海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 滋賀特派員ブログ > にぎやかな旧宿場町の歳末市~「もりやまいち」

日本国内/滋賀特派員ブログ FUNAZUSHI-MARU

日本国内・滋賀特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2018年12月25日

にぎやかな旧宿場町の歳末市~「もりやまいち」


にぎやかな旧宿場町の歳末市~「もりやまいち」

中山道・守山宿が賑わう、歳末恒例のもりやまいち
滋賀は遠い昔からつづく「道の国」。東海道や中山道といった旧街道がいくつも県内にその姿を残しています。そんな旧街道の宿場町の一つが「守山宿」。現在は守山市守山1丁目~2丁目付近に宿場情緒が残る商店街となっています。ここで行われているのが今年で24回を数える歳末市「もりやまいち」です。


1mori.JPG

大勢の人で賑わう「もりやまいち」撮影:Funazushi-maru


いちの起源は室町時代まで遡るそうで、宿場の賑わいを復活させる取り組みとして始められました。商店街のある約300mの道路が歩行者天国となり、約60店もの屋台や、市内の4中学校に通う生徒たちのお店の他、様々なイベントが街道で賑わいます。


2mori.JPG

チンドン屋さんも練り歩く 撮影:Funazushi-maru


私も今回初めて訪れましたが、びっくりするほど多くの人で賑わっており、まるで年の瀬のアメ横にでも来たかのよう。人ごみの中を縫うようにしてチンドン屋さんが練り歩き、賑わいに一役買っていました。


4mori.JPG

盛り上がるステージイベント 撮影:Funazushi-maru


特設ステージでは吉本芸人の司会によるイベントなども盛りだくさん。ちょうどこの時はじゃんけん大会の真っ最中でした。


6mori.JPG

南京玉すだれも街道を盛り上げる 撮影:Funazushi-maru


街道沿いでは大道芸の披露も。




もりやまいちの屋台

もりやまいちの屋台は、おそらく他の地域のお祭りなどとは違った一風変わった屋台も出ています。


3mori.JPG

琵琶湖の恵みも屋台に並ぶ 撮影:Funazushi-maru


地元の漁協さんや湖魚料理を扱う屋台が、焼きそばやフランクフルトなどの屋台に並びます。そして滋賀らしいのが鮒ずしの屋台。
試食もできましたよ!


5mori.JPG

ワイン専門店さんも大忙し 撮影:Funazushi-maru


商店街にあるワイン専門店では美味しいリゾットが提供されていました。もちろん店内ではワインもいただけましたよ。


7mori.JPG

守山の伝統野菜「守山矢島かぶら」 撮影:Funazushi-maru


こんな屋台もありました。「もりやま食のまちづくりプロジェクト」の皆さんがPRしているのは、守山市がイチオシの近江の伝統野菜「守山矢島かぶら」です。かぶらの原種にあたるもので、昔から守山市の矢島地域で育てられていたもの。農家の高齢化などで生産量が激減し存続の危機となっていたところを、プロジェクトの皆さんが復活させるべく活動されています。


8mori.JPG

紫色が美しい守山矢島かぶら サラダがオススメ 撮影:Funazushi-maru


この日は1kgなんと100円(おおよそ3つ)で販売されてましたので、頂いて帰りました。


守山矢島かぶらの特徴はこの見た目。鮮やかな紫色が綺麗なので、この色合いを生かした食べ方が良さそうです。
生が大変美味しいとのことなので、早速皮付きのまま刻んで、軽く少量の塩でもみ、鰹節をパラパラかけワサビを乗せて、ポン酢をさっとかければ「守山矢島かぶら」の和風サラダ完成!
晩酌のおつまみに食べてたら写真撮るの忘れてました...もちろん浅漬け等のお漬け物にもピッタリです。




まだまだ滋賀には地元の人しか知らないイベントや、食材がありますね。
今回が2018年最後の投稿になりそうですが、2019年も引き続き、滋賀の知られざるスポットやイベント、文化や歴史を、若干片寄り気味な視点でお届けしていきます!


2019年も滋賀をよろしくお願いいたします。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー イベント・行事・お祭り
2018年12月25日
« 前の記事「人生初の「鮒ずし」作りにチャレンジ!(完成編)」へ
»次の記事「亥年のスタートは、神猪に導かれ「馬見岡綿向神社」で開運祈願!」 へ
滋賀特派員 新着記事
草津・あなむら名物、激レア串団子
大津「八百与」~滋賀・京都で唯一の宮内省御用達「千枚漬」は滋賀にあった!
カキツバタの咲く神秘の池
ハマヒルガオの開花とともに、新たな日常へ......
地元応援!滋賀のテイクアウト情報(草津市・RojiRoji)
地元応援!滋賀のテイクアウト情報(草津市・ベトナムレストラン アンデップ)
地元応援!滋賀のテイクアウト情報(草津市・魚処いさり火)
地元応援!滋賀のテイクアウト情報(草津市・名代 宿場そば)
1年前の同じ月に投稿された記事
「南郷洗堰」の上に月1出現する、とってもレアでレトロなカフェ!
「湖国の迎賓館」に出現した光のせせらぎ
「クリスマスブーツ」発祥の地
大河ドラマ第1作目の舞台「埋木舎」

近畿旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■滋賀県の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

日本国内にもどる

  • 特派員プロフィール
  • 滋賀特派員

    滋賀特派員
    FUNAZUSHI-MARU
    古より湖と街道の国だった近江。趣味の自転車で走るうち、そんな地元の魅力を再発見し日々ブログにて発信しています。東京から滋賀へと続く東海道・中山道は自転車で走破。五街道制覇が当面の目標です。守山市、草津市を中心に自転車で滋賀の魅力を届ける活動もしています!
    ブログ:FUNAZUSHIの国から.work
    びーもサイクル協議会HP DISQUS ID @disqus_IL7NPPr8QW

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集