海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 滋賀特派員ブログ > 「草津街あかり」...旧街道がほのかな灯りに包まれ...

日本国内/滋賀特派員ブログ FUNAZUSHI-MARU

日本国内・滋賀特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2017年11月 6日

「草津街あかり」...旧街道がほのかな灯りに包まれる幻想的なイベント


「草津街あかり」...旧街道がほのかな灯りに包まれる幻想的なイベント

人はなぜ「あかり」に吸い寄せられるんでしょうね・・・
この時期になると日本全国いたるところで、イルミネーションで街が飾り付けられるところが多くなると思います。
滋賀でも駅前や琵琶湖畔の一部ではそういったイルミネーションの季節になってきましたが、草津ではそれらとはちょっと違った「灯り」のイベントが開かれました。

00tobidashi.jpg


すでに14回を数える「草津街あかり」は、草津川跡地公園を挟んで両側に広がる、旧東海道・旧中山道沿いの道やお家、お寺や神社の境内がほのかな蝋燭や行灯のあかりで照らされます。


メインは今年にオープンした草津川跡地公園内の「あかり銀河」

01main_akariginga.jpg

草津川はいわゆる天井川として水も以前は流れてはいたのですが、付け替えをされて今は跡地公園として市民の憩いの場になってます。
そんな草津川に2日間だけの光の川が出現しました。光の1個1個はロウソクに火が灯されたもので、雨風が少しでもあれば成り立ちません。本当に奇跡的な景色です。


街道に降りて散策すると、街のあちこちに灯りが灯されてます。そのどれもが手作りの行灯などで、中には市内の幼稚園・保育園の園児達の作品も。

02enji_akari.jpg

ハロウィーンのカボチャお化けも妖しく光ります。

03enji_akari.jpg


街道沿いには普段は奥まったところにいくつかのお寺や神社があります。
といっても観光的に有名なものでもなく、普段なら通り過ぎてしまうようなごく普通のお寺などです。
しかし、この夜だけは特別!

04jisha.jpg

参道や境内は灯りで様々にライトアップされています。

05jisha.jpg

この日だけの夜の特別御開帳の仏像があるなど、普通のイルミネーションイベントとは一味違うのです。

06jisha.jpg

他にもこの日だけの庭園ライトアップなど、ほのかな灯りにマッチした落ち着いた催しが至る所に!

07jisha.jpg


ライトアップだけではありませんよ。
ほのかな灯りが照らし出す世界には音楽もマッチします。

09enso.jpg

お寺の本堂を利用したトワイライトコンサートが開催されていました!


伊砂砂神社の拝殿でも・・・、

10enso.jpg

もう、これは違いが分かる大人のためのイベント? ここまで普段の近所の寺社がムードあるステージになるのかと不思議です。


この日は他にも草津で一番重要な施設も無料開放! 

11honjin.jpg

草津宿本陣は普段は夜には閉まっていますが、この日だけライトアップされ、中に無料で入館できます。

12honjiniriguchi.jpg

その名も「陰影礼賛」というイベント。室内は撮影できませんが、暗闇の中に飾られた花や中庭が薄っすら赤色に照らされ、ますます幻想的。


そんな草津宿本陣を越えて、「草津マンポ」(草津川の下をくぐるトンネル)を北へ進むと中山道です。

13nakasendo.jpg

こちらはさらに落ち着いた雰囲気。人通りは少なくてゆったりと街灯りに浸ることができます。


今回はまだまだ紹介しますよ!僕もかなりこのイベント気に入ったんです。(実は写真は120枚くらい撮りましたが、断腸の思いで20枚まで削ったんです。地球の歩き方的には10枚程度に抑えるべきなんですが・・・これ以上ムリ!)

14takedutsu.jpg

あかりにもいろいろありますが、これは孟宗竹から造られた竹筒ライト。繊細な細工が施されており、1つずつ見ていても飽きません。

15colorful.jpg

カラフルなライトもたまには、オッと思ませますね。


あかり銀河の紹介でも触れましtが、これら灯りのほとんどを1つずつ蝋燭に火がつけられているのです。

16hinoyousu.jpg

消えたら誰かが付けにくるのかなと思ってたら、付けて回っている方がいました。この手の掛けようがスゴイ!

17dango.jpg

でもやっぱり花より団子・・・
(・・・って団子です。そのままでした。)
やっぱりお腹も満たさないと幸せ度が高まらないですよね。この草津街あかりではいわゆる屋台などの夜店も地元の方や街道のお店が出されています。
立木神社から入ってすぐの老舗菓子屋さんでは焼き団子を店の前で焼いてました。思わずゲット!

18okashi.jpg

別のお菓子屋さんでは、わらび餅や焼きたてのどら焼きが大人気で行列になっていましたよ。


でもFunazushi-maruは、こっちが好き・・・

19sakagura.jpg

造り酒屋の生原酒が一杯300円でいただけます。これでほろ酔い気分で見る街あかり・・・僕はこれが最高!

20sake.jpg

草津に夜に「乾杯!」


記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー イベント・行事・お祭り 見所・観光・定番スポット
2017年11月 6日
« 前の記事「「ヨシ」と共に生きる郷」へ
»次の記事「近江八景「唐崎」はみたらし団子発祥の地⁉」 へ
滋賀特派員 新着記事
草津・あなむら名物、激レア串団子
大津「八百与」~滋賀・京都で唯一の宮内省御用達「千枚漬」は滋賀にあった!
カキツバタの咲く神秘の池
ハマヒルガオの開花とともに、新たな日常へ......
地元応援!滋賀のテイクアウト情報(草津市・RojiRoji)
地元応援!滋賀のテイクアウト情報(草津市・ベトナムレストラン アンデップ)
地元応援!滋賀のテイクアウト情報(草津市・魚処いさり火)
地元応援!滋賀のテイクアウト情報(草津市・名代 宿場そば)

近畿旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■滋賀県の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

日本国内にもどる

  • 特派員プロフィール
  • 滋賀特派員

    滋賀特派員
    FUNAZUSHI-MARU
    古より湖と街道の国だった近江。趣味の自転車で走るうち、そんな地元の魅力を再発見し日々ブログにて発信しています。東京から滋賀へと続く東海道・中山道は自転車で走破。五街道制覇が当面の目標です。守山市、草津市を中心に自転車で滋賀の魅力を届ける活動もしています!
    ブログ:FUNAZUSHIの国から.work
    びーもサイクル協議会HP DISQUS ID @disqus_IL7NPPr8QW

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集