海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 滋賀特派員ブログ > 東京ど真ん中の滋賀、『ここ滋賀』に行ってきました!

日本国内/滋賀特派員ブログ FUNAZUSHI-MARU

日本国内・滋賀特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2018年5月11日

東京ど真ん中の滋賀、『ここ滋賀』に行ってきました!


東京ど真ん中の滋賀、『ここ滋賀』に行ってきました!

日本橋に現れた滋賀
滋賀特派員なのにタイトルに東京とはどういうことか・・・?
今年のゴールデンウイークは1、2日を休むと最大9連休となる超大型。
実は僕、このGWに自転車で中山道を東京から滋賀県まで走破するということにチャレンジしてみました!


1nihonbashi.jpg


出発は江戸時代の五街道(東海道・中山道・甲州道中、日光道中、奥州道中)の起点となる「日本橋」。
ここで分かれた中山道と東海道が再び交わる終着点・・・それが滋賀県草津市なのです!
そしてこのスタート地点である東京のど真ん中、日本橋という最高の立地に、なんと昨年滋賀の新たな拠点ができました‼


2logo.jpg

それが、「ここ滋賀」です。



中山道自転車旅のスタート日本橋に「ここ滋賀」があるということ、これは何かのご縁ではなかろうか...いやきっとそうに違いない!
ということで、寄ってきました!
(場所は東京ですが、滋賀ネタということでお許しを・・・)



ここ滋賀で滋賀を感じる!
3naibu.jpg

こちら1階はアンテナショップ。鮒鮨を始めとする滋賀の名産品がここで手に入ります。
もちろんそれだけではありません!
隠れた名酒ぞろいの滋賀の地酒をその場で頂く事ができるのです。
この日も朝にも関わらず、飲んでる人がたくさんいらっしゃいました...羨ましい(^^;)
僕もいまから自転車でなかったら、朝っぱらからここで飲んだくれていたいくらい。



2階はレストラン。
4naibu.JPG
「滋の味」さんではハイレベルな滋賀の味を堪能できます。



僕が個人的に気に入ったのはこちら!
5naibu.JPG

3階にあるテラスです。


東京のど真ん中、日本橋を見下ろす場所にあるこのテラス!なかなかの景色です。

6kesiki.JPG

funazushi-maruも日本橋を眺めながら、旅の大成功を確信!



関東方面の方も、❝地球の歩き方・滋賀特派員❞の記事をみて滋賀が気になったら足を運んでみてくださいね。



【ここ滋賀】
〒103-0027 東京都中央区日本橋2-7-1
1F共通:TEL:03-6281-9871 / FAX:03-6281-9877
2F 日本橋 滋乃味:TEL:03-6281-9872
HP:https://cocoshiga.jp/

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー ショッピング・雑貨・お土産 レストラン・料理・食材 見所・観光・定番スポット
2018年5月11日
« 前の記事「ビワイチサイクリスト必食!「望雁(モーガン)」の華礼(カレー)」へ
»次の記事「季節ごとの花が彩る水辺の散歩道...大津湖岸なぎさ公園」 へ
滋賀特派員 新着記事
錦繍の永源寺周辺をめぐるサイクリング
人知れず奥永源寺に架かる橋
河辺いきものの森・愛知川の河辺に残された貴重な里山
雪原を思わせる白い蕎麦畑と、珍しい赤蕎麦の花が見頃です!
坂本のよもぎ餅専門店〜比叡 三九良(さんくろう)
梨とブドウの季節到来! もりやまフルーツランド
夏休み、銅鐸博物館で古代の暮らしに触れてみよう!
この夏、ビワイチ新スポットが登場!

近畿旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■滋賀県の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

日本国内にもどる

  • 特派員プロフィール
  • 滋賀特派員

    滋賀特派員
    FUNAZUSHI-MARU
    古より湖と街道の国だった近江。趣味の自転車で走るうち、そんな地元の魅力を再発見し日々ブログにて発信しています。東京から滋賀へと続く東海道・中山道は自転車で走破。五街道制覇が当面の目標です。守山市、草津市を中心に自転車で滋賀の魅力を届ける活動もしています!
    ブログ:FUNAZUSHIの国から.work
    びーもサイクル協議会HP DISQUS ID @disqus_IL7NPPr8QW

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集