海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 滋賀特派員ブログ > 「クリスマスブーツ」発祥の地

日本国内/滋賀特派員ブログ FUNAZUSHI-MARU

日本国内・滋賀特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2017年12月10日

「クリスマスブーツ」発祥の地


メール プリント もっと見る

「クリスマスブーツ」発祥の地

皆さん、この時期になるとスーパーの店頭でお菓子の入った「クリスマスブーツ」を目にすることと思います。
あのクリスマスブーツどこが発祥地かご存知でしょうか?
かく言う僕もつい何年か前まで知らなかったのですが・・・・。


実は、僕の地元、「草津市」だったんです‼


そんな地元の観光物産協会主催で定期的なハイキングを開催されていて、先日はこのクリスマスブーツをテーマにしたイベントでした。早速申し込み、娘と二人で参加してきました。

現在、12月25日まで「第4回草津まちイルミ」 が開催されていて、草津市内各地がイルミネーションで彩られています。
そのスポットの一つに巨大なクリスマスブーツが・・・

DSC_2629.jpg

こちらは草津駅西口にあるエストピアホテル前に設置されており、夜には4m近い大きさの巨大クリスマスブーツがライトアップされ出迎えてくれますよ。

そのエストピアホテルの裏手へ徒歩3分程度のところにクリスマスブーツを初めて世に送り出した会社があります。

DSC_2631.jpg

それが「近商物産」 という会社です。
こちらではクリスマスブーツのことを「銀ブーツ」と呼んでおられますが、昭和30年頃から製造を始められており今年で満60周年となるそうなんです!
クリスマスブーツ誕生のきっかけは、先代の社長がクリスマスツリーの飾りにあった小さな靴を見て、「サンタさんの靴を大きくしてお菓子を入れたら子供たちが喜ぶのでは?」と思いついたのだとか・・・
銀色に赤のフェルトで飾られたものがスタンダードな銀ブーツ、今では人気のキャラクターなど様々な種類が作られていて、年間200万個を販売されています。

今回のハイキングではこちら近商物産様にあるギャラリーに入ることができました。

DSC_2636.jpg

こちらは近商物産様の本社2階にあり、中には定番の銀ブーツや、

DSC_2635.jpg

最新のキャラクターデザインのものや幻の試作品など含め200点ほどが展示されています。

DSC_2634.jpg

中には子供がすっぽり入りそうな大きなクリスマスブーツも・・・。こんなのもらったらウチなら発狂ものです。


この日は会場を別に移して、定番の銀ブーツを使ったオリジナルデザインブーツ作りが体験できる催しがありました。
シールになっている塗り絵に好きな色を塗って貼り付けたり、可愛い飾りをいろいろ用意していただいています。

DSC_2638.jpg

思わず娘そっちのけで夢中になってしまいましたが、果たしてうまくできたのかな?
娘も「かわいいっー!」を連発。写真には写っていませんが中に入れるお菓子もいただいて大満足でした!

DSC_2641.jpg

今年はクリスマスブーツ誕生満60周年ということで、とっても小さなキャンディー入りのブーツも頂きました。
(中身はこれまた草津市内に工場のある「パインアメ」)


皆さんの近くでクリスマスブーツを見かけたら、それは滋賀で作られたものかも・・・
この時期、草津駅前の様々なお店でもクリスマスブーツギャラリーが開催させれおり、子供たちが作ったオリジナルブーツが展示されています。
草津駅の西口にちょこっと寄り道してみてくださいね。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー お題 見所・観光・定番スポット
2017年12月10日
« 前の記事「大河ドラマ第1作目の舞台「埋木舎」」へ
»次の記事「「湖国の迎賓館」に出現した光のせせらぎ」 へ
おすすめ記事
    滋賀特派員 新着記事
    夏の朝にひっそりと咲く、「千蓮美那の池」のスイレン
    巨大なV字のエビ天タワーでカツっ! 「みくりやうどん」のカレーうどん
    人生初の「鮒ずし」作りにチャレンジ!
    大津に登場した世界最大のシェアサイクル「ofo」に乗ってきた
    ヨシ原の郷、近江八幡・円山町で「水郷めぐり」
    日本の時の発祥の地「近江神宮」に行ってきました。
    こんなところに⁉琵琶湖を望む80種700株のバラ園~『湖西浄化センターバラ園』
    季節ごとの花が彩る水辺の散歩道...大津湖岸なぎさ公園

    近畿旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■滋賀県の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    日本国内にもどる

    • 特派員プロフィール
    • 滋賀特派員

      滋賀特派員
      FUNAZUSHI-MARU
      近江国 彦根に生まれ京の刷物屋で働き、週末は東海道・中山道の分岐点「草津」を中心にロードバイクで街道を駆け巡っておりやす。昨年は東海道57次(大阪:高麗橋~東京:日本橋)をロードバイクで走破。
      琵琶湖だけじゃない近江の国の知られざる魅力を少しでも多くの方に知っていただければと活動中!
      ブログ:FUNAZUSHIの国から.work DISQUS ID @disqus_IL7NPPr8QW

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集