海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 滋賀特派員ブログ > 夏の日本天台三総本山の旅~近江八景三井の晩鐘「園城...

日本国内/滋賀特派員ブログ FUNAZUSHI-MARU

日本国内・滋賀特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2018年9月 7日

夏の日本天台三総本山の旅~近江八景三井の晩鐘「園城寺」


夏の日本天台三総本山の旅~近江八景三井の晩鐘「園城寺」

御井の寺
「日本天台三総本山 特別拝観券」で行く第4弾は、天台寺門宗総本山「園城寺(おんじょうじ)」です。おそらく「三井寺(みいでら)」の俗称のほうがなじみ深いのではないでしょうか?


園城寺は天智・弘文・天武天皇の勅願により建立されました。「三井寺」と呼ばれるのは、ここにある井戸の水が天智・天武・持統天皇の産湯に使われたことから、「御井の寺」と呼ばれたことに始まります。




1nioumon.JPG

仁王門 撮影:Funazushi-maru


城壁のような石垣に囲まれた広大な境内の入り口である仁王門(徳川家康によって甲賀の常楽寺より移築)。ここを潜って中へ入ります。


2kondo.JPG

金堂 撮影:Funazushi-maru


こちらが豊臣秀吉の正室 北政所によって再建された国宝の「金堂」。園城寺の総本堂になります。桃山時代を代表する建築物として知られています。




近江八景「三井の晩鐘」

3mibansho.JPG

園城寺鐘楼 撮影:Funazushi-maru


この金堂の右側にあるのが鐘楼です。ここの梵鐘は近江八景の一つ「三井の晩鐘」として親しまれているものです。
宇治の平等院、高雄の神護寺とならんで日本の三銘鐘に数えられており、その音色は有名で、現代においても「日本の残した音風景100選」にも選ばれているほどです。


この「三井の晩鐘」は冥加料300円でいつでも衝くことができますよ。


4bansho.JPG

三井の晩鐘 撮影:Funazushi-maru


これは絶対に衝いとかないとと思い、私もやってみました。3回ほど前後に揺すって勢いをつけて思い切って、「ゴォ~ーーーん!」と一発。
大変いい音が境内に鳴り響きました。


実はこの梵鐘は二代目で、慶長7年に豊臣家によって鋳造されたもの。


6benkeikane.JPG

弁慶の引摺り鐘 撮影:Funazushi-maru


初代は奈良時代の鐘でした。園城寺は寺門、比叡山延暦寺は山門と言い同じ天台宗の中でライバルとして争う時期がありました。その争いで比叡山の僧であった武蔵坊弁慶(弁慶の泣き所の弁慶ですよ)がこの鐘を奪い取っていったのです。しかしこの鐘を衝くと「イノー、イノー」と鳴るので、「そんなに三井寺へ帰りたいか!」と谷底へ投げ捨ててしまったのです。この鐘は「弁慶の引摺り鐘」と呼ばれ、当時の傷のまま残されています。




閼伽井屋の中の霊泉

5ido.JPG

閼伽井屋の中の霊泉 撮影:Funazushi-maru


金堂の裏側にひっそりとあるのが閼伽井屋(あかいや)です。閼伽井屋とは仏に供える水や花を用意する施設で、この中に三人の天皇の産湯として使われた霊泉が湧いています。この時も霊泉からポコポコと水の湧く音が聞こえてきましたよ。閼伽井屋の建物正面の上部には左甚五郎作の龍が霊泉を守っていました。




弁慶の引摺り鐘が安置されている建物から先に進むと現れるのが「一切経蔵」。


7issai.JPG

一切経蔵 撮影:Funazushi-maru


一切経蔵内部にある回転式の巨大な八角輪蔵はかなり迫力があります。




三井寺の聖域

8sando.JPG

唐院前の石灯篭 撮影:Funazushi-maru


映画のロケ地にもなった石灯篭の先には、園城寺開祖「智証大師円珍」の廟所となっている唐院があります。


9sanju.JPG

三重塔 撮影:Funazushi-maru


唐院は他の場所とは区切らており、大師堂、潅頂堂、三重塔で成り立っています。聖域と言った雰囲気ですね。




三井寺の展望台

10bishamon.JPG

毘沙門堂 撮影:Funazushi-maru


唐院から西国三十三所の札所「観音堂」へ向かいます。その途中、極彩色に彩られた「毘沙門堂」があります。
緑の中に鮮やかな朱色が映えますね。


11tendo.JPG

観音堂展望台からの眺め 撮影:Funazushi-maru


観音堂の先には展望台があり、園城寺境内や琵琶湖の眺望が得られます。


この展望台には様々な碑が建てられていますが、「大津そろばん」の記念碑がありました。


12soroban.JPG

大津そろばん記念碑 撮影:Funazushi-maru


園城寺のある大津市は実は「そろばん発祥の地」なんです。ここでは毎年全国珠算教育連盟によるそろばん供養が行われています。
そろばんは逢坂の関のあった追分町の住人 片岡庄兵衛が長崎で作り方を学び作り出しました。
密かにいろんな物の発祥の地となっている滋賀県ですね。


あと・・・、境内にはなぜか孔雀がいます。


13kujaku.JPG

こんなところに孔雀!? 撮影:Funazushi-maru




いかがでしたか? 
日本天台三総本山 特別拝観券で行く滋賀の名刹の旅。それぞれに特徴的な3つの寺院ですが、とても一日では回り切れません。
是非、琵琶湖の見える宿なんかでゆっくり泊って、滋賀の歴史と自然、そして美味しいものをじっくり味わってみてください。
秋の紅葉シーズンはさらに心揺さぶる情景が出迎えてくれるはすです。




【園城寺(三井寺)】
〇場所:滋賀県大津市園城寺町
〇TEL:077-522-2238
〇HP:http://www.shiga-miidera.or.jp/
〇アクセス:
 JRびわ湖線「大津駅」下車 京阪バス(三井寺下車)
 京阪電車「三井寺駅」下車 徒歩10分 




記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 見所・観光・定番スポット
2018年9月 7日
« 前の記事「夏の日本天台三総本山の旅~明智光秀ゆかりの寺「西教寺」」へ
»次の記事「弁慶の怪力伝説から生まれた「三井寺力餅」は、とっても上品なお味⁉」 へ
おすすめ記事
    滋賀特派員 新着記事
    人生初の「鮒ずし」作りにチャレンジ!(完成編)
    ご利益アップ!「兵いち」御朱印巡りサイクリング
    走井「月心寺」~逢坂の関に忘れられたかのような、侘びさびの名園
    滋賀と京都を繋ぐ場所、「琵琶湖疏水」で秋を感じる...
    秋の「ビワイチ」は見どころいっぱい!(後半)
    秋の「ビワイチ」は見どころいっぱい!(前半)
    「神あかり」実施中の多賀・胡宮神社
    滋賀のコスモス畑を探して...
    1年前の同じ月に投稿された記事
    近江の秋の風景を探して・・・伊香立~仰木の棚田
    築城410年で盛り上がる国宝「彦根城」、ひこにゃんも頑張ってる!
    自転車ごと乗れるガチャコン、近江鉄道「サイクルトレイン」
    彦根に来たら「スイス」に行こう⁉

    近畿旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■滋賀県の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    日本国内にもどる

    • 特派員プロフィール
    • 滋賀特派員

      滋賀特派員
      FUNAZUSHI-MARU
      古より湖と街道の国だった近江。趣味の自転車で走るうち、そんな地元の魅力を再発見し日々ブログにて発信しています。東京から滋賀へと続く東海道・中山道は自転車で走破。五街道制覇が当面の目標です。守山市、草津市を中心に自転車で滋賀の魅力を届ける活動もしています!
      ブログ:FUNAZUSHIの国から.work
      びーもサイクル協議会HP DISQUS ID @disqus_IL7NPPr8QW

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集