海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 滋賀特派員ブログ > 淡水湖に浮かぶ日本唯一の有人島「沖島」へ行ってきた...

日本国内/滋賀特派員ブログ FUNAZUSHI-MARU

日本国内・滋賀特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2019年11月17日

淡水湖に浮かぶ日本唯一の有人島「沖島」へ行ってきた!


淡水湖に浮かぶ日本唯一の有人島「沖島」へ行ってきた!

琵琶湖の島
琵琶湖には4つの島があります。 竹生島、多景島、沖の白石、そして沖島です。


沖島は日本の淡水湖では唯一、人の住んでいる有人島なのです。
滋賀に40年近く住んできて一度も訪れたことのなかった沖島に、今回初めて足を踏み入れました。




沖島は近江八幡市に属します。休暇村近江八幡から車で5分程度のところにある「堀切漁港」から出航している「沖島通船」 に乗って向かいます。
※沖島漁港内は島の住民の方が利用されている区域なので、車で向かう場合は歩いて10分程度のところにある沖島観光客用駐車場を利用しましょう。


oki01_R.JPG

沖島通船の運賃は片道500円、船内にある券売機で乗船券を買い下船時に券を渡します。


oki02_R2.JPG

約10分で沖島に到着。この日は大変な数の観光客で、臨時便の船が出ていました。




なぞの沖島のバス停

oki04_R.JPG

沖島には車は走っていません。住民の方々の車は基本的に堀切港に停めてあり、買い物などはそこから近江八幡近辺でされることになるのだそう。
で、島内で最も目にする交通手段が、


oki05_R.JPG

三輪自転車なんです。
後ろの荷台にはカゴが乗せられてあり、畑道具なんかを入れて移動されています。
ちなみにサドルの上にかぶせてあるのは、金属製のお菓子の箱。サドルが雨風で風化し痛むのを防ぐためなんだそう。


oki03_R.JPG

そんな車の走らない沖島になぜかバス停⁉
実は島民の方が堀切港発着のバスの時刻を見るために置かれているそうです。なるほど...




沖島でカフェタイム

oki06_R.JPG

今回、沖島にカフェがあることを知ったことが行きたくなったキッカケ。ということで、沖島にたった2軒存在するカフェのうち「汀の精」 さんにお邪魔しました。


oki07_R.JPG

oki10_R.JPG


「汀の精」さんは沖島港から徒歩5分、沖島小学校の近くにあります。店の前は人ひとり分程度の細道があり、その先には静かに広がる琵琶湖の湖面が...。まったりとした島時間に浸れそうです。


oki08_R.JPG

店内でもよかったのですが、ここは店の外の防波堤に腰かけ、手作りの芋羊羹とともに美味しいコーヒーでしばし島時間を堪能できました。


oki09_R.JPG

琵琶湖漁業の約4割をも占める漁業の島「沖島」。沖島港正面にある漁業会館では、漁業組合婦人部の方々により「湖島婦貴(ことぶき)の会」が運営されており、湖魚の佃煮や鮒寿司のお土産、沖島で取れた食材を使った弁当(要予約)などが販売されていますよ。


沖島の歴史なんかも調べてみると面白そう。今度訪れた際には、そんな角度から沖島探索してみたいですね。


※沖島は島民の方の生活の場です。くれぐれも観光の際には島民の皆さんの迷惑にならないように、節度をもって楽しんでいただきますようお願いします。




記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 旅行・ツアー・ホテル 自然・風景 見所・観光・定番スポット
2019年11月17日
« 前の記事「滋賀全域で「戦国ワンダーランド滋賀・びわ湖」開催!」へ
»次の記事「琵琶湖へ飛び込む荒行の寺~「伊崎寺」」 へ
滋賀特派員 新着記事
足利将軍が見惚れた名瀑「楊梅の滝」に涼を求めて
逢坂の関・月心寺〜夏の走井庭園にて
蓮の季節到来〜近江妙蓮とからすま蓮根
草津・あなむら名物、激レア串団子
大津「八百与」~滋賀・京都で唯一の宮内省御用達「千枚漬」は滋賀にあった!
カキツバタの咲く神秘の池
ハマヒルガオの開花とともに、新たな日常へ......
地元応援!滋賀のテイクアウト情報(草津市・RojiRoji)
1年前の同じ月に投稿された記事
滋賀と京都を繋ぐ場所、「琵琶湖疏水」で秋を感じる...
秋の「ビワイチ」は見どころいっぱい!(後半)
秋の「ビワイチ」は見どころいっぱい!(前半)
「神あかり」実施中の多賀・胡宮神社

近畿旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■滋賀県の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

日本国内にもどる

  • 特派員プロフィール
  • 滋賀特派員

    滋賀特派員
    FUNAZUSHI-MARU
    古より湖と街道の国だった近江。趣味の自転車で走るうち、そんな地元の魅力を再発見し日々ブログにて発信しています。東京から滋賀へと続く東海道・中山道は自転車で走破。五街道制覇が当面の目標です。守山市、草津市を中心に自転車で滋賀の魅力を届ける活動もしています!
    ブログ:FUNAZUSHIの国から.work
    びーもサイクル協議会HP DISQUS ID @disqus_IL7NPPr8QW

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集