメ「けいおん!」の聖地、豊郷駅から乗ってみました!
1toyosato.jpg

豊郷駅は無人駅になります。

3rosen.jpg

路線図と料金。やっぱ料金はちょっぴり高め⁉

2toyosatonaibu.jpg

ノスタルジックな雰囲気を感じる駅舎内部。のんびりした空気が流れています。


さっそくホームに自転車を持ち込んでみました!
6homechari.jpg

無人駅なので駅員さんとかはいないのですが、ホームに自転車を押して入る時はちょっとドキドキもの。
なんかホームと自転車って絵になりません?

5home.jpg

さすがアニメの聖地化している豊郷駅、ホームには萌えキャラがお出迎え。

数人の電車待ちのお客さんがいましたが、僕が自転車を押してホームに立っていても特に気にしていない様子。
すっかり普通の光景なのでしょうね。
電車はワンマン運転の2両編成で、後ろの車両は無人駅ではドアが開きません。なので1両目の後ろのドアから入ります。

7seiriken.jpg

バスみたいに整理券を取って乗り込みます。自転車は後方の2両目に乗らないといけません。

8chari.jpg

電車の中はいたって普通のロングシートの車両です。自転車が倒れないようにしっかりと手で持って支えます。
車内にも数人お客さんがいましたが、やはり特に気にしていない感じです。
ホントにこの光景が定着しているのですね。逆に僕は一人興奮して写真を撮りまくって変な空気を出しまくってましたけど・・・。

9yuruchara.jpg

車内にはいたるところに滋賀県のゆるキャラ達が・・・。

10yokaichi.jpg

八日市駅に着きました。この駅は有人駅で改札があります。
整理券持って改札で料金を払って外に出ました。乗降客も多いので他の人にぶつからないように注意して・・・

11yokaichisoto.jpg

八日市駅は打って変わって非常に新しい駅。近江鉄道の中でも中核的な駅になるので立派な駅舎です。

12colorful.jpg

少し行くと八日市駅に近江鉄道の車両が3色並んで止まっているのが見えたので思わず写真を撮りました。
JRと違ってどことなくあか抜けなくってかわいい電車たち。やはり近江鉄道のある風景は絵になりますね。


13sinyokaichi.jpg

八日市駅から水口方面と近江八幡方面へ路線は分岐していますが、近江八幡方面へ一駅行くと「新八日市駅」が。
なぜか「新」八日市駅なのにクラシック・・・。大正11年築の建物だそうです。
近江鉄道の路線には他にもいろいろ絵になる駅舎や風景がいっぱいです。
「サイクルトレイン」だと自転車ごと乗り込んで、降りた先でサイクリング出来て、疲れたら電車に乗っちゃえます。
サイクリングで滋賀をまわりたいけど体力的にちょっと・・・という方でも気軽にチャレンジできるのではないでしょうか?
近江鉄道沿線は歴史的な史跡や風光明媚な場所がたくさんあるので非常に魅力的な旅ができると思いますよ。


2017年9月 6日
2017年9月 4日
2017年8月26日
2017年8月23日
2017年8月16日
⇒すべての記事を見る

近畿旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■滋賀県の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

日本国内特派員ブログ一覧

ニセコ・北海道三宅島三重与論島五島列島京都八丈島函館北海道南三陸南島原和歌山埼玉大崎上島・広島大阪奈良宮古島富山小笠原山形広島徳島房総・千葉新宿新潟札幌東京松前栃木横浜沖縄沖縄2湘南滋賀神戸神戸・兵庫福井福岡福島種子島能登茨城軽井沢・長野金沢釧路長崎長野青森香川高知鶴見大島・大分鹿児島

日本国内にもどる

  • 特派員プロフィール
  • 滋賀特派員

    滋賀特派員
    FUNAZUSHI-MARU
    近江国 彦根に生まれ京の刷物屋で働き、週末は東海道・中山道の分岐点「草津」を中心にロードバイクで街道を駆け巡っておりやす。昨年は東海道57次(大阪:高麗橋~東京:日本橋)をロードバイクで走破。
    琵琶湖だけじゃない近江の国の知られざる魅力を少しでも多くの方に知っていただければと活動中!
    ブログ:FUNAZUSHIの国から.work DISQUS ID @disqus_IL7NPPr8QW

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集