海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 滋賀特派員ブログ > 新・朝ドラの舞台「信楽」へ行ってきた!~窯元散策編...

日本国内/滋賀特派員ブログ FUNAZUSHI-MARU

日本国内・滋賀特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2019年9月23日

新・朝ドラの舞台「信楽」へ行ってきた!~窯元散策編(1)


新・朝ドラの舞台「信楽」へ行ってきた!~窯元散策編(1)

最先端の乗り物で窯元巡り!
2019年9月30日から始まるNHK連続テレビ小説(通称:朝ドラ)の舞台は滋賀県甲賀市信楽今回の朝ドラ は、信楽の地で人生の様々な問題を乗り越えながら、陶芸への情熱に炎を燃やす女性陶芸家が主人公です。


前回 は貴生川駅より「信楽高原鉄道」に乗って信楽入りを果たしました。今回は信楽の中心地・長野地区に広がる窯元を訪ねます!
が、信楽駅から各窯元へは徒歩では少し距離があります。と言うことで、今回はちょっと変わった乗り物を用意。


kama01_R.JPG

それはなんと、超小型電気自動車!
実は9月17日から来年の3月末まで、社会実験として信楽駅の構内にて2台の電気自動車が無料で貸し出されており、信楽高原鉄道利用者で普通免許を持っていれば借りることができるのです!


わざわざ信楽高原鉄道に乗ってきたという理由はここにもあったりします...。
信楽駅で駅員の方に「電気自動車に乗りたいですっ!」と伝えると、「ちょっとこちらへ...」と別室へ通されます。そこで名前や連絡先の記入、免許証の確認などを済ませたら出発!




窯元散策路へ

駅から直線で500mほど進めば「窯元散策路」のある長野地区に入ります。
まず最初に立ち寄ったのは、県指定史跡となっている「丸又窯」。


kama02_R.JPG

今は素屋と呼ばれる屋根は取り外されていますが、いわゆるこれが登り窯というもの。傾斜のある地形を生かした形となっています。
こちらは経産省の近代化産業遺産にも登録されており、信楽の最盛期を雄弁に物語る遺産としてその姿を残しています。


登り窯に適した地形の長野地区には「ろくろ坂」「ひいろ壺坂」「窯場坂」というように坂道に名前が付けられ散策路となっています。その間を大変細い路地が網目のように広がっており、普通自動車では少々テクニックの必要な道ですが車体の小さい電気自動車ならスイスイ。坂道も力強く走ってくれますよ!




kama03_R.JPG

丸又窯からグイっと坂道を登ったところにあるのは、陶房「準」 さん。


kama04_R.JPG

こちらは信楽焼で作る人形作家さんのお店です。信楽焼だからこそ生まれる温かみのある人形の雰囲気が素敵ですね。


現在、信楽には沢山の窯元ありますが、そのうちの22の窯元では窯場を見学させていただいたり、ギャラリーやカフェまで併設されているところもあり、訪れる観光客を五感で楽しませてくれます。




ギャラリー陶 ほうざん

kama13_R.JPG

「窯場坂」をさらに進むと、あの朝ドラのポスター発見! その角を奥へと入っていくと...


kama14_R.JPG

大きな煙突のある、古くて雰囲気のある建物が現れました!
ここは谷寛窯の「ギャラリー陶 ほうざん」 さん。


kama16_R.JPG

古い建物は、なんと明治の頃に大津にあった師範学校をこの場所まで移築したもの。現在、中には工房や作品展示がされており自由に見学できます。


kama18_R.JPG

ギャラリーには以前使われていた重油窯を改装したものもあって、これまたいい雰囲気を醸し出しています。


kama20_R.JPG

2階では窯元の作品の他、様々な作家さんの作品も購入することができます。
学校の講堂だったという建物の中は天井が高く、見える梁などに積み重なった歴史を感じますね。


kama15_R.JPG

谷寛窯では作品に応じていくつかの窯を使い分けているそうで、こちらは穴窯という窯。信楽焼の伝統的な味わいを出すために使われているそうです。




2階のコーナーに気になるものが... 


kama21_R.JPG

石ころ...? 
聞けば、粘土の中にコーヒー豆を練り込み、それを焼いたものだそう。コーヒーの香りは焼く段階でなくなってしまいますが、
コーヒーの抜けたところが気泡となり、まるで軽石のよう。その気泡がアロマを染みこみやすくする効果を生むそうなのです。

コーヒー色のコロコロした感じが面白いですね。
ちなみにこちらの谷寛窯さん、朝ドラのロケも行われたそうですよ。ドラマが始まったら、どのシーンにでてくるのかじっくり見てみたいと思います。




kama22_R.JPG


アロマが染みこむ信楽焼の小石。根付やネックレス、ブローチなどが用意されています。こちらは早くも朝ドラ公認グッズとして展開されていますので、ロケ地巡りのお土産に是非いかが?




【谷寛窯 ギャラリー陶 ほうざん】
〇場所:滋賀県甲賀市信楽町長野788
〇TEL:0748-82-2462
〇HP:https://www.tanikangama.com/
〇アクセス:
 信楽高原鉄道「信楽駅」徒歩15分(電気自動車なら5分くらい)




 

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 文化・芸術・美術 見所・観光・定番スポット
2019年9月23日
« 前の記事「新・朝ドラの舞台「信楽」へ行ってきた!~信楽高原鉄道編」へ
»次の記事「新・朝ドラの舞台「信楽」へ行ってきた! ~窯元散策編(2)」 へ
滋賀特派員 新着記事
日本一のびわ湖が動いて日本一のお餅が生まれた・甲賀もちふる里館
カフェトラ・江戸期創業の老舗料亭で過ごす上質な時間
にぎやかな集落......と思ったらリアルな......!?
大津の「小麦の奴隷」に行ってきた
日本遺産・伊庭の水郷と坂下し祭
今が見頃!なぎさ公園プロムナードの芝桜
桜を満喫!奥琵琶湖のお花見サイクリング
大津の桜の名所を自転車散歩
1年前の同じ月に投稿された記事
紫式部も愛した近江八景の名月~石山寺・秋月祭
弁慶の怪力伝説から生まれた「三井寺力餅」は、とっても上品なお味⁉
夏の日本天台三総本山の旅~近江八景三井の晩鐘「園城寺」
夏の日本天台三総本山の旅~明智光秀ゆかりの寺「西教寺」

近畿旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■滋賀県の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

日本国内にもどる

  • 特派員プロフィール
  • 滋賀特派員

    滋賀特派員
    FUNAZUSHI-MARU
    古より湖と街道の国だった近江。趣味の自転車で走るうち、そんな地元の魅力を再発見し日々ブログにて発信しています。東京から滋賀へと続く東海道・中山道は自転車で走破。五街道制覇が当面の目標です。守山市、草津市を中心に自転車で滋賀の魅力を届ける活動もしています!
    ブログ:FUNAZUSHIの国から.work
    びーもサイクル協議会HP DISQUS ID @disqus_IL7NPPr8QW

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集