海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 滋賀特派員ブログ > カキツバタの咲く神秘の池

日本国内/滋賀特派員ブログ FUNAZUSHI-MARU

日本国内・滋賀特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2020年6月 9日

カキツバタの咲く神秘の池


カキツバタの咲く神秘の池

2020年も6月になりました。早いものでもう梅雨がやってきますね。
滋賀は季節ごとの花の名所があるのですが、新聞の滋賀版を見てたら今津の平池に群生するカキツバタが花を咲かせたという記事があり、さっそく見に行ってきました。


h01.jpg

場所は高島市。
標高550mの山頂にあるキャンプ場「ビラデスト今津」 の奥に「平池」という池があります。まずはビラデスト今津の管理棟にて入村料300円を払い車を駐車場へ。
平池までは徒歩10分程度。


h03.jpg

木々の間から見える池が気になりつつ、しばし歩くと入口が現れます。
奥へと進むと......


h04.jpg

そこには手つかずの自然の風景が広がっていました。
思わずここが滋賀であることも忘れそうになります。


h05.jpg

h06.jpg

奥へと目をやると、透き通るような鮮やかな緑にカキツバタの花がさらに鮮やかな青紫色の光を放ち咲いていました。
水に囲まれて何人の立ち入りを拒むように自然のままで群生している様子は、まさに神聖で不可侵な美しさともいうべきか。


h11.jpg

カキツバタの色をどう文章で表現したらよいか調べてたら、ずばり「杜若(かきつばた)色」という色名だそうです。
すてきな日本の伝統的な色名です。


h08.jpg

違う位置に行ってみると、何やら木に白い大きな果実?が。
と、思ったらモリアオガエルの卵でした......


数人のカメラマンが大きなレンズで最高のカキツバタをとらえようとしていますが、私のコンデジではカキツバタの花びらの形までとらえるのは難しそう。
でも神秘的な池の雰囲気が伝わるとうれしいです。
ちなみに、プロの写真はこんな感じ。

13634.jpg

(ビワコビジターズビューロ提供)


h10.jpg

ビラデスト今津からは、琵琶湖の絶景パノラマも見ることができます。
滋賀にはまだまだたくさんの心洗われる風景がたくさんありますよ。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 自然・風景 見所・観光・定番スポット
2020年6月 9日
« 前の記事「ハマヒルガオの開花とともに、新たな日常へ......」へ
»次の記事「大津「八百与」~滋賀・京都で唯一の宮内省御用達「千枚漬」は滋賀にあった!」 へ
滋賀特派員 新着記事
滋賀の紅葉2020 多羅尾代官陣屋跡(甲賀市)
滋賀の紅葉2020 湖東三山近くの隠れた名所・東光寺(東近江市)
滋賀の紅葉2020 湖東三山・百済寺(東近江市)
里を思う心が紡いだ1万2000本のダリア(日野ダリア園)
湖西浄化センターのバラ園、2020秋季一般公開中!
竹生島・びわ湖に浮かぶ神の島へ
岩間寺〜奥宮神社、秋晴れの絶景を求めて......
ドラマの感動再び〜「テレビドラマの世界~スカーレットの舞台 甲賀市信楽~」
1年前の同じ月に投稿された記事
東海道・水口宿の素朴なB級グルメ「スヤキ」
サツキの宝船が浮かぶ、大池寺の蓬莱庭園

近畿旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■滋賀県の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

日本国内にもどる

  • 特派員プロフィール
  • 滋賀特派員

    滋賀特派員
    FUNAZUSHI-MARU
    古より湖と街道の国だった近江。趣味の自転車で走るうち、そんな地元の魅力を再発見し日々ブログにて発信しています。東京から滋賀へと続く東海道・中山道は自転車で走破。五街道制覇が当面の目標です。守山市、草津市を中心に自転車で滋賀の魅力を届ける活動もしています!
    ブログ:FUNAZUSHIの国から.work
    びーもサイクル協議会HP DISQUS ID @disqus_IL7NPPr8QW

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集