海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 滋賀特派員ブログ > 巨大なV字のエビ天タワーでカツっ! 「みくりやうど...

日本国内/滋賀特派員ブログ FUNAZUSHI-MARU

日本国内・滋賀特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2018年7月 1日

巨大なV字のエビ天タワーでカツっ! 「みくりやうどん」のカレーうどん


巨大なV字のエビ天タワーでカツっ! 「みくりやうどん」のカレーうどん

湖南市名物のカレーうどん
サッカー日本代表、決勝トーナメント進出バンザーイ‼ ポーランド戦は負けはしたものの、なんとベスト16入り。予選リーグでは沢山の感動をいただきました。 そんな日本代表の応援にFunazushi-maruがゲン担ぎで食べに行ったのが、今回紹介する湖南市にある「みくりやうどん」のカレーうどんなのです!


カレーうどんで日本代表を応援? その理由は後程・・・




1nobori.jpg

お店の場所は琵琶湖からは離れた湖南市の県道沿い(旧国道1号線)。カレーうどんの幟が目印。


2omise.jpg

駐車場も広く(約50台)、お店の建物も大きいですね。この日は平日でしたが、さすがにお昼は働く人で待ちが出るほど賑わっていました。


4tennai.jpg

店内も広く、テーブル席や座敷(計88席)もありますよ。


5tennai.jpg

お昼の混雑がひと段落した後だったので、座敷へ通していただきました。


6menu.jpg

名物はカレーうどんなのですが、それ以外にもお得なメニューがいっぱいです。

7menu.jpg

お子様メニューも充実! 小さな子供連れ家族にも嬉しいですね。


8panel.jpg

注文はタッチパネルでも、店員さんを呼んでもどちらでもOK! 割りばしは大人用と子供用それぞれが用意されるという心配りが・・・




天高くそびえる勝利のエビ!

そしていよいよ主役登場! これが思わずゲン担ぎしたくなるカレーうどん‼

9meibutu.jpg

湖南市名物「海老天とエビフライのカレーうどん定食」(1380円税抜)


どんぶりから大きくはみ出す巨大な海老天とエビフライがまさに「Vの字」になってそびえます。似たようなうどんは全国にもあるかと思いますが、海老天とエビフライの組み合わせが珍しい。
天を目指し、カツ(勝つ)を掴む、まさに勝負事にぴったりなビジュアルではないでしょうか。


10ebi.jpg

有頭のエビフライは20㎝以上はあろうかというほどの大きさ! もちろん中身のエビはたっぷり衣もサクサクで、これだけでも美味しくガッツリ気分です。
カレーのお出汁は、いわゆるカレーうどんの出汁といった汁気の多いものではなく、濃厚で大変スパイシー。カレーそのものにも大変こだわりを感じることができるものとなっています。カレー好きの方でも満足感を得られますね。


ということで、残ったルーは定食のライスにぶっかけます!

11raice.jpg

カレー好きFunazushi-maruとしてはこの瞬間がタマリマセン! いやー至福の瞬間・・・・。
あっ、思わずサッカーのことも忘れるところでした。




さて、いよいよ来週は超強豪国との対戦。みんなで日本代表を応援しながら、カレーうどんで暑さを吹っ飛ばしましょう!




店名:みくりやうどん
所在地:滋賀県湖南市夏見639-1
電話番号:0748-72-4411
営業時間:11:00~22:00(ラストオーダー 21:30)、日曜営業
アクセス:JR草津線・甲西駅から1.2㎞
     名神高速「湖南インター」から国道1号線を水口方面へ約5分



記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー レストラン・料理・食材
2018年7月 1日
« 前の記事「人生初の「鮒ずし」作りにチャレンジ!」へ
»次の記事「夏の朝にひっそりと咲く、「千蓮美那の池」のスイレン」 へ
おすすめ記事
滋賀特派員 新着記事
八幡堀を自転車散歩...
日本で最初に誕生した高速道路のSA~「大津サービスエリア」
八幡堀の隠れ蔵でこだわりのクラフトビールを...近江八幡・ラビットハッチ
とりやきサントリ食堂
艶めく緑彩る、梅雨の名刹~湖東三山・金剛輪寺
やっぱり「ひまわり」には太陽が良く似合う
牛にひかれて「新善光寺」参り
東海道・水口宿の素朴なB級グルメ「スヤキ」
1年前の同じ月に投稿された記事
石山寺参拝のお土産「たばしる」って?~ 何故かサイクリストが集まる甘味処
芭蕉が愛した大津(その2)芭蕉の眠る義仲寺
芭蕉が愛した大津(その1)幻住庵を訪ねて・・・
「もりやま芦刈園」で世界のあじさい10,000本が「やまもり」‼
近江の「アジサイ寺」長命寺で、雨の季節の彩りを感じる

近畿旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■滋賀県の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

日本国内にもどる

  • 特派員プロフィール
  • 滋賀特派員

    滋賀特派員
    FUNAZUSHI-MARU
    古より湖と街道の国だった近江。趣味の自転車で走るうち、そんな地元の魅力を再発見し日々ブログにて発信しています。東京から滋賀へと続く東海道・中山道は自転車で走破。五街道制覇が当面の目標です。守山市、草津市を中心に自転車で滋賀の魅力を届ける活動もしています!
    ブログ:FUNAZUSHIの国から.work
    びーもサイクル協議会HP DISQUS ID @disqus_IL7NPPr8QW

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集