海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 滋賀特派員ブログ > 大津「八百与」~滋賀・京都で唯一の宮内省御用達「千...

日本国内/滋賀特派員ブログ FUNAZUSHI-MARU

日本国内・滋賀特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2020年6月13日

大津「八百与」~滋賀・京都で唯一の宮内省御用達「千枚漬」は滋賀にあった!


大津「八百与」~滋賀・京都で唯一の宮内省御用達「千枚漬」は滋賀にあった!

千枚漬。


と言えば多くの人は京都の名物としてご存知なのではないでしょうか?
京野菜・聖護院かぶらを薄くスライスし、昆布や唐辛子、甘酢で漬けられた冬の京都を代表する大人気のお漬物ですね。


その千枚漬の唯一の宮内省御用達店が京都ではなく滋賀のお店だと聞けば驚きませんか?
そうなのです。今でこそ御用達制度はなくなりましたが、大正5年に京都・滋賀で唯一の千枚漬の宮内省御用達となったお店は滋賀県大津市にあったのです。


ya11.jpg

宿場町・大津のかつての繁華街に今もアーケード街が残ります。
かつての......というのは大津は鉄道や高速道路が整備されるまでは京都の外港都市として大きく発展しており、ここ「菱屋町商店街」も三井寺の門前町として長等から続く大津の中心地だったのですが、今は町の中心は駅前や湖岸へと移り、人のにぎわいも減ってしまいました。


ya01.jpg

そのアーケード街に、今も変わらず当時のままの立派な店構えが目を引くお漬物屋「八百与」さんがあります。


ya02.jpg

漬物屋としての創業は1850年。
それ以前は三井寺や比叡山延暦寺の精進料理を作っていたお店だったそうです。
精進料理のかたわら、近江かぶらの千枚漬けや長等漬を製造していたところ世間でたいへん評判になり、やがて宮内省の目に留まったのが御用達のきっかけとのこと。
ちなみに聖護院かぶら自体、もとは近江国・堅田から京へ持ち込まれた「近江かぶら」の種がルーツなんです。


ya03.jpg

ya04.jpg

ya06.jpg

店内には、宮内省の許可証や当時の新聞、また柳原家から贈られた人形など歴史的にも貴重な資料が展示されています。
歴史に興味のある方にも楽しめるお店ですよ。


ya07.jpg

店頭には時期的なこともあり千枚漬は置いてありませんでしたが、もうひとつの宮内省御用達「長等漬」がずらりと並んでいました。
長等漬とは瓜や水茄子、大根などで漬けられた奈良漬の一種です。


ya10.jpg

ほかにもおいしそうなお漬物がたくさん。お値段も手頃なのとご主人のトークに乗せられいっぱい買ってしまいました。


ya08.jpg

新型コロナウイルスの影響でさらに人通りが少なくなっていたにもかかわらず、私がご主人にお話をうかがっている間、「八百与」さんにはひっきりなしにお客さんが出入りしていました。さすが170年続く宮内省御用達の老舗ですね。


ya12.jpg

あと、こんなものを店頭で発見。
わかさぎのピリ辛から揚げ。もうこれ見た瞬間にビールが頭に思い浮かんだくらい。
実はこのわかさぎのから揚げに導かれて、たまたま入ったらなぜかお漬物屋さんだったという......
こちらもおすすめ!


【お漬物 八百与】
・住所: 滋賀県大津市長等2丁目9-4
・電話: 077-522-4021
・アクセス: (電車)京阪びわ湖浜大津駅→徒歩5分。またはJR大津駅→徒歩14分
(車)名神高速大津ICから県道56号経由4km10分


記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー ショッピング・雑貨・お土産 レストラン・料理・食材
2020年6月13日
« 前の記事「カキツバタの咲く神秘の池」へ
»次の記事「草津・あなむら名物、激レア串団子」 へ
滋賀特派員 新着記事
里を思う心が紡いだ1万2000本のダリア(日野ダリア園)
湖西浄化センターのバラ園、2020秋季一般公開中!
竹生島・びわ湖に浮かぶ神の島へ
岩間寺〜奥宮神社、秋晴れの絶景を求めて......
ドラマの感動再び〜「テレビドラマの世界~スカーレットの舞台 甲賀市信楽~」
信楽の弘法さん「玉桂寺(ぎょくけいじ)」
大河ドラマ再開!光秀ゆかりの西教寺〜幻想的なライトアップで負けない夏を
海のない滋賀の鮮魚の名店「ファミリーれすとらん ひろせ 寿し正」
1年前の同じ月に投稿された記事
東海道・水口宿の素朴なB級グルメ「スヤキ」
サツキの宝船が浮かぶ、大池寺の蓬莱庭園

近畿旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■滋賀県の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

日本国内にもどる

  • 特派員プロフィール
  • 滋賀特派員

    滋賀特派員
    FUNAZUSHI-MARU
    古より湖と街道の国だった近江。趣味の自転車で走るうち、そんな地元の魅力を再発見し日々ブログにて発信しています。東京から滋賀へと続く東海道・中山道は自転車で走破。五街道制覇が当面の目標です。守山市、草津市を中心に自転車で滋賀の魅力を届ける活動もしています!
    ブログ:FUNAZUSHIの国から.work
    びーもサイクル協議会HP DISQUS ID @disqus_IL7NPPr8QW

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集