海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 滋賀特派員ブログ > ふと立ち寄った信楽のパン屋さん「ヤクメベーカリー」

日本国内/滋賀特派員ブログ FUNAZUSHI-MARU

日本国内・滋賀特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2019年4月15日

ふと立ち寄った信楽のパン屋さん「ヤクメベーカリー」


ふと立ち寄った信楽のパン屋さん「ヤクメベーカリー」

偶然見つけた小さなパン屋さん
先日「畑のしだれ桜」を見に信楽の畑地区まで自転車で走りましたが、そこから山を抜けて信楽の中心街へ一度出てから帰ろうと走っていると、古い町並みの残る旧道沿いにパン屋さんを発見しました。


1yakume.JPG


ヤクメベーカリー さんです。


交通量の多い国道から一本入ったところにあるので、車で走っていてもまずは見つけることができません。
店には控えめな「YAKUME BAKERY」の文字と小さな看板。よーく見ないとパン屋さんかどうかもぱっと見にはわからないかも...
ちょうど通りかかったときは店の窓も曇っていて店内の様子が外からわからず、開いているのかどうか外からきょろきょろしていると、
中から手を振っていただいき、開店中であることに気が付きました。




小さい店内に厳選されたハイレベルのパン達!

2yakume.JPG


小さいけど明るくお洒落な雰囲気の店内です。


3yakume.JPG


店の壁際にはずらっとパンが並びます。
種類はけして多いというわけではありませんが、食パンやクリームパンやあんぱんといった基本系はもちろん、きのこクリームソースピザやメロンパンなど小ぶりながらもとても美味しそう!


4yakume.JPG


スイーツ系のパンもかなりレベル高そうな雰囲気。これは期待できます!
ちょうどお昼前でお腹も減ってきたところ。ガッツリと「きのこクリームソースピザ(200円)」と「練乳クリーム(150円)」、「あんバター(170円)」、それに「じゃがいもとベーコンのエスカルゴバター(220円)」を購入。で、きのこクリームソースピザを頂きましたが、これがきのこやベーコン?といった具材がピザタイプのパンとは思えないほどたっぷり!まるで上質なグラタンです。思わずナイフとフォークで食べたくなるくらい。あんバターや練乳クリームも中身がたっぷりで、しかもコッペパンの部分はモッチモチ。これは病みつきになりそう。


5yakume.JPG


ヤクメベーカリーさん、信楽でくめや菓舗という和菓子屋をされていて、2年ほど前からパン屋さんを始められたそう。
どうりでアンコがパン屋さんとは思えないほど美味しいはずです。


6yakume.JPG


お土産で持って帰ったパンを食べた妻や子供たちも、美味しいを連発。私も普段焼きたてパンでそんなに感動することはなかったですが、初めて感動を覚えました! ということで、翌日も妻を連れて車でお邪魔し、食パンとあんバターを買って帰るほどハマってしまいました...。


今は土日のみの営業ですが、5月からはもう少し営業日が増えるそうです。
これは、ヤクメベーカリーのパン全種制覇したくなってきたぞ!




【YAKUME BAKERY】
〇場所: 滋賀県甲賀市信楽町長野516−18
〇TEL:090-3943-4018
〇HP:https://yakume-bakery.business.site/
〇アクセス:
 信楽高原鉄道「信楽駅」下車 徒歩約11分
 新名神高速道路 信楽ICから車で約11分



記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー レストラン・料理・食材
2019年4月15日
« 前の記事「「都しだれ」~ 山奥に佇む樹齢400年のしだれ桜」へ
»次の記事「お手軽なのに大満足!奇岩・巨岩の絶景が広がる金勝アルプス」 へ
おすすめ記事
滋賀特派員 新着記事
艶めく緑彩る、梅雨の名刹~湖東三山・金剛輪寺
やっぱり「ひまわり」には太陽が良く似合う
牛にひかれて「新善光寺」参り
東海道・水口宿の素朴なB級グルメ「スヤキ」
サツキの宝船が浮かぶ、大池寺の蓬莱庭園
Xinobi(シノビ)の里~甲賀忍者の山城巡り
小野の三神社
卵かけご飯食べ放題の至福の時間、「たまごや比良の郷」
1年前の同じ月に投稿された記事
70年の時を経て蘇った「びわ湖疏水船」で、特別なタイムスリップ体験!
桜だけじゃない!春の湖岸を彩る「ノウルシ」の群生
喧騒を避けて早朝の「海津大崎」へ。神秘的な琵琶湖の風景を求めて
家族でゆっくり、でも見ごたえたっぷりの「守山・笠原の桜」

近畿旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■滋賀県の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

日本国内にもどる

  • 特派員プロフィール
  • 滋賀特派員

    滋賀特派員
    FUNAZUSHI-MARU
    古より湖と街道の国だった近江。趣味の自転車で走るうち、そんな地元の魅力を再発見し日々ブログにて発信しています。東京から滋賀へと続く東海道・中山道は自転車で走破。五街道制覇が当面の目標です。守山市、草津市を中心に自転車で滋賀の魅力を届ける活動もしています!
    ブログ:FUNAZUSHIの国から.work
    びーもサイクル協議会HP DISQUS ID @disqus_IL7NPPr8QW

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集