海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 滋賀特派員ブログ > 大河ドラマ第1作目の舞台「埋木舎」

日本国内/滋賀特派員ブログ FUNAZUSHI-MARU

日本国内・滋賀特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2017年12月 5日

大河ドラマ第1作目の舞台「埋木舎」


メール プリント もっと見る

大河ドラマ第1作目の舞台「埋木舎」

毎週楽しみに観ているNHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」も最終話まであと少し、いよいよ大詰めですね。
ご存知の通り今年の大河は井伊家のお話。ドラマでは井伊家を再興し徳川四天王まで上り詰めた「井伊直政」を描いています。
その直政が初代藩主となったのが彦根藩です。
そしてもう一人、井伊家で最も有名な方がいらっしゃいます。こちらは教科書にも出てくるので、ある意味直政よりも先に知る井伊家の人物なのではないでしょうか?
はい、「井伊直弼」です。
安政の大獄や、日米修好通商条約の締結、桜田門外の変などダークなイメージが付きまとってしまう方ですが、非常に聡明で文武に優れ、幕末の国難に際には命をかけて国を救おうとした人物なのです。


そんな井伊直弼が32歳まで過ごした場所があります。それが彦根城の開国記念館(佐和口多門櫓)から中堀を挟んで対面にある「埋木舎」です。

1mon.jpg

直弼は11代藩主「直中」の14男として生まれました。母は側室の富。
すでに正室の子「直亮(なおあき)」が12代藩主となっていたため、直弼には養子になるか部屋住として一生を送るしかありませんでした。その後養子になるチャンスもあったものの上手く進まず、直弼は部屋住として一生過ごすことを決意します。

2iriguchi.jpg

そういった不遇の時代をこの埋木舎で過ごしたのです。その時に詠んだ歌があります。


「世の中を よそに見つつも うもれ木の 埋もれておらむ 心なき身は」


覚悟した直弼はありとあらゆる芸事にその人生を費やしていきます。
禅、居合、和歌、国学、茶道などどれもが達人の域にもなったそう。
付いたあだ名は「ちゃかぽん」。
(茶道のちゃ、花道のか、能の太鼓のぽん)
ここ埋木舎はその後幕府の大老として幕府や日本の舵取りに活躍した井伊直弼の基礎を作った場所なのです。


屋敷の入口には直弼に関する資料が置かれています。(屋敷の中に上がることはできません)

3siryou.jpg

それらの中には、
4kimono.jpg

直弼の実際に着ていた着物や、

5kago.jpg

使っていた籠も...


屋敷の外を回るとちょっとした庭園になってます。

6teien.jpg

直弼もこの小さな庭を眺めながら、いつか広い世界を、と思ったのでしょうか...


ここは屋敷の中の様子を外から見る形になっていて、様々なものが展示されてます。

7situnai.jpg

井伊直弼や歴代藩主の肖像画の展示や、

8naosuke.jpg

直弼の等身大パネルなどで当時の様子を伝える展示がされています。


さて、タイトルにある「大河ドラマ第1作目」のことですが、実はNHK大河ドラマの1作目が「花の生涯」という井伊直弼を主人公とするものだったのです!
原作は舟橋聖一の同名小説で、主演は尾上松緑(おのえしょおうろく)さんが歌舞伎界より出演し直弼を演じました。
最高視聴率32.3%の大変人気の高いドラマであったようです。
この花の生涯で直弼の青春時代の舞台として「埋木舎」が使われています。


9rekidai.jpg

ということもあり、こちらには大河ドラマで井伊直弼を演じた歴代の俳優さんがパネル展示されています。
ちなみに宮崎葵さんが主演した「篤姫」では中村梅雀さんが直弼を演じていましたが、今回の直虎ではナレーションを担当されており、偶然かもしれませんが大河の井伊との縁を感じるエピソードとなっています。


それともう一つ、この「埋木舎」は現在、市ではなく個人の方が所有・管理されています。その方は大久保さんという方で、なんと大久保家は古くから井伊家を支えてきた家臣であり、今もこうやって井伊家の歴史を伝える役割を担われています。
史跡の保存はコストや労力も含めどこの史跡やお寺でも厳しい現実がありますが、大久保さんも「正直お金もかかるし大変ですが、先祖代々繋いできた責任への思い一つでやってます」と仰ってました。


そう考えると史跡や観光地を訪れる人が増えることで、これらの保護に繋がるのかもしれません。観光する側も受け入れる側も歴史的な資産を後世に繋いでいく大事な役割を担っていると考えるのは大袈裟でしょうか?
その意味でも、こうしたブログが歴史資産の維持・継承に多少の役に立てればいいなぁ...と思います。


国指定特別史跡:埋木舎(うもれぎのや)
・住所:滋賀県彦根市尾末町1-11
・TEL:0749-23-5268
・開館時間:9:00~17:00 ・休館日:月曜日 8月13日~17日、12月下旬~3月中旬
・入館料:大人300円

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 見所・観光・定番スポット
2017年12月 5日
« 前の記事「国宝の名刹、湖南三山「長寿寺」にちょっと寄り道」へ
»次の記事「「クリスマスブーツ」発祥の地」 へ
おすすめ記事
    滋賀特派員 新着記事
    こんなところに⁉琵琶湖を望む80種700株のバラ園~『湖西浄化センターバラ園』
    季節ごとの花が彩る水辺の散歩道...大津湖岸なぎさ公園
    東京ど真ん中の滋賀、『ここ滋賀』に行ってきました!
    ビワイチサイクリスト必食!「望雁(モーガン)」の華礼(カレー)
    70年の時を経て蘇った「びわ湖疏水船」で、特別なタイムスリップ体験!
    桜だけじゃない!春の湖岸を彩る「ノウルシ」の群生
    喧騒を避けて早朝の「海津大崎」へ。神秘的な琵琶湖の風景を求めて
    家族でゆっくり、でも見ごたえたっぷりの「守山・笠原の桜」

    近畿旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■滋賀県の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    日本国内特派員ブログ一覧

    しまなみ海道・広島ニセコ・北海道三重与論島五島列島京都和歌山埼玉大阪奈良宮古島富山小笠原山形広島徳島房総・千葉新宿札幌東京東京2東京3栃木横浜・神奈川沖縄沖縄2渋川湘南滋賀神戸神戸・兵庫福井福岡福島種子島能登茨城軽井沢・長野金沢釧路長崎長野青森香川鶴見大島・大分鹿児島

    日本国内にもどる

    • 特派員プロフィール
    • 滋賀特派員

      滋賀特派員
      FUNAZUSHI-MARU
      近江国 彦根に生まれ京の刷物屋で働き、週末は東海道・中山道の分岐点「草津」を中心にロードバイクで街道を駆け巡っておりやす。昨年は東海道57次(大阪:高麗橋~東京:日本橋)をロードバイクで走破。
      琵琶湖だけじゃない近江の国の知られざる魅力を少しでも多くの方に知っていただければと活動中!
      ブログ:FUNAZUSHIの国から.work DISQUS ID @disqus_IL7NPPr8QW

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集