海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 滋賀特派員ブログ > 紫式部も愛した近江八景の名月~石山寺・秋月祭

日本国内/滋賀特派員ブログ FUNAZUSHI-MARU

日本国内・滋賀特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2018年9月24日

紫式部も愛した近江八景の名月~石山寺・秋月祭


紫式部も愛した近江八景の名月~石山寺・秋月祭

近江八景「石山の秋月」
すっかり秋めいてきたこの3連休。ちょうど連休最後の24日が十五夜ということで、全国各地でお月見イベントが多くあったのではないかと思います。滋賀でお月見と言えば近江八景のひとつ「石山の秋月」の石山寺です。


平安時代、紫式部が月を愛でながら源氏物語の構想を練った場所であり、また歴代の天皇が行幸し眼下の瀬田川を照らし浮かぶ月を眺めた「月見亭」がある寺です。そんな石山寺では毎年十五夜に「秋月祭」が行われています。今回は近江八景で描かれた中秋の名月を、石山寺まで見に行ってきました。




いざ秋月祭へ

この日は降水確率は10%程度だったものの、午後からはずっと曇り。果たして月は見えるのか・・・。
午後6時30分自転車を漕いで石山寺へ向かい始めた時、すっかり暗くなった空に登り始めた月は、雲に厚く覆われてました。


1mon.JPG

撮影:Funazushi-maru


ただ今日は秋月祭、月は見えずとも境内では様々な催しが行われているので、それらを見るのも楽しみです。
夜の石山寺は初めて。門に灯されたほのかな提灯に、この先どんな景色を見せてくれるのか期待が高まります。


2sando.JPG

撮影:Funazushi-maru


門を潜ると参道に灯された行灯が奥までいざないます。行灯のひとつひとつには源氏物語の各帖の題名と絵巻が・・・。
まさに源氏物語の世界への入り口のようです。


拝観受付から中に入り、長い階段を登った先には・・・


3akari.JPG

撮影:Funazushi-maru


4akari.JPG

一つ一つ丁寧に灯された蝋燭たち 撮影:Funazushi-maru


5akari.JPG

「石山寺」と書かれた灯りも 撮影:Funazushi-maru


本堂前は蝋燭のほのかな灯りで満たされた世界が広がっていまいた!
その先には石山寺の象徴でもある大きな岩と多宝塔。ライトアップされて、より幻想的な雰囲気で浮かび上っています。


本堂へと続く道も、細かな細工の施された竹灯籠が迎えてくれます。
その先には主役登場?


6murasaki.JPG

撮影:Funazushi-maru


目の前に急に現れるので若干ドキッとしてしまいましたが、源氏物語の構想を練っている様子の紫式部の人形が・・・。


いえいえ、今日の主役はもちろん月ですよね。
本堂からさらに進むと、


7tsuki.JPG

撮影:Funazushi-maru


先ほどまで雲の厚いベールの下に隠れいていた月が、鐘楼の上に浮かび上がり、少し顔を出してくれました。
皆さん、この瞬間を逃さないとカメラを一斉に構えます。刻々と変わる月の表情に翻弄される我ら・・・魔性の月ですね。


でも石山寺で最も月見の絵になる場所はまだ先にあるのです!


大岩の先にある多宝塔の前を過ぎると、そこが石山寺のてっぺん。


8akei.JPG

撮影:Funazushi-maru


眼下には黒く沈んだ瀬田川の流れと、大津の街あかりが。
そして・・・・・




9tsuki.JPG

撮影:Funazushi-maru


紫式部もここから中秋の名月を愛でたであろう、石山寺の「月見台」が。その屋根の上には主役がしっかり出番を待っていたかのように登ってくれていました。さすが平安の世から人々を魅了してきた「石山の秋月」。演出も完璧でしたね!
しかし私ごときのカメラの腕前ではこの感動を届けきることは難しい・・・、と、カメラの技術も勉強せねばと誓うFunazushi-maruでした。




やっぱり団子

で、なんだかんだ、最後は花より団子ではなく「月より団子」。

10dango.JPG

撮影:Funazushi-maru


滋賀を代表する菓匠「叶匠壽庵(かのうしょうじゅあん)」の【月見だんご】1本200円と【みたらしだんご】1本150円に飛びつきました。
さすが叶匠壽庵の月見団子、栗の入った甘さ控えめな粒あんがたっぷり!みたらしもしょうゆの香りがしっかり効いています。
せっかく頑張って出てきてくれたお月さまに申し訳ないですが、近江八景そっちのけでイタダキマシタ!




【石山寺】
〇場所:滋賀県大津市石山寺1-1-1
〇TEL:077-537-1105(石山観光協会)
〇HP:http://www.ishiyamadera.or.jp
〇アクセス:
 JR琵琶湖線「石山駅」下車 京阪バス約10分(石山寺下車)
 京阪電車「京阪石山寺駅」下車 徒歩約10分 




記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー イベント・行事・お祭り 自然・風景 見所・観光・定番スポット
2018年9月24日
« 前の記事「弁慶の怪力伝説から生まれた「三井寺力餅」は、とっても上品なお味⁉」へ
»次の記事「気軽に参加できる自転車イベント「モリイチ・スタンプラリー」」 へ
滋賀特派員 新着記事
草津・あなむら名物、激レア串団子
大津「八百与」~滋賀・京都で唯一の宮内省御用達「千枚漬」は滋賀にあった!
カキツバタの咲く神秘の池
ハマヒルガオの開花とともに、新たな日常へ......
地元応援!滋賀のテイクアウト情報(草津市・RojiRoji)
地元応援!滋賀のテイクアウト情報(草津市・ベトナムレストラン アンデップ)
地元応援!滋賀のテイクアウト情報(草津市・魚処いさり火)
地元応援!滋賀のテイクアウト情報(草津市・名代 宿場そば)
1年前の同じ月に投稿された記事
近江の秋の風景を探して・・・伊香立~仰木の棚田
築城410年で盛り上がる国宝「彦根城」、ひこにゃんも頑張ってる!
自転車ごと乗れるガチャコン、近江鉄道「サイクルトレイン」
彦根に来たら「スイス」に行こう⁉

近畿旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■滋賀県の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

日本国内にもどる

  • 特派員プロフィール
  • 滋賀特派員

    滋賀特派員
    FUNAZUSHI-MARU
    古より湖と街道の国だった近江。趣味の自転車で走るうち、そんな地元の魅力を再発見し日々ブログにて発信しています。東京から滋賀へと続く東海道・中山道は自転車で走破。五街道制覇が当面の目標です。守山市、草津市を中心に自転車で滋賀の魅力を届ける活動もしています!
    ブログ:FUNAZUSHIの国から.work
    びーもサイクル協議会HP DISQUS ID @disqus_IL7NPPr8QW

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集