海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 滋賀特派員ブログ > ドラマの感動再び〜「テレビドラマの世界~スカーレッ...

日本国内/滋賀特派員ブログ FUNAZUSHI-MARU

日本国内・滋賀特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2020年9月14日

ドラマの感動再び〜「テレビドラマの世界~スカーレットの舞台 甲賀市信楽~」


ドラマの感動再び〜「テレビドラマの世界~スカーレットの舞台 甲賀市信楽~」

コロナで止まってしまった時間......、あの炎よ再び
思えば甲賀市・信楽を舞台にした朝ドラ「スカーレット」は、終盤の盛り上がりへと向かうなかでコロナ禍が襲いました。 ドラマに関する企画展なども閉館されてしまうなど、スカーレット効果を望む現地としては非常に寂しい終わり方となってしまっていたのです。


まだまだコロナ自体は収束はしていないものの、コロナとの付き合い方が見えてきたいま、ようやくさまざまな施設の開館、飲食や旅行の解禁がされてきました。滋賀県下でも徐々にではありますが、コロナ対策のもと、楽しめる場所が増えてきています。


そんなイベントのひとつが、旧信楽伝統産業会館で開催中の「テレビドラマの世界~スカーレットの舞台 甲賀市信楽~」です。
この企画展では、あのスカーレットで実際に使われたセットの一部や、小道具などが展示されているのです。
スカーレットは最後まで余すことなく見てきたフナズシマル、これは絶対に見逃せない!とさっそく行ってまいりました。




テレビドラマの世界がそこに!

sk01.JPG

開催されている旧信楽伝統産業会館は、信楽高原鉄道「信楽駅」から徒歩6分。新宮神社前交差点の手前にあります。
ちなみに新しい信楽伝統産業会館は駅から3分のところですよ。


入口でアルコール消毒&検温を行い、来場者記録を記入にて入場。


sk02.JPG

さっそく入ってすぐのところには、主人公・喜美子の幼なじみである大野信作の実家で、雑貨屋から商売替えしたカフェ「サニー」が再現されており、気分をグッと盛り上げてくれます。


sk03.JPG

会場入口から中へ入ると、


sk04.JPG

釉薬を使わず土に含まれる自然の成分で独特の風合いをだす自然釉に喜美子が目覚め、大金を投じて自宅の庭に作った「穴窯」のセットがそこにありました。
まさに主人公の命をかけた戦いの場であった穴窯。喜美子の魂の炎が燃え上がったあの穴窯です!


sk05.JPG

そして穴窯の横には、ドラマのなかでも穴窯のすぐそばにあった工房「かわはら工房」の看板。
その先にドラマでも特に多くの重要なシーンの舞台となったあのセットが。


sk06.JPG


sk07.JPG

工房の室内セットが移設されていました。これはファンなら涙ものではないでしょうか!
じっと眺めていると、いまそこにろくろを回す喜美子や、それを見つめる八郎、武志たちが居るかのように感じます......。
テレビ画面の先にあった、あの数々の感動のシーンがここで本当にあったんだと思わず感動してしまいました。




ドラマの名シーンを思い出す小道具達

別の会場では、ドラマ内で使われた衣装や小道具の展示されています。


sk08.JPG

まずは、オープニングでSuperflyさんが歌うフレアとともに流れる印象的なクレイアニメーションの人形。
これを見るだけでスカーレットだとわかるものですね。
「日々 恋をして 胸を焦がしたい いたずらな空にも......」と、頭に曲が流れ出します。


sk10.JPG

要所要所で出てきた狸の焼き物や、


sk09.JPG

八郎がフカ先生に、食べるために先生の絵を売ってしまったことを告白し号泣したシーン。そのときの絵を喜美子が想像で書いたこの絵も非常に印象深く脳裏に焼きついています。それが目の前に! 
思い出してちょっとジーンときてしまいました......。


sk11.JPG

幼少期からドラマ終盤までの喜美子の衣装も揃っています。
このゲームセンターの看板も喜美子の息子・武志を思い出してしまうセットですね。


もう、なぜかドラマのなかの品々に、自分の思い出であるかのように懐かしさを感じてしまった次第......。
スカーレットの感動の炎は私の中でいつまでも燃え続けているのかもしれません(うまく言い過ぎかな?)。




sk12.JPG

お土産もちゃんと買って帰りましたよ。




※記事中の写真については、信楽町観光協会様の了承をいただき掲載しております




【旧信楽伝統産業会館「テレビドラマの世界~スカーレットの舞台 甲賀市信楽~」】
・住所: 滋賀県甲賀市信楽町長野1142
・電話: 0748-70-2466
・開館時間: 9:00〜17:00
・アクセス: 信楽高原鉄道「信楽駅」下車、徒歩6分




記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー イベント・行事・お祭り エンターテイメント・音楽・ショー 見所・観光・定番スポット
2020年9月14日
« 前の記事「信楽の弘法さん「玉桂寺(ぎょくけいじ)」」へ
»次の記事「岩間寺〜奥宮神社、秋晴れの絶景を求めて......」 へ
滋賀特派員 新着記事
湖西浄化センターのバラ園、2020秋季一般公開中!
竹生島・びわ湖に浮かぶ神の島へ
岩間寺〜奥宮神社、秋晴れの絶景を求めて......
ドラマの感動再び〜「テレビドラマの世界~スカーレットの舞台 甲賀市信楽~」
信楽の弘法さん「玉桂寺(ぎょくけいじ)」
大河ドラマ再開!光秀ゆかりの西教寺〜幻想的なライトアップで負けない夏を
海のない滋賀の鮮魚の名店「ファミリーれすとらん ひろせ 寿し正」
足利将軍が見惚れた名瀑「楊梅の滝」に涼を求めて
1年前の同じ月に投稿された記事
新・朝ドラの舞台「信楽」へ行ってきた!~窯元散策編(1)
新・朝ドラの舞台「信楽」へ行ってきた!~信楽高原鉄道編
八幡堀を自転車散歩...

近畿旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■滋賀県の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

日本国内にもどる

  • 特派員プロフィール
  • 滋賀特派員

    滋賀特派員
    FUNAZUSHI-MARU
    古より湖と街道の国だった近江。趣味の自転車で走るうち、そんな地元の魅力を再発見し日々ブログにて発信しています。東京から滋賀へと続く東海道・中山道は自転車で走破。五街道制覇が当面の目標です。守山市、草津市を中心に自転車で滋賀の魅力を届ける活動もしています!
    ブログ:FUNAZUSHIの国から.work
    びーもサイクル協議会HP DISQUS ID @disqus_IL7NPPr8QW

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集