海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 滋賀特派員ブログ > ガラスが救った街、長浜・「黒壁スクエア」

日本国内/滋賀特派員ブログ FUNAZUSHI-MARU

日本国内・滋賀特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2019年2月 2日

ガラスが救った街、長浜・「黒壁スクエア」


ガラスが救った街、長浜・「黒壁スクエア」

秀吉が開いた長浜の活気をガラスで取り戻せ!
13kurokabe.JPG

長浜市内各所で見られる秀吉の馬印 瓢箪のマーク 撮影:Funazushi-maru


後の天下人 羽柴秀吉が初めて城を築き治めた地、長浜。
かつては今浜と呼ばれていた地を、秀吉が主君である織田信長より一字をもらい「長浜」と名付けました。


0kurokabe.JPG

北国街道沿いには今も古い町並みが残る 撮影:Funazushi-maru


北陸と五街道のひとつ中山道をつなぐ主要道路「北国街道」が街の中心を通る長浜は、人や物の往来も多く昭和初期まで大変栄えていました。しかし、戦後の高度経済成長期の鉄道や道路の発達における人や物の流れの変化は、長浜の存在感を失わせていきました。
このような変化は滋賀県全体に言える状況、つまり琵琶湖における水運という機能が価値をなくしたのです。


1kurokabe.JPG

黒壁スクエアの中心的存在である黒壁ガラス館 撮影:Funazushi-maru


明治近代化の時代に建てられた元第百三十銀行長浜支店。黒漆喰の壁から「黒壁銀行」の愛称で親しまれ、その後様々な施設として利用されてきましたが、長浜の衰退の波にのまれ姿を消そうとしていました。


この黒壁銀行を消滅の危機から救い、見事長浜を観光の街として復活させた人たちがいます。
地元有志を中心に立ち上がった第三セクター「株式会社黒壁」。売却された黒壁銀行の建物を買い戻し、今では「黒壁ガラス館」としてガラスの街・長浜の中心スポットに仕立てたのです。


7kurokabe.JPG

ヨーロッパを中心に買い付けられた本格的なガラス製品が並ぶ 撮影:Funazushi-maru


ちなみに長浜とガラスの関係、それまでは何も繋がりはありませんでした。
買い戻した黒壁銀行の建物を中心とした商店街の復活を考えるにあたり、単なる街並みの素敵な観光地だけでは長続きしないと考えた後の黒壁2代社長笹原氏を中心としたメンバーは、ヨーロッパにおけるガラスの文化に注目。長浜に本場のガラス文化を定着させることが出来れば、10年でも100年でも人が訪れる街を作ることが出来る。
そう信じてまちづくりをスタートされたそうです。それから30年、今では年間160万人を超える観光客が押し寄せる滋賀でもトップクラスの観光地になりました。




ガラスのお雛様展

そんな黒壁スクエアでは現在様々な30周年の記念イベントが開催されています。


2kurokabe.JPG

とっても可愛らしいガラスのお雛様たち 撮影:Funazushi-maru


2019年の1月スタートで3月3日まで開催されている注目の催しが「春の訪れ ガラスのお雛様展」 です。
黒壁ガラス館をはじめ、エリア一帯にて様々なガラスのお雛様が出迎えてくれますよ。

3kurokabe.JPG

自分好みの段飾りが手に入る 撮影:Funazushi-maru


5kurokabe.JPG

手作り体験できるクリスタルドームで自分だけのお雛様を 撮影:Funazushi-maru


一体ずつ自分好みに組み合わせて作る段飾りや、クリスタルドームを使ったクラフト体験など、見るだけでなく様々なガラスのお雛様を楽しむことが出来ます。


現在の長浜は黒壁スクエアを中心に活気を取り戻し、まちづくりの好事例全国から視察が相次いでいるそう。
まさにガラスのようにキラキラ輝く街になったのです。




【春の訪れ ガラスのお雛様展】
開催期間:2019年1月1日(火)~3月3日(日)
営業時間:10:00~17:00
定休日:なし(12月は火曜日定休)

会場:黒壁ガラス館・黒壁AMISU 4SEASON 他

〇場所:滋賀県長浜市元浜町12番38号
〇TEL:0749-65-2330
〇HP:http://www.kurokabe.co.jp/event/4343/
〇アクセス:
(電車)JR北陸線 長浜駅下車 徒歩5分
(車)北陸自動車道 長浜ICより10分




記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー イベント・行事・お祭り ショッピング・雑貨・お土産 見所・観光・定番スポット
2019年2月 2日
« 前の記事「フナだけじゃない!湖北の郷土料理「焼鯖そうめん」とは」へ
»次の記事「ファン殺到!今滋賀でとてもホットな「大野神社」」 へ
滋賀特派員 新着記事
ハマヒルガオの開花とともに、新たな日常へ......
地元応援!滋賀のテイクアウト情報(草津市・RojiRoji)
地元応援!滋賀のテイクアウト情報(草津市・ベトナムレストラン アンデップ)
地元応援!滋賀のテイクアウト情報(草津市・魚処いさり火)
地元応援!滋賀のテイクアウト情報(草津市・名代 宿場そば)
地元応援!滋賀のテイクアウト情報(近江八幡・食堂ヤポネシア)
地元応援!滋賀のテイクアウト情報(ぶらりごはん&BIWAKO DAUGHTERS)
湖岸を彩るピンクの絨毯
1年前の同じ月に投稿された記事
湖北に春を告げる「ザゼンソウ」
右も左も、鮒寿司、鮒寿司、鮒寿司・・・守山鮒ずしの会に潜入!
斬新で新鮮!草津野菜たっぷりのフォトジェニックなサンドイッチ
琵琶湖ツララ出現!

近畿旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■滋賀県の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

日本国内にもどる

  • 特派員プロフィール
  • 滋賀特派員

    滋賀特派員
    FUNAZUSHI-MARU
    古より湖と街道の国だった近江。趣味の自転車で走るうち、そんな地元の魅力を再発見し日々ブログにて発信しています。東京から滋賀へと続く東海道・中山道は自転車で走破。五街道制覇が当面の目標です。守山市、草津市を中心に自転車で滋賀の魅力を届ける活動もしています!
    ブログ:FUNAZUSHIの国から.work
    びーもサイクル協議会HP DISQUS ID @disqus_IL7NPPr8QW

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集