海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 滋賀特派員ブログ > 「都しだれ」~ 山奥に佇む樹齢400年のしだれ桜

日本国内/滋賀特派員ブログ FUNAZUSHI-MARU

日本国内・滋賀特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2019年4月14日

「都しだれ」~ 山奥に佇む樹齢400年のしだれ桜


「都しだれ」~ 山奥に佇む樹齢400年のしだれ桜

樹齢400年の畑のしだれ桜
次のNHK朝ドラ「スカーレット」の舞台として注目を集める滋賀県甲賀市信楽。 全国的にはタヌキの焼き物が有名な信楽焼の産地です。 その信楽の中心地から山深く入ったところに「畑」という静かな里があります。ここには「畑のしだれ桜」というエゾヒガン桜が400年以上毎年ひっそりと咲き誇っているのです。


DSC03209.JPG


この桜は京の都から持ち込まれたものと伝わっています。
平安時代後期、平家の滅亡によって都落ちした人々がこの地に身を寄せ、その人々が都を偲ぶために植えたのが始まりとの説があります。
そのため別名「都しだれ」と呼ばれているのです。


DSC03214.JPG


はたまた別の説では、徳川家康が江戸と京都を行き来する際に使った「徳川家康隠密街道」が畑を通るルートとなっており、家康が休憩したこの地に桜を植えたのが現在の木だとの説もあります。
そのため江戸時代初期から数えて樹齢400年と言われているのです。




次の世代へ歴史を語り継ぐ桜

DSC03218.JPG


最近では駐車場やトイレも完備され、見学しやすくなっています。しかし400年の老木、少しずつですが木も弱りつつあるそう...。


DSC03217.JPG


しかしご心配なく。ちゃんと次の世代の木が、現在のしだれ桜の側だけでなく、周囲にも分けて植えられています。
その木が現在の桜にようになる姿を見るには、あと数百年もかかってしまいますけどね。


DSC03224.JPG


平地と比べまだ少し気温が低いこの地。ソメイヨシノもまだまだ2分咲程度。しだれ桜もあと1週間くらいは見頃まで時間がありそうですよ。




【畑しだれ桜】
〇場所:滋賀県甲賀市信楽町畑
〇TEL:077-578-0013
〇HP:http://www.ac-koka.jp/miyakoshidare/
〇アクセス:
 信楽高原鐵道/信楽線「信楽駅」下車、車15分
 信楽高原鐵道/信楽線「信楽駅」下車 バス20分、「畑」下車
 または車で新名神高速道路信楽ICから30分



記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 自然・風景 見所・観光・定番スポット
2019年4月14日
« 前の記事「春の草津市いちご巡り(2)こはる農園」へ
»次の記事「ふと立ち寄った信楽のパン屋さん「ヤクメベーカリー」」 へ
おすすめ記事
滋賀特派員 新着記事
八幡堀の隠れ蔵でこだわりのクラフトビールを...近江八幡・ラビットハッチ
とりやきサントリ食堂
艶めく緑彩る、梅雨の名刹~湖東三山・金剛輪寺
やっぱり「ひまわり」には太陽が良く似合う
牛にひかれて「新善光寺」参り
東海道・水口宿の素朴なB級グルメ「スヤキ」
サツキの宝船が浮かぶ、大池寺の蓬莱庭園
Xinobi(シノビ)の里~甲賀忍者の山城巡り
1年前の同じ月に投稿された記事
70年の時を経て蘇った「びわ湖疏水船」で、特別なタイムスリップ体験!
桜だけじゃない!春の湖岸を彩る「ノウルシ」の群生
喧騒を避けて早朝の「海津大崎」へ。神秘的な琵琶湖の風景を求めて
家族でゆっくり、でも見ごたえたっぷりの「守山・笠原の桜」

近畿旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■滋賀県の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

日本国内にもどる

  • 特派員プロフィール
  • 滋賀特派員

    滋賀特派員
    FUNAZUSHI-MARU
    古より湖と街道の国だった近江。趣味の自転車で走るうち、そんな地元の魅力を再発見し日々ブログにて発信しています。東京から滋賀へと続く東海道・中山道は自転車で走破。五街道制覇が当面の目標です。守山市、草津市を中心に自転車で滋賀の魅力を届ける活動もしています!
    ブログ:FUNAZUSHIの国から.work
    びーもサイクル協議会HP DISQUS ID @disqus_IL7NPPr8QW

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集