海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 滋賀特派員ブログ > 「湖国の迎賓館」に出現した光のせせらぎ

日本国内/滋賀特派員ブログ FUNAZUSHI-MARU

日本国内・滋賀特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2017年12月17日

「湖国の迎賓館」に出現した光のせせらぎ


「湖国の迎賓館」に出現した光のせせらぎ

夜に強くなる!
12月ですね。 多分この時期になると全国あちこちでイルミネーションに街が彩られることと思います。おそらく特派員ブログも全国イルミネーション祭りとなっていくでしょうが、滋賀も流れに逆らうことなくイルミネーションイベントの紹介です。


実は僕、これまでブログの画像をスマホで撮影していたんです。晴れた日はスマホでも十分綺麗に撮れるんですが、夜景や室内など光量が少ないとどうしても手ぶれがひどかったり、うまく撮影できなかったのでこの度デジカメを購入いたしました!
そんなデジカメの威力を試すにはこの時期定番のイルミネーションが最適ですよね。




湖国の迎賓館

というわけで、行ってきたのは「びわこ大津館」

1otsukan.JPG

ここは昭和9年に建てられ、「湖国の迎賓館」として昭和天皇やヘレン・ケラー、ジョン・ウェイン、川端康成など多くの要人が利用した「旧琵琶湖ホテル」なのです。現在の琵琶湖ホテルが新しく浜大津に出来るに伴い、「びわこ大津館」として残されることになりました。
洋風と和風がミックスしたようなこの造りは「桃山様式」と言われるもので、東京の歌舞伎座と同じ設計事務所でデザインされています。
琵琶湖を望む柳ヶ崎という半島に位置し、5,900㎡もの広さを誇るイングリッシュガーデンがあります。


2entrance.JPG

エントランスをくぐれば歴史と格調の高さを感じる室内。さすが迎賓館といった雰囲気。


2階には大津の夜景を眺めることができるテラスが・・・

3otsu_yakei.JPG

沈み込むように真っ暗な琵琶湖を包み込む大津の街の灯り。これだけでも十分見る価値あります。




光のせせらぎ・・・水がテーマのイルミネーション

4english_entrance.jpg
そのイングリッシュガーデンですが12月1日~2月14日までの期間、イルミネーションによって彩られています。

今回は成安造形大学の学生が参加して作られた水をテーマにした光のアートがイングリッシュガーデン一杯に展開。
7つのゾーンで水の形を巡る構成になっています。




5ilumi1.JPG

入場ゲートをくぐって最初のゾーンは水滴を表している「水鞠エリア」


その先の壁の向こう側へ・・・
すると、

6ilumi2.JPG

雲を表現している「雲海エリア」に。半透明な布が風にそよぎ見たことない幻想的な空間です。


さらに進むと、

7illumi.JPG

目の前一面に青い光の流れが広がります。ここは「岩清水のエリア」
その流れに浮かび上がるのはピンクにライトアップされた「四季桜」です。真冬の桜とイルミネーションのコンビはなかなかお目にかかれません!


8ilumi9.JPG

光の川の流れに沿って奥へと誘われていきます。


たどり着いた先には、

9ilumi4.JPG

滝を表現した「水簾のエリア」に浮かび上がる光のドームが・・・
ここから今来た道を振り返ると、まさに水の流れのような光の空間が広がっています。


そして今度は湖を表現した「水鏡のエリア」へ。

10ilumi3.JPG




最後は"どぼん"と水の中へ入っていきます。(という表現ですけどね。)

11ilumi10.JPG

「淵然のエリア」はまさに水の中にいるような、下からも上からも青い光に包まれた空間になっています。

12ilumi7.JPG

しばらく茫然と眺めてしまうような、青い光たち・・・。向こう側には桜も浮かび上がっています。


13ilumi5.JPG

14ilumi6.JPG

橋を渡ればこの幻想的な水の世界から現実の世界へ戻ることに・・・。背景に浮かび上がるびわこ大津館の建物自体もこの幻想的な世界観に一役買っていますね。




まとめ

草津まちあかりでも大変面白かった成安造形大学のアイデアいっぱいのイルミネーション。
この冬、他とは違ったイルミネーションの世界を体験できると思います。




びわこ大津館2107冬季ライトアップ「光せせらぐ冬の庭」
期間:2017年12月1日~2018年2月14日
ライトアップ時間:17時~20時30分
入場料:(大人)250円 (小中学生)100円


【びわこ大津館】
営業時間 9:00-22:00
(受付時間 9:00-19:30)
〒520-0022 
滋賀県大津市柳が崎5番35号
TEL:077-511-4187 
FAX:077-511-3228
ホームページ:http://www.biwako-otsukan.jp/index.html

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー イベント・行事・お祭り 旅行・ツアー・ホテル 自然・風景 見所・観光・定番スポット
2017年12月17日
« 前の記事「「クリスマスブーツ」発祥の地」へ
»次の記事「「南郷洗堰」の上に月1出現する、とってもレアでレトロなカフェ!」 へ
滋賀特派員 新着記事
蓮の季節到来〜近江妙蓮とからすま蓮根
草津・あなむら名物、激レア串団子
大津「八百与」~滋賀・京都で唯一の宮内省御用達「千枚漬」は滋賀にあった!
カキツバタの咲く神秘の池
ハマヒルガオの開花とともに、新たな日常へ......
地元応援!滋賀のテイクアウト情報(草津市・RojiRoji)
地元応援!滋賀のテイクアウト情報(草津市・ベトナムレストラン アンデップ)
地元応援!滋賀のテイクアウト情報(草津市・魚処いさり火)

近畿旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■滋賀県の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

日本国内にもどる

  • 特派員プロフィール
  • 滋賀特派員

    滋賀特派員
    FUNAZUSHI-MARU
    古より湖と街道の国だった近江。趣味の自転車で走るうち、そんな地元の魅力を再発見し日々ブログにて発信しています。東京から滋賀へと続く東海道・中山道は自転車で走破。五街道制覇が当面の目標です。守山市、草津市を中心に自転車で滋賀の魅力を届ける活動もしています!
    ブログ:FUNAZUSHIの国から.work
    びーもサイクル協議会HP DISQUS ID @disqus_IL7NPPr8QW

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集