海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 滋賀特派員ブログ > うなぎ料亭「山重」・天下取り決戦の歴史舞台で味わう...

日本国内/滋賀特派員ブログ FUNAZUSHI-MARU

日本国内・滋賀特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2021年3月21日

うなぎ料亭「山重」・天下取り決戦の歴史舞台で味わう鰻


うなぎ料亭「山重」・天下取り決戦の歴史舞台で味わう鰻

こんにちは、フナズシマルです。
瀬田の唐橋ってご存知ですか?


DSC07281.JPG

日本史上、何度も戦いの舞台に登場し、「唐橋を制するものは天下を制す」と言われた日本三名橋のひとつです。
古くは日本書紀にも登場し、本能寺の変では安土城に向かった明智軍の進行を止めるために織田信長配下の山岡景隆によって焼き落とされました。その後は豊臣秀吉が再建しています。


DSC07276.JPG

唐橋の東詰にはその山岡景隆の居城「瀬田城」がかつて存在し、今は石碑のみが建っています。
瀬田川沿いにあった瀬田城の跡地はは江戸時代に入って膳所藩の別邸「臨江庵」となりました。
やがて「臨湖庵」として湖魚料理を中心に提供する料亭となって長く愛されてきました。


その味を引き継いだのが室町時代に瀬田で鰻の引売り屋台として創業した"山形屋右重衛門"。


DSC07260.JPG

現在はこの地で400年以上続く老舗として「うなぎ料亭・山重」という店名で美味しい鰻料理を提供されています。
この歴史的なストーリーが気になって、前から一度行ってみたいと思っていたのです。



まずはホームページ(http://www.yamaju.me/ )から予約。


DSC07263.JPG

お店は瀬田唐橋から150mほど東へ進んだところにあります。近江国一宮・建部大社もすぐ近くです。


お店に入ると静かで落ち着いた雰囲気。
料亭とつく場所には完全不慣れなフナズシマル、若干緊張しつつ店員さんに案内されたほうへと進みます。


DSC07265.JPG

席は半個室(格子状の仕切りと扉で区切られている)となっており、他のお客様とも十分なスペースが確保されており密にもならず安心ですね。


DSC07267.JPG

鰻重にするか、ひつまぶしにするか悩んだ末、まずは基本を攻めようと鰻重(檜:鰻一匹 4,950円税込)を注文。


DSC07271.JPG

しばらくして鰻重登場! 肝吸も付けましたよ。
ご飯も大盛りはお値段変わらずに変更可能です。もちろん大盛り!


DSC07269.JPG

山椒は2種類が用意されています。
木製の容器に入っているのは、京都の七味屋本舗 の山椒とのこと。
もう一つはGABANの仁淀川山椒です。


DSC07274.JPG

DSC07275.JPG

大きく肉厚の鰻がまるまる一匹乗せられた鰻重は、香ばしく焼かれた外側はパリッと内側はふんわりとしてとてもやわらかい。タレは濃すぎず甘すぎず、鰻の風味を引き立てしっかり伝えるサッパリ目のお味。これがご飯にも鰻にもちょうど良いくらいに絡んで思わずがっついてしまいそうになります。やばいやばい、ここはうなぎ料亭なので上品に...。


見た目の量的にはちょっと心許ないかと思いましたが、結構お腹いっぱいになりました。



「急がば回れ」という諺の発祥の地・瀬田の唐橋。
東海道を草津(矢橋港)から船で大津へ向かう旅人は、比叡山から吹き下ろす風に邪魔され船が何日も出ない日があったそうです。それなら唐橋を渡って徒歩で大津へ向かった方が早いということから、「武士(もののふ)の やばせの船は はやくとも いそがば廻(まわ)れ せたのながはし」と歌に詠まれたのが由来です。


美味しい瀬田鰻を食べられるなら、急がず唐橋に回っていくのが今も昔もオススメですね。



(うなぎ料亭・山重)
住所:滋賀県大津市瀬田1-16-15
電話:0120-13-8103
営業:11:00〜15:00(L.O.14:00)
         17:00〜21:00(L.O.20:00)
定休:火曜日 



記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー レストラン・料理・食材
2021年3月21日
« 前の記事「「なまずの寝床」〜びわ湖の空と風を感じるPIZZA専門店がオープン!」へ
»次の記事「大津の桜の名所を自転車散歩」 へ
滋賀特派員 新着記事
錦繍の永源寺周辺をめぐるサイクリング
人知れず奥永源寺に架かる橋
河辺いきものの森・愛知川の河辺に残された貴重な里山
雪原を思わせる白い蕎麦畑と、珍しい赤蕎麦の花が見頃です!
坂本のよもぎ餅専門店〜比叡 三九良(さんくろう)
梨とブドウの季節到来! もりやまフルーツランド
夏休み、銅鐸博物館で古代の暮らしに触れてみよう!
この夏、ビワイチ新スポットが登場!
1年前の同じ月に投稿された記事
ホンモロコ釣りでびわ湖の春を食す
甲賀忍者の総社「油日神社」
窯のなかで至福の時間を......信楽・登り窯カフェ

近畿旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■滋賀県の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

日本国内にもどる

  • 特派員プロフィール
  • 滋賀特派員

    滋賀特派員
    FUNAZUSHI-MARU
    古より湖と街道の国だった近江。趣味の自転車で走るうち、そんな地元の魅力を再発見し日々ブログにて発信しています。東京から滋賀へと続く東海道・中山道は自転車で走破。五街道制覇が当面の目標です。守山市、草津市を中心に自転車で滋賀の魅力を届ける活動もしています!
    ブログ:FUNAZUSHIの国から.work
    びーもサイクル協議会HP DISQUS ID @disqus_IL7NPPr8QW

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集