海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 滋賀特派員ブログ > 逢坂の関・月心寺〜夏の走井庭園にて

日本国内/滋賀特派員ブログ FUNAZUSHI-MARU

日本国内・滋賀特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2020年7月24日

逢坂の関・月心寺〜夏の走井庭園にて


逢坂の関・月心寺〜夏の走井庭園にて

夏の一般公開・夏遊会
滋賀と京都の境目、東海道・逢坂の関。 かつてにぎわいのあった場所にひっそりとたたずむのが「月心寺」です。 ちなみに地球の歩き方ブログ2回目の登場。 私、ここの庭園が大好きでして、久々の一般公開にまたまた来てしまいました。


ou06.JPG

かつての東海道の名水・走井の井筒


前回は秋でしたが、今回は夏。
7名のさまざまなカテゴリーの作家さんが作品とともに集う「夏遊会」というイベントが開催されていました。


ou08.JPG

ここは古くから臨済宗系寺院としてこの地に存在していましたが、そのあと日本画家の橋本関雪が別邸として購入し今にいたります。
走井居と呼ばれる建物の先には回遊式の庭園が広がります。
秋の紅葉シーズンもすばらしいのですが、夏の木々の青々とした世界も美しいですね。


ou09.JPG

木工作家の作品であるスツールが、庭園に自然に溶け込む様子もおもしろい。


ou24.JPG

ou10.JPG

明治天皇が休憩したといわれる奥の建物には陶芸作家さんの作品のほか、染色や皮革の作家さんの作品が並びます。




小野小町縁の百歳堂で作家さんと過ごす時間

ou14.JPG

庭園を見下ろす位置には、小野小町が100歳まで過ごしたといわれる百歳堂という庵があります。


ou17.JPG

小野小町はこんなにすてきな景色を毎日見て過ごしたんですね。
と、ここに先ほど奥の建物にあった革製品の作家・村上耕太さんがおられました。


ou16.JPG

彼は京都下鴨・大徳寺の近くにアトリエを構え、「LeatherBag&IndigoDye零」 というブランドを立ち上げている皮製品の作家さんです。
この日は、お坊さんが托鉢の際などに持ち歩く頭陀袋をモチーフにした馬皮のバッグを展示されていました。
馬皮はとても柔らかくて、牛革と比べてもとても軽くできるそうです。
また皮の香りがものすごくいい。レザー独特のツンとくる匂いではなく、本当にいい香りがするのです。
写真ではわかりづらいですが、色はお城の瓦に見られるようないぶし銀を思わせる色。染めにも非常にこだわりが感じられる一品でした。




ou13.JPG

ou19.JPG




この日も塀の向こうの国道1号線を多くの車は行き交っていましたが、やはり月心寺の内側には時が止まったような空間が広がっていました。
しばし作家さんたちとそんな空間で過ごす時間......。なんかすごく贅沢な感じがしますね。




■月心寺・走井居
・住所: 滋賀県大津市大谷町27-9
・電話: 077-524-3421
・営業: 普段は一般公開されていません。10名以上からの要予約となります。
・URL: http://gesshinji.jp/




記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 見所・観光・定番スポット
2020年7月24日
« 前の記事「蓮の季節到来〜近江妙蓮とからすま蓮根」へ
»次の記事「足利将軍が見惚れた名瀑「楊梅の滝」に涼を求めて」 へ
滋賀特派員 新着記事
滋賀の紅葉2020 多羅尾代官陣屋跡(甲賀市)
滋賀の紅葉2020 湖東三山近くの隠れた名所・東光寺(東近江市)
滋賀の紅葉2020 湖東三山・百済寺(東近江市)
里を思う心が紡いだ1万2000本のダリア(日野ダリア園)
湖西浄化センターのバラ園、2020秋季一般公開中!
竹生島・びわ湖に浮かぶ神の島へ
岩間寺〜奥宮神社、秋晴れの絶景を求めて......
ドラマの感動再び〜「テレビドラマの世界~スカーレットの舞台 甲賀市信楽~」
1年前の同じ月に投稿された記事
とりやきサントリ食堂
艶めく緑彩る、梅雨の名刹~湖東三山・金剛輪寺
やっぱり「ひまわり」には太陽が良く似合う
牛にひかれて「新善光寺」参り

近畿旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■滋賀県の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

日本国内にもどる

  • 特派員プロフィール
  • 滋賀特派員

    滋賀特派員
    FUNAZUSHI-MARU
    古より湖と街道の国だった近江。趣味の自転車で走るうち、そんな地元の魅力を再発見し日々ブログにて発信しています。東京から滋賀へと続く東海道・中山道は自転車で走破。五街道制覇が当面の目標です。守山市、草津市を中心に自転車で滋賀の魅力を届ける活動もしています!
    ブログ:FUNAZUSHIの国から.work
    びーもサイクル協議会HP DISQUS ID @disqus_IL7NPPr8QW

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集