海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 滋賀特派員ブログ > 草津・あなむら名物、激レア串団子

日本国内/滋賀特派員ブログ FUNAZUSHI-MARU

日本国内・滋賀特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2020年6月26日

草津・あなむら名物、激レア串団子


草津・あなむら名物、激レア串団子

草津市に穴村町というところがあります。
砂擦りの藤で有名な三大神社から近い集落です。


ここに串団子が昔から売られていて、穴村の名物だったという情報をたまたまゲットしました。
穴村と言ってもどこだ?というくらい草津市民でもよく知らないほど、特に観光地とか史跡などがあるというわけでないただの古い集落なのです。
そんなところに名物の団子......? なぜ?


ネットでもなかなか手に入らず苦心している情報が上げられています。これは気になる。
調べれば月曜〜水曜、金曜しかその店は開店していなく、しかもその串団子は人気のためか午前中にはなくなってしまうとのこと。
そうなるとますます欲しくなってしまう。


たまたま有休だった金曜日、なんとなくお店の様子をうかがいに穴村へ行ってみました。




ana05.JPG

穴村の「穴」の由来とも言われる「安羅(あら)神社」が集落の中央にあります。
草津市の中心部からは4kmほど離れ、周りは田んぼも多いところ。お店が立ち並ぶような場所でもなく、人通りの少ない静かな集落がそこにありました。


ana01.JPG

串団子を作っているのは「吉田玉栄堂」という和菓子さん。
目の前には大きな屋敷が。そちらは「あなむら診療所」というお医者さまでした。


お店発見! 果たして串団子は......?


ana02.JPG

ありました!
3串だけショーケースの中にしっかりと。ということで3串ともいただくことに。
思ったよりも団子の一粒一粒が小さい...。それが扇状に先の分かれた細い串になんと50個も挿してあるというほかでは見たことのない団子です。


ana03.JPG

頭にチョボのついた不思議な顔の坊やが描かれた包装紙に包んでくださいました。


この穴村の串団子は、200年前から続く伝統あるお団子なのですが、昔は玉栄堂さんの前にある診療所で出されていたものだったのだそうなのです。
このあなむら診療所、昭和初期には「穴村のもんもん」という名で赤ちゃんの疳の虫に聞く墨灸という療法が大評判となり、地元や県内だけでなく京阪神からも大勢押し寄せたといいます。
勢いはすさまじく草津駅から鉄道の計画まであったほど。
現在串団子を作っている玉栄堂さんなど、診療所までは出店が出るほどの大にぎわいだったそうです。


今ではまったく当時のにぎわいをうかがいしるものはありませんが、40年ほど前から診療所から串団子の製造を依頼され、玉栄堂さんが今でも当時の伝統を守って作り続けていたのです。
まさかそんな歴史があったとは、草津在住20年以上のフナズシマルでも知りませんでした。




ana04.JPG

みたらし団子のルーツとも言われる「あなむらの串団子」。
砂糖などは使われず、醤油だけを付けて香ばしく焼いてあります。でもその風味がとても味わい深いのもので、小粒の団子の口触りとともにクセになるおいしさです。冷えてもおいしいのがいいですね。
串は一本一本竹から手作りされ、団子を挿す作業などを考えると串一本にとても手間がかかっていることがわかります。
おそらく1日に作れる本数が限られているので売り切れるのも早いのでしょうね。

草津・あなむらのお灸に行ったら、幻のあなむら名物の串団子。
確実に購入したい場合は、事前に電話で予約しておくことをおすすめします。




【吉田玉栄堂】
・住所: 草津市穴村町327-2
・電話: 077-568-0036
・営業: 7:00~19:00
・定休: 木曜定休
※穴村のだんご販売は月、火、水、金のみ



記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー ショッピング・雑貨・お土産
2020年6月26日
« 前の記事「大津「八百与」~滋賀・京都で唯一の宮内省御用達「千枚漬」は滋賀にあった!」へ
»次の記事「蓮の季節到来〜近江妙蓮とからすま蓮根」 へ
滋賀特派員 新着記事
滋賀の紅葉2020 多羅尾代官陣屋跡(甲賀市)
滋賀の紅葉2020 湖東三山近くの隠れた名所・東光寺(東近江市)
滋賀の紅葉2020 湖東三山・百済寺(東近江市)
里を思う心が紡いだ1万2000本のダリア(日野ダリア園)
湖西浄化センターのバラ園、2020秋季一般公開中!
竹生島・びわ湖に浮かぶ神の島へ
岩間寺〜奥宮神社、秋晴れの絶景を求めて......
ドラマの感動再び〜「テレビドラマの世界~スカーレットの舞台 甲賀市信楽~」
1年前の同じ月に投稿された記事
東海道・水口宿の素朴なB級グルメ「スヤキ」
サツキの宝船が浮かぶ、大池寺の蓬莱庭園

近畿旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■滋賀県の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

日本国内にもどる

  • 特派員プロフィール
  • 滋賀特派員

    滋賀特派員
    FUNAZUSHI-MARU
    古より湖と街道の国だった近江。趣味の自転車で走るうち、そんな地元の魅力を再発見し日々ブログにて発信しています。東京から滋賀へと続く東海道・中山道は自転車で走破。五街道制覇が当面の目標です。守山市、草津市を中心に自転車で滋賀の魅力を届ける活動もしています!
    ブログ:FUNAZUSHIの国から.work
    びーもサイクル協議会HP DISQUS ID @disqus_IL7NPPr8QW

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集