海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 滋賀特派員ブログ > 家族でゆっくり、でも見ごたえたっぷりの「守山・笠原...

日本国内/滋賀特派員ブログ FUNAZUSHI-MARU

日本国内・滋賀特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2018年4月 2日

家族でゆっくり、でも見ごたえたっぷりの「守山・笠原の桜」


家族でゆっくり、でも見ごたえたっぷりの「守山・笠原の桜」

守山・笠原の桜
今回は私Funazushi-maruが毎年花見に訪れる地元の桜のスポットをご紹介します。それは「守山・笠原の桜」です。
DSC00817.JPG

筆者お気に入りの「笠原の桜」 撮影:Funazushi-maru


守山市笠原の野洲川堤防にソメイヨシノが咲きっています。その数は多くの観光客で賑わう京都八幡の「背割り堤の桜」の250本を大きく上回る約400本。



しかもこちらのソメイヨシノは木の一本一本が大きく背が高いのが特徴。
その高さは横にある大きな堤防と肩を並べ、遠くからも川に沿って咲き並んだピンク色のベルトが確認できるほど。

DSC00841.JPG

まさに桜のドーム 撮影:Funazushi-maru


木の下はまさに桜のドーム。見渡す限りの薄ピンク色に包まれます。

DSC00827.JPG

頭上を覆いつくす桜 撮影:Funazushi-maru



ゆったり花見を楽しむ
こんなにも立派な笠原の桜ですが、ここは知る人ぞ知る穴場スポット。地元でも知らない人が多いのです。

DSC00824.JPG

混んでいないのでゆくっくり 撮影:Funazushi-maru


これだけ立派だと花見客でごった返して、花よりも人を見に来たのかって感じることも多いのが常。
しかし笠原はなぜかいつ行っても混んでおらず、ゆとりある間隔で座ったり、散策したりできます。
おそらく500本もあると花見エリアが広いので人が集中せずに済むのかもしれませんね。
ピクニックシートとお弁当を持って、ふらっと、好きなときに好きな場所に陣取って・・・っていう感じで来れる場所なのです。


車は堤防の路肩(もちろん無料)に停めることができるので、荷物の多い場合も横づけなので便利。

DSC00819.JPG


カメラを構えてゆっくり散策も・・・ 撮影:Funazushi-maru

僕は毎年家族でここへ来るのが恒例となっていて、お友達家族ともそれぞれの子供の成長なんかを話しながら過ごします。(と言いつつ、お父さん達はここぞとばかりにお酒を飲み明かしますが・・・)
ホントにゆったりできるので、お腹がいっぱいになったら桜の下で子供たちとキャッチボールやバドミントンしたり、お花摘みするなど、人を気にせず桜の下で思う存分過ごせます。



DSC00844.JPG

タンポポも負けてない 撮影:Funazushi-maru


足元にはタンポポが桜に負けじとあちこちで咲いていました!娘がタンポポ摘みしてきたのでパチリ!



人ごみばかりの有名桜に疲れたら、是非守山・笠原の桜に癒されてみるのはいかがでしょうか?夕方からはライトアップも実施されています。
ピークは過ぎつつありますが、散り際の花吹雪もまた大変見ごたえありますよ。



場所:滋賀県守山市笠原町地先(野洲川左岸堤防敷)
問い合わせ:守山市観光物産協会 077-582-1266

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー お題 自然・風景 見所・観光・定番スポット
2018年4月 2日
« 前の記事「生水(しょうず)の郷「針江」~琵琶湖の暮らしの原風景(2)」へ
»次の記事「喧騒を避けて早朝の「海津大崎」へ。神秘的な琵琶湖の風景を求めて」 へ
滋賀特派員 新着記事
錦繍の永源寺周辺をめぐるサイクリング
人知れず奥永源寺に架かる橋
河辺いきものの森・愛知川の河辺に残された貴重な里山
雪原を思わせる白い蕎麦畑と、珍しい赤蕎麦の花が見頃です!
坂本のよもぎ餅専門店〜比叡 三九良(さんくろう)
梨とブドウの季節到来! もりやまフルーツランド
夏休み、銅鐸博物館で古代の暮らしに触れてみよう!
この夏、ビワイチ新スポットが登場!

近畿旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■滋賀県の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

日本国内にもどる

  • 特派員プロフィール
  • 滋賀特派員

    滋賀特派員
    FUNAZUSHI-MARU
    古より湖と街道の国だった近江。趣味の自転車で走るうち、そんな地元の魅力を再発見し日々ブログにて発信しています。東京から滋賀へと続く東海道・中山道は自転車で走破。五街道制覇が当面の目標です。守山市、草津市を中心に自転車で滋賀の魅力を届ける活動もしています!
    ブログ:FUNAZUSHIの国から.work
    びーもサイクル協議会HP DISQUS ID @disqus_IL7NPPr8QW

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集