海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 滋賀特派員ブログ > サツキの宝船が浮かぶ、大池寺の蓬莱庭園

日本国内/滋賀特派員ブログ FUNAZUSHI-MARU

日本国内・滋賀特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2019年6月16日

サツキの宝船が浮かぶ、大池寺の蓬莱庭園


サツキの宝船が浮かぶ、大池寺の蓬莱庭園

水口の大池寺
滋賀はまだ梅雨入り宣言出ていませんが、週末が雨だと自転車乗りの私としてはちょっと悲しい...。 ですが、そんな今の時期だからこそ行ってみたい場所はないかと探していたら見つけました。


甲賀市・水口の「大池寺(だいちじ)」です。




こちらには「蓬莱庭園」というサツキの大刈り込み鑑賞式枯山水庭園があり、ちょうど今の時期がサツキの見頃とか...
ということで、行ってきました。


1daichi.JPG

大池寺は水口中心街より車で数分のところにあります。
この寺は高僧の行基菩薩が、日照りに悩む農民のために灌漑用水として「心」の字の形に4つの池を掘り、その中央に建てたものだそうです。


10daichi.JPG

この時期らしく、アジサイの花が出迎えてくれました。




まるで絵葉書のような蓬莱庭園

2daichi.JPG

拝観料400円を納めて建物の奥へと入ります。
入ってすぐの部屋からは江戸後期の作と言われる庭園があり、住職の説明やビデオでの解説が楽しめるようになっています。


そしてさらに奥へと入ったところには...


3daichi.JPG

サツキの濃いピンクに彩られた大刈り込みが横たわる庭園が、暗い室内の先に浮かび上がるように現れました!


4daichi.JPG

この庭園は江戸初期寛永年間に小堀遠州によって作られたものとされており、枯山水の白い波の上に浮かぶ七福神の乗った宝船を表しています。
部屋の縁で切り取られたように見える蓬莱庭園は大変見事で、まさに1枚の絵ハガキのよう。
福寿に溢れた大変ありがたい眺めでした!




甲賀三大仏と弁天池の

他にもいろいろ見どころが...


5daichi.JPG

甲賀市にある大池寺、櫟野寺、十楽寺の3つのお寺の大仏は「甲賀三大仏」 と呼ばれ、こちらのお寺の釈迦如来像は約八尺の大きさを誇ります。

6daichi.JPG

各所には散華が置いてあり、甲賀三大仏の散華ケースは100円を納めることでいただくことができます。


7daichi.JPG


8daichi.JPG

お寺を出て右手には、弁天池がこちらも見頃を迎えたスイレンで埋め尽くされていました。
弁天池には「沈み鳥居」と言われる鳥居が、池の真ん中に佇んでいます。こんな景観もなかなか他では見られないのではないでしょうか?




9daihi.JPG

大池寺の蓬莱庭園は、四季を通じて様々な表情を見せてくれるそうなので、何度でも訪れたくなる場所ですね。




【臨済宗妙心寺派 大池寺】
〇場所:滋賀県甲賀市水口町名坂1168
〇TEL:0748-62-0396
〇HP:https://www.sunalix.co.jp/daichiji/
〇アクセス:
 (電車)JR草津線「貴生川駅」下車 甲賀コミュニティバス広野台線大池寺下車すぐ
 (車)新名神甲賀土山ICより約15分



 


記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 自然・風景 見所・観光・定番スポット
2019年6月16日
« 前の記事「Xinobi(シノビ)の里~甲賀忍者の山城巡り」へ
»次の記事「東海道・水口宿の素朴なB級グルメ「スヤキ」」 へ
おすすめ記事
滋賀特派員 新着記事
八幡堀の隠れ蔵でこだわりのクラフトビールを...近江八幡・ラビットハッチ
とりやきサントリ食堂
艶めく緑彩る、梅雨の名刹~湖東三山・金剛輪寺
やっぱり「ひまわり」には太陽が良く似合う
牛にひかれて「新善光寺」参り
東海道・水口宿の素朴なB級グルメ「スヤキ」
サツキの宝船が浮かぶ、大池寺の蓬莱庭園
Xinobi(シノビ)の里~甲賀忍者の山城巡り
1年前の同じ月に投稿された記事
人生初の「鮒ずし」作りにチャレンジ!
大津に登場した世界最大のシェアサイクル「ofo」に乗ってきた
ヨシ原の郷、近江八幡・円山町で「水郷めぐり」
日本の時の発祥の地「近江神宮」に行ってきました。

近畿旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■滋賀県の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

日本国内にもどる

  • 特派員プロフィール
  • 滋賀特派員

    滋賀特派員
    FUNAZUSHI-MARU
    古より湖と街道の国だった近江。趣味の自転車で走るうち、そんな地元の魅力を再発見し日々ブログにて発信しています。東京から滋賀へと続く東海道・中山道は自転車で走破。五街道制覇が当面の目標です。守山市、草津市を中心に自転車で滋賀の魅力を届ける活動もしています!
    ブログ:FUNAZUSHIの国から.work
    びーもサイクル協議会HP DISQUS ID @disqus_IL7NPPr8QW

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集