海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 滋賀特派員ブログ > 蓮の季節到来〜近江妙蓮とからすま蓮根

日本国内/滋賀特派員ブログ FUNAZUSHI-MARU

日本国内・滋賀特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2020年7月12日

蓮の季節到来〜近江妙蓮とからすま蓮根


蓮の季節到来〜近江妙蓮とからすま蓮根

近江妙蓮
梅雨空の最中ではありますが、7月中旬からは蓮の花が咲き始めます。 滋賀県守山市の市花は「近江妙蓮」という一風変わった蓮の花なのです。


myo05.JPG

守山市中町にある近江妙蓮公園 では、その近江妙蓮が咲き始めました。この近江妙蓮、滋賀県の天然記念物にも指定されているほど貴重で珍しいもの。


myo01.JPG

公園内には大日池と瑞蓮池というふたつの池があり、中央には歴史資料館も併設されています。


myo02.JPG

この花は遣唐使でもあった慈覚大師が中国から持ち帰ったものと言われている突然変異種で、通常の蓮の花とは大いに異なります。


myo03.JPG

蕾のときは通常の花と似たようなひとつの花ですが、外側の花弁が開いたあとは一茎に2〜12の花群が見られ、花びらは2000〜5000枚に達するそうです。
また通常の花は咲いたり閉じたりを繰り返しながら4日程度で散るのですが、この近江妙蓮は外側の花びらを散らしながら20日間近くも咲き続けます。国内でも数ヵ所で同種の蓮が見られるそうですがすべてこの近江妙蓮から移植されたものです。


myo04.JPG

この日は雨のあとだったので、葉っぱの上には水滴が溜まっていました。
葉の表面のロータス効果で水滴が弾かれてキラキラ輝きとてもきれいです。




■近江妙蓮公園
・住所: 守山市中町39
・電話: 077-582-1340
・営業: 9:00~17:00
・休園日: 火曜日(10〜5月は休日以外の月〜木曜日)、年末年始
※シーズン中は無休




烏丸蓮根

守山からの帰りにもう1ヵ所。
草津市・烏丸半島の近くには、蓮の一大群生地がかつてありました。
なぜか突然その群生地が謎の消滅となってしまったのですが、この地域では現在も蓮根が栽培されています。
この蓮根は「からすま蓮根」 と言って、草津市のブランド野菜となっています。


ka03.JPG

見渡すばかりの蓮の畑はなかなかの圧巻の景色!


kr01.JPG

先ほどの近江妙蓮とは違って、清楚な白い花が咲いていました!


kr02.JPG

美しい花もいいですが、おいしい蓮根料理も食べてみたいですね。




記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 自然・風景 見所・観光・定番スポット
2020年7月12日
« 前の記事「草津・あなむら名物、激レア串団子」へ
»次の記事「逢坂の関・月心寺〜夏の走井庭園にて」 へ
滋賀特派員 新着記事
滋賀の紅葉2020 多羅尾代官陣屋跡(甲賀市)
滋賀の紅葉2020 湖東三山近くの隠れた名所・東光寺(東近江市)
滋賀の紅葉2020 湖東三山・百済寺(東近江市)
里を思う心が紡いだ1万2000本のダリア(日野ダリア園)
湖西浄化センターのバラ園、2020秋季一般公開中!
竹生島・びわ湖に浮かぶ神の島へ
岩間寺〜奥宮神社、秋晴れの絶景を求めて......
ドラマの感動再び〜「テレビドラマの世界~スカーレットの舞台 甲賀市信楽~」
1年前の同じ月に投稿された記事
とりやきサントリ食堂
艶めく緑彩る、梅雨の名刹~湖東三山・金剛輪寺
やっぱり「ひまわり」には太陽が良く似合う
牛にひかれて「新善光寺」参り

近畿旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■滋賀県の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

日本国内にもどる

  • 特派員プロフィール
  • 滋賀特派員

    滋賀特派員
    FUNAZUSHI-MARU
    古より湖と街道の国だった近江。趣味の自転車で走るうち、そんな地元の魅力を再発見し日々ブログにて発信しています。東京から滋賀へと続く東海道・中山道は自転車で走破。五街道制覇が当面の目標です。守山市、草津市を中心に自転車で滋賀の魅力を届ける活動もしています!
    ブログ:FUNAZUSHIの国から.work
    びーもサイクル協議会HP DISQUS ID @disqus_IL7NPPr8QW

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集