海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 滋賀特派員ブログ > 地元応援!滋賀のテイクアウト情報(近江八幡・食堂ヤ...

日本国内/滋賀特派員ブログ FUNAZUSHI-MARU

日本国内・滋賀特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2020年4月30日

地元応援!滋賀のテイクアウト情報(近江八幡・食堂ヤポネシア)


地元応援!滋賀のテイクアウト情報(近江八幡・食堂ヤポネシア)

近江八幡・食堂ヤポネシア
ラコリーナや八幡堀、近江商人の町並みなどの観光スポットが多く、最近では休みの日となれば大勢の観光客でにぎわう近江八幡。 そんな近江八幡の旧市街・仲屋町(すわいちょうと読む)にある一風変わった食堂、それが「食堂ヤポネシア」 さんです。


ja01_R.JPG

仲屋町の「すわい」とは仲買人とか卸問屋、両替商などを指す言葉だそうで、豊臣秀次の城下町である近江八幡旧市街エリアでも特にそういった人々が住んでいた区画のようです。
そんな近江八幡の古民家を改装しつつも、どことなくアジアンテイストなお店の外観。
店主である松岡さんは世界中を旅してきたというご経験の持ち主。ヤポネシアの店名に込められているとおり、日本(地元)を大事にしつつも、それだけに収まらない世界観が味わえるのがこのお店の魅力なのです。


といっても、もっぱらヤポネシアで提供されるメニューのテーマは「なんてことない、いつものごはん」


あくまでも普段着で、自分のお家のように「ただいまー」っと帰ってきて、「いただきまーす!」ってガッツガッツ食べるイメージ。
(ようわからん? まあいいじゃないの)
店主曰く「お行儀は悪いけど、ケータイ見ながら食べて、知らん間に食べ終わってしまうような一食」を目指しているとのこと。
(これもようわからん? まあいいじゃないの)

ja02_R.JPG

そんなヤポネシアさんも、現在はテイクアウトのみの営業。
普段なら夕方からは「ヨルネシア」といって、地元食材のお酒に合う料理の数々に滋賀の地酒や近江八幡のクラフトビールが楽しめるお店に変わるのですが、残念ながら今はランチタイムだけとなっています。




食堂ヤポネシアのBENTO BOX

とはいってもヤポネシアのBENTO BOXはちょっとひと味違う。
基本的にはその日によってメニューは変わるのですが、例えば4月29日のメニューは......


・ニゴロブナのムニエル
・ナマズのかば焼き風
・ハスの南蛮漬け
・赤魚の飯ヨーグルト漬け焼
(全品容器代・税込 900円)


など、滋賀のさまざまな食材が店主こだわりの調理法で登場!


ちなみに私が今回選んだのはこちら。


ja05_R.JPG

「ナマズのかば焼き風」(900円 税込)です。


ナマズのかば焼き風は先日の記事でも紹介した「BIWAKO DAUGHTERS」さんから仕入れてこられた鯰を使い、お惣菜や一緒に添えられる無農薬な新鮮野菜はご近所の農園(近江園田ふぁーむ&小林ファームさん)から。あと近江の赤こんにゃくも......。
それらに隠れているのが玄米のご飯。
地元の食材がこの容器の中で混然一体となるように、味つけのバランスもそれぞれが主張しすぎないよう考慮されています。
和でもなく、洋でもなく、エスニックでもなく、アジアンな......いや、いったいここはどこ?的な。そんなお味(いかん、ここの味は言葉では表せない......)。
でも、ついお茶漬けでもサラサラッと掻っ込むように食べてしまいます。というか食べちゃいました......(なので何が入っていたのかよくわからなくなってしまったのであとで店主に問い合わせしたくらいです)。


いやあ、ヤポネシアのランチはいつ食べても味の表現に困ってしまう。どんな味っていわれても困るのですが、でもとにかくおいしい。で、身体にも優しい。




パラダイス味噌?

ja04_R.JPG

店内にはそんなヤポネシアの素材にもなっている野菜たちも並べられており、こちらもヤポネシアで買うことができます。
お弁当と一緒に、夕食用の野菜なんかいかがでしょう?


あと、最近わが家で大人気なのが、


ja03_R.JPG

ヤポネシア特製のお味噌たち。
特にお気に入りは、普段はお店で提供されるカレーの辛み調整でついてくる「ヤバウマパラダイス味噌」
あったかご飯にそのままのっけてもよし、冷奴や生野菜のディップにも最高のお供。ピリリと辛いなかにもやはりひと言では言い表せない複雑な旨みが広がる、不思議なヤポネシアワールドを手軽に体験できるお味です。




気張らずともおいしく食べて、健康になって、それが地域の農家さんや漁師さんにも繋がって......、そんなすてきな循環が知らず知らずに始まってしまうヤポネシアのBENTO BOX。
県内でジイーっとしていないといけないときだからこそ、少しでも地域の中でグルーっとすてきな循環をさせたいですね。




【食堂ヤポネシア】
・住所: 滋賀県近江八幡市仲屋町中24−1
・TEL: 0748-36-3515
・URL: https://japonesia.net/
・アクセス:  JR近江八幡駅より車で約7分、レンタサイクルで10分/日牟禮八幡宮より徒歩2分 



記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー レストラン・料理・食材
2020年4月30日
« 前の記事「地元応援!滋賀のテイクアウト情報(ぶらりごはん&BIWAKO DAUGHTERS)」へ
»次の記事「地元応援!滋賀のテイクアウト情報(草津市・名代 宿場そば)」 へ
滋賀特派員 新着記事
蓮の季節到来〜近江妙蓮とからすま蓮根
草津・あなむら名物、激レア串団子
大津「八百与」~滋賀・京都で唯一の宮内省御用達「千枚漬」は滋賀にあった!
カキツバタの咲く神秘の池
ハマヒルガオの開花とともに、新たな日常へ......
地元応援!滋賀のテイクアウト情報(草津市・RojiRoji)
地元応援!滋賀のテイクアウト情報(草津市・ベトナムレストラン アンデップ)
地元応援!滋賀のテイクアウト情報(草津市・魚処いさり火)
1年前の同じ月に投稿された記事
ふと立ち寄った信楽のパン屋さん「ヤクメベーカリー」
「都しだれ」~ 山奥に佇む樹齢400年のしだれ桜
春の草津市いちご巡り(2)こはる農園
春の草津市いちご巡り(1)

近畿旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■滋賀県の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

日本国内にもどる

  • 特派員プロフィール
  • 滋賀特派員

    滋賀特派員
    FUNAZUSHI-MARU
    古より湖と街道の国だった近江。趣味の自転車で走るうち、そんな地元の魅力を再発見し日々ブログにて発信しています。東京から滋賀へと続く東海道・中山道は自転車で走破。五街道制覇が当面の目標です。守山市、草津市を中心に自転車で滋賀の魅力を届ける活動もしています!
    ブログ:FUNAZUSHIの国から.work
    びーもサイクル協議会HP DISQUS ID @disqus_IL7NPPr8QW

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集