海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 滋賀特派員ブログ > 湖北の春の風物詩・長浜「盆梅展」

日本国内/滋賀特派員ブログ FUNAZUSHI-MARU

日本国内・滋賀特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2019年1月20日

湖北の春の風物詩・長浜「盆梅展」


湖北の春の風物詩・長浜「盆梅展」

新春の風物詩「盆梅展」
もう皆さまは正月気分はすっかり抜けているかと思いますがいかがでしょうか? とは言えこれから冬の本番を迎える滋賀ではありますが、そんな雪深い滋賀の湖北で春を告げる風物詩となっているイベントが長浜市で開かれます。 それが「長浜盆梅展」 です。


1bonbai.JPG

1952年から始まり今年で68回目を数える歴史ある盆梅展は、羽柴秀吉の長浜城からほど近い「慶雲館」(明治天皇行幸のために建てられ、伊藤博文が命名した国の名勝庭園を持つ建物)にて行われます。


2bonbai.JPG

毎年この時期の湖北は雪があちこちにうず高く積もっているものですが、今年はかなりいつもと様子が違います。もう3月かと思うくらいの暖かさ。遠くの山のてっぺん以外には白いものはまったくありません。


慶雲館の庭園を通りぬけ、建物に入ると...


3bonbai.JPG

入り口に堂々とした盆梅が待ち構えていました。
すでに梅のいい香りが漂います。


4bonbai.JPG

5bonbai.JPG

広大な池泉回遊式庭園が望める純和風の座敷に、鉢植えであることが不思議になるくらいの大きな梅の木が並びます。この盆梅、中には3mを越えるものも。そんな盆梅の開化時期に応じて、約300鉢の中からから常時90鉢を展示しているのです。
古いものでは樹齢400年を超えるような大変な古木もあるそう。展示されている盆梅には名前が付けられており、それらの開花状況をホームページで見ることができます。


座敷の一番奥には、この今回リーフレットの表紙を飾っている「林光(りんこう)」が鉢の下に張られた水にその優雅な姿を映し出していました。

6bonbai.JPG
7bonbai.JPG




古き伝統に吹く新しき風

座敷のある旧館を抜けた先は新館となっています。今年は京都造形大学の学生達がこの新館エリアをプロデュース!

8bonbai.JPG

古き伝統に、若い人たちの新しいセンスがどのようにコラボレーションしているのかというところも見どころです。




お土産も充実!

新館2Fではお茶席やお土産スペースもあり、ここでしか味わえない味覚などもありますよ。
9bonbai.JPG

明治27年の創業以来、変わらぬ味を守り続けている元祖堅ボーロ本舗の「堅ボーロ」
その名の通りとっても堅いお菓子ですので、歯が弱い方はご用心。盆梅展にピッタリの「うめぼうろ」もありました。

10bonbai.JPG

Funazushi-maru的にはこちらもオススメ。地元長浜の酒蔵・佐藤酒造 の梅酒は日本酒で漬け込まれており、マイルドで大変美味しい梅酒です。




長浜・盆梅展はこれから3月まで開催されていますが、今年は暖冬のためやや開花が早い傾向と聞きます。是非ホームページをチェックして、見たい鉢の咲き頃をチェックして訪れてください。




【慶雲館】
〇場所:〒526-0067 滋賀県長浜市港町2-5
〇TEL:0749-62-0740
〇HP:http://www.kitabiwako.jp/keiunkan/index.html
〇アクセス:
 電車:JR北陸本線・長浜駅西口から南へ徒歩3分
 車:北陸自動車道 長浜ICより約5㎞ 
   長浜市豊公園駐車場より徒歩3分



 


記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー お題 イベント・行事・お祭り ショッピング・雑貨・お土産 見所・観光・定番スポット
2019年1月20日
« 前の記事「冬の近江八景・比良の雪化粧と早咲きの菜の花」へ
»次の記事「フナだけじゃない!湖北の郷土料理「焼鯖そうめん」とは」 へ
滋賀特派員 新着記事
ハマヒルガオの開花とともに、新たな日常へ......
地元応援!滋賀のテイクアウト情報(草津市・RojiRoji)
地元応援!滋賀のテイクアウト情報(草津市・ベトナムレストラン アンデップ)
地元応援!滋賀のテイクアウト情報(草津市・魚処いさり火)
地元応援!滋賀のテイクアウト情報(草津市・名代 宿場そば)
地元応援!滋賀のテイクアウト情報(近江八幡・食堂ヤポネシア)
地元応援!滋賀のテイクアウト情報(ぶらりごはん&BIWAKO DAUGHTERS)
湖岸を彩るピンクの絨毯
1年前の同じ月に投稿された記事
炎とともに乱舞する紅白の...⁉ 近江の奇祭「勝部の火祭り」
こんなところにあった「源義経・元服の地」と「平家の終焉の地」
鏡餅発祥の地にひっそり佇む国宝「大笹原神社」
多賀大社は「おたまじゃくし」と「お伊勢さん」の生みの親!

近畿旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■滋賀県の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

日本国内にもどる

  • 特派員プロフィール
  • 滋賀特派員

    滋賀特派員
    FUNAZUSHI-MARU
    古より湖と街道の国だった近江。趣味の自転車で走るうち、そんな地元の魅力を再発見し日々ブログにて発信しています。東京から滋賀へと続く東海道・中山道は自転車で走破。五街道制覇が当面の目標です。守山市、草津市を中心に自転車で滋賀の魅力を届ける活動もしています!
    ブログ:FUNAZUSHIの国から.work
    びーもサイクル協議会HP DISQUS ID @disqus_IL7NPPr8QW

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集