海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 滋賀特派員ブログ > 日本の時の発祥の地「近江神宮」に行ってきました。

日本国内/滋賀特派員ブログ FUNAZUSHI-MARU

日本国内・滋賀特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2018年6月10日

日本の時の発祥の地「近江神宮」に行ってきました。


日本の時の発祥の地「近江神宮」に行ってきました。

日本の時計発祥の地
6月10日は「時の記念日」。

天智天皇が671年に日本で初めて漏刻(水時計)によって時を知らせたという、日本書紀の故事の由来から制定されました。
その場所が当時天皇が都を置いた大津なのです。
その天智天皇を祭神とする「近江神宮」では、毎年時の記念日に時間の大切さを啓蒙する祭典として「漏刻祭」が行われています。

1rokokusai.jpg

漏刻祭 写真提供:ビワコビジターズビューロー


漏刻祭では時計関係者約300名が参列し最新の時計の献納の他、能楽なども奉納されます。


今回は梅雨空の中でしたが、そんな近江神宮に足を運んでみました。




2mon.JPG

近江神宮の朱の楼門 撮影:Funazushi-maru


まずは鮮やかな朱色の楼門がお出迎え!
この楼門、ある映画でとっても有名になったのですが、それは後程・・・。


3haiden.JPG

厳かな本殿 撮影:Funazushi-maru


時の祖神へ日本に時間の概念を作ってくれてありがとうと感謝を伝えます。(誰が時間なんてつくったんやァ、って嘆く時もありますが・・・)


境内には時の聖地だけあって、時に関するものが多くあります。

4tokei1.JPG
5tokei.JPG

2種類の日時計 撮影:Funazushi-maru


「矢橋式日時計」や「精密日時計」といった古代から人類が使ってきた時計のモニュメントの他、

6roukoku.JPG

漏刻の復元模型 撮影:Funazushi-maru


日本の時の起源となった「漏刻(水時計)」の復元がありました。

他には4000年前の中国で用いられた「古代火時計」も、時の記念日には実演がされています。

7hidokei.JPG

8hidokei.JPG

古代火時計 撮影:Funazushi-maru

これはドラの上に龍の線香の台座があり、その上に置かれた線香に等間隔に14個の鉄球が吊り下げれているもの。
線香が燃え進むことで鉄球を吊るす紐が焼き切れ、鉄球が落ちてドラを鳴らします。
落ちるのは約2時間ごとなのですが、ちょうど訪問中に鉄球が落ち、カーンっという音が境内に鳴り響きました。


これらのモニュメントが並ぶ傍には「近江神宮 時計館・宝物館」が建てられ、古今東西の和時計が展示されています。

9tokeikan.JPG

漏刻の復元時計館・宝物館 撮影:Funazushi-maru

※通常期間の入場料300円(大人)ですが、時の記念日は入場無料になります。

まさに時の聖地と言える神社ですね。




時計の聖地は「かるた」の聖地も

先ほどの写真にあった朱の楼門が有名になったのはある映画がキッカケです。
ファンの方はご存知かと思いますが、競技かるたに生きる高校生達を描いたコミック「ちはやふる」 、その舞台にもなったのが近江神宮なのです。朱の楼門は映画の中でもたびたびポイントとなるシーンで登場します。

10sekihi.JPG

天智天皇の歌碑 撮影:Funazushi-maru


天智天皇は小倉百人一首でも巻頭の有名な一首「秋の田の・・・」を詠んだ方でもあり、そのゆかりから近江神宮は「かるたの殿堂」ともなっているのです。
1月7日には毎年「近江神宮かるた祭」が催され、その他「競技かるた名人位・クイーン位決定戦」や「全国高等学校かるた選手権大会」が実際に催されるなど、年間通して全国クラスのかるた大会が開かれています。

その大会の舞台となっているのが「近江勧学館」

11kangakukan.JPG

近江勧学館 撮影:Funazushi-maru


この中で優雅に、時には激しいかるたの戦いが行われてきたのです。

13karuta.JPG

ようこそ、競技かるたの世界へ 撮影:Funazushi-maru


建物へ入ると、ちはやふるの各キャラクターが出迎えてくれます。
映画のキャスト達のサインなども展示されていましたよ。

14karuta.JPG

かるた大会のある大広間 撮影:Funazushi-maru


映画の中でも大会のシーンで撮影に使われ、実際に各全国戦も行われている「浦安の間」。
まさに競技かるたの高校生達にとっては甲子園ともいえる場所です。

12note.JPG

机くんノート 撮影:Funazushi-maru


建物入り口に訪れた「ちはやふるファン」の方たちの交流ノートがありました。しかも7冊も・・・書き込んでいるのはファンだけではないみたいですよ。
秘密のページは是非訪れて確認してみてくださいね。




【近江神宮、時計館・宝物館、近江勧学館】
住所:滋賀県大津市神宮町1番1号
TEL:077-522-3725 (勧学館は077-524-3905)
アクセス:JR琵琶湖線・大津駅よりタクシーで10分
     JR湖西線・大津京駅より徒歩20分
     名神高速道路 大津ICより15分
ホームページ:http://oumijingu.org/



記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー イベント・行事・お祭り 見所・観光・定番スポット
2018年6月10日
« 前の記事「こんなところに⁉琵琶湖を望む80種700株のバラ園~『湖西浄化センターバラ園』」へ
»次の記事「ヨシ原の郷、近江八幡・円山町で「水郷めぐり」」 へ
滋賀特派員 新着記事
人知れず奥永源寺に架かる橋
河辺いきものの森・愛知川の河辺に残された貴重な里山
雪原を思わせる白い蕎麦畑と、珍しい赤蕎麦の花が見頃です!
坂本のよもぎ餅専門店〜比叡 三九良(さんくろう)
梨とブドウの季節到来! もりやまフルーツランド
夏休み、銅鐸博物館で古代の暮らしに触れてみよう!
この夏、ビワイチ新スポットが登場!
翠色に輝く御池を訪ねて......
1年前の同じ月に投稿された記事
「第26回 草津市水産まつり」で琵琶湖の恵みに出会う!
滋賀の食材を食べつくせ!守山市の「おうみんち」に行ってきた
滋賀に来ないと見られない!「ウツクシマツ」自生地って?
天気の良い日は青空の下で日本酒だァ!「お酒日和」に参戦
生まれ変わった天井川。草津市の新しい憩いのスポット誕生!

近畿旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■滋賀県の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

日本国内にもどる

  • 特派員プロフィール
  • 滋賀特派員

    滋賀特派員
    FUNAZUSHI-MARU
    古より湖と街道の国だった近江。趣味の自転車で走るうち、そんな地元の魅力を再発見し日々ブログにて発信しています。東京から滋賀へと続く東海道・中山道は自転車で走破。五街道制覇が当面の目標です。守山市、草津市を中心に自転車で滋賀の魅力を届ける活動もしています!
    ブログ:FUNAZUSHIの国から.work
    びーもサイクル協議会HP DISQUS ID @disqus_IL7NPPr8QW

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集