海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 滋賀特派員ブログ > ヨシ原の郷、近江八幡・円山町で「水郷めぐり」

日本国内/滋賀特派員ブログ FUNAZUSHI-MARU

日本国内・滋賀特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2018年6月17日

ヨシ原の郷、近江八幡・円山町で「水郷めぐり」


ヨシ原の郷、近江八幡・円山町で「水郷めぐり」

水郷のさと 円山町
近江八幡周辺は元々は広大な内湖(琵琶湖の周囲にあった湿地帯など)がありましたが、今は埋め立てにより内湖は「西の湖」(滋賀の内湖最大)が残るのみとなっています。しかしその周囲は「ヨシ」の群生地(約50ヘクタール、東京ドーム10個分)となっていて、昔から連綿と続く水辺やヨシを利用した暮らしがあった地域です。 今もその景観は重要文化的景観選定第1号に選ばれるほど色濃く残されており、ヨシと共にある人々の営みも四季を通じて見ることができます。

1suigo.JPG

水郷のさと まるやま 撮影:Funazushi-maru


滋賀県の中ではこの「近江八幡の水郷」 は比較的有名な観光スポットともなっていますが、今回は梅雨の晴れ間の中この円山町の手漕ぎ和船による水郷めぐりを楽しんできました。




風情豊かな手漕ぎ和船

2noriba.JPG

船乗り場 撮影:Funazushi-maru


梅雨入りしたのにとっても清々しい天気だったこの日。青々と伸びきったヨシの上を琵琶湖の風が通りぬけていきます。


水郷めぐりには現在5つの会社が船を運行しています。水郷めぐりの船には手漕ぎ船とエンジン船がありますが、「水郷のさと まるやま」 の船は屋形タイプの手漕ぎ和船です。
乗合船は畳敷きで8名が乗れるようになっています。


3suiro.JPG

ヨシの間を船は進む 撮影:Funazushi-maru


船頭さんのゆったりとした櫓の動きとガイドの説明に合わせて、音もなく船は水の上を進みだします。聞こえるのはヨシがザワザワと風にたなびく音。


4suimen.JPG

まるでジャングルクルーズ 撮影:Funazushi-maru


風はあるものの、ヨシの壁によって水面は穏やか。細い水路をススーっと船は進みます。安っぽい言い方ですが、これはまるで和風のジャングルクルーズですね。
時には水鳥も手の届くようなところに顔を出すことも・・・。

5hashi.JPG


ヨシ原にはいくつか橋の掛けられているところがあり、水郷めぐりの船はこの下を通りぬけます。橋の造りも大変雰囲気のあるもの。


6cut.JPG

ヨシの根元に残る刈り取った跡 撮影:Funazushi-maru


このヨシ原は観光用だけでなく、実際にヨシを生業としておられる方のヨシの刈り取り場でもあります。
青いヨシの根元には以前に刈り取った根っこが白くなって残っていますね。


8ryujin.JPG

水辺にそっと佇む龍神様 撮影:Funazushi-maru


途中、水の神様(龍神様)がお祀りされていましたよ。


7ibukiyama.JPG

ヨシ原の先に浮かぶ伊吹山 撮影:Funazushi-maru


船は細い水路を通りぬけ、西の湖の一番端にある「西の湖園地」のエリアに出ました。ここから滋賀の最高峰「伊吹山」が遠くに望めます。


9suretigai.JPG

船どうしのすれ違いも趣があります 撮影:Funazushi-maru


その後西の湖の手前で折り返し元の水路を戻ります。往路の船とすれ違いますが、ぶつかりそうでぶつからないのもスリルですよ。
さすが熟練の船頭さんですね。




よし ちまき作り体験

10timaki.JPG

ヨシの葉で作るちまき 撮影:Funazushi-maru


この日はいつもと違って「よし ちまき作り体験」が実施されており、子供や大人も一生懸命ちまき作りに夢中になっていました。
これは作ったちまきを水郷めぐりの間に蒸しておいてくださるというサービス。ちまきは通常は笹の葉ですが、こちらのちまきはもちろんヨシの葉。
私もやってみましたが、中々難しい・・・。でも出来上がったちまきはヨシの香りがほんのりととても美味しかったです。




水郷めぐりは年中無休(一部の乗合船は11月まで)なので、年間通じて四季折々のヨシの風景を楽しむことができます。
また近江牛のすき焼きを船の上でいただくといったことも可能。
近江八幡にはその他にも八幡堀や近江商人の街並みなど、滋賀の良さをコンパクトに感じることのできるスポットがいっぱいですよ。




株式会社「水郷のさと まるやま」
〒523-0805 滋賀県近江八幡市円山町1467-3
TEL:0748-32-2333
HP:http://www.za.ztv.ne.jp/tekogi.maruyama/
アクセス:JR近江八幡駅より近江バス国民休暇村または長命寺行き15分 円山バス停下車
     名神高速道路 竜王I,C,より30分
料金:(定期船)大人2000円、学生1750円、小学生1000円



記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー イベント・行事・お祭り 自然・風景 見所・観光・定番スポット
2018年6月17日
« 前の記事「日本の時の発祥の地「近江神宮」に行ってきました。」へ
»次の記事「大津に登場した世界最大のシェアサイクル「ofo」に乗ってきた」 へ
滋賀特派員 新着記事
河辺いきものの森・愛知川の河辺に残された貴重な里山
雪原を思わせる白い蕎麦畑と、珍しい赤蕎麦の花が見頃です!
坂本のよもぎ餅専門店〜比叡 三九良(さんくろう)
梨とブドウの季節到来! もりやまフルーツランド
夏休み、銅鐸博物館で古代の暮らしに触れてみよう!
この夏、ビワイチ新スポットが登場!
翠色に輝く御池を訪ねて......
愛すべきガチャコンの聖地・近江鉄道ミュージアム
1年前の同じ月に投稿された記事
「第26回 草津市水産まつり」で琵琶湖の恵みに出会う!
滋賀の食材を食べつくせ!守山市の「おうみんち」に行ってきた
滋賀に来ないと見られない!「ウツクシマツ」自生地って?
天気の良い日は青空の下で日本酒だァ!「お酒日和」に参戦
生まれ変わった天井川。草津市の新しい憩いのスポット誕生!

近畿旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■滋賀県の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

日本国内にもどる

  • 特派員プロフィール
  • 滋賀特派員

    滋賀特派員
    FUNAZUSHI-MARU
    古より湖と街道の国だった近江。趣味の自転車で走るうち、そんな地元の魅力を再発見し日々ブログにて発信しています。東京から滋賀へと続く東海道・中山道は自転車で走破。五街道制覇が当面の目標です。守山市、草津市を中心に自転車で滋賀の魅力を届ける活動もしています!
    ブログ:FUNAZUSHIの国から.work
    びーもサイクル協議会HP DISQUS ID @disqus_IL7NPPr8QW

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集