海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 滋賀特派員ブログ > 夏休み、銅鐸博物館で古代の暮らしに触れてみよう!

日本国内/滋賀特派員ブログ FUNAZUSHI-MARU

日本国内・滋賀特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2021年8月 2日

夏休み、銅鐸博物館で古代の暮らしに触れてみよう!


夏休み、銅鐸博物館で古代の暮らしに触れてみよう!

こんにちは、フナズシマルです。


夏休み真っ最中ですね。
夏休みといえば自由研究。でも毎年題材に悩んでいる家族の方も多いんじゃないでしょうか?


というわけで、今回は野洲市にある「銅鐸博物館」を紹介したいと思います。




do01.JPG

場所は国道8号線から県道324号を希望ヶ丘文化公園方面へと向かって右手にあります。
マップには野洲市歴史民族博物館と示されていたりしますが同じ施設です。


do02.JPG

銅鐸博物館のある場所から国道を挟んで向かい側にある大岩山で、1881~1962年にかけて大小29個の銅鐸が見つかりました。
その中には写真(複製品)にあるような日本最大の大きさを誇る巨大銅鐸もあったのです。
ここ銅鐸博物館では、そういったさまざまな銅鐸や、それらが使われた弥生時代の歴史や文化について学ぶことができます。


ちなみに銅鐸っていうのはまだまだ解明されていないことも多いのですが、いわゆる祭祀に使われた鐘(ベル)だというのが現在の主説になっているようですね。大きい銅鐸はお寺の鐘のように吊り下げられて打ち鳴らされたようです。それらと一緒に博物館には指先程度のとても小さな銅鐸ありました。そんなのを見るとベルなんだって思えますよ。


do10.JPG

こちらの施設では、古代にちなんださまざまな体験が気軽な価格で申し込むことができます。ここは要チェックですね!




博物館のエリアにはほかにもいろいろな施設があります。


do03.JPG

「弥生の森歴史公園」では、弥生時代の暮らしを体験できる竪穴住居や高床式倉庫が再現されており、実際に中に入ることもできます。


do04.JPG

竪穴住居の横に小さなハス畑があるのですが、このハスはただのハスではありません。
千葉県の遺跡から見つかった2000年以上前のタネから発芽したハスで、「大賀ハス」というものなのです。
6月中旬から7月中旬が見頃なので、8月現在はもうほとんど花は落ちてしまいましたが1株だけ咲いていました。


do05.JPG

かわりにスイレンの池はちょうどいまが見頃ですよ。


do06.JPG


do07.JPG

ピンクや白の花が水面に映えますね。




do08.JPG

また国史跡大岩山古墳群8基のうちのひとつ、宮山二号墳がエリア内にあります。


do09.JPG

こちらの古墳は中に入ることもできるので、古代の王になった気分になれるかも。




親子で楽しく学べる銅鐸博物館。希望ヶ丘での外遊びとセットで、夏休みの1日を有意義に過ごしてみてはいかがですか?




【銅鐸博物館・野洲市歴史民族博物館】
・住所: 滋賀県野洲市辻町57-1
・電話: 077-587-4410
・営業: 9:00~17:00
・定休: 毎週月曜日、祝日等の翌日、年末年始
・入館料: 大人200円、小中学生100円
・アクセス: JR琵琶湖線・野洲駅下車/南口から近江鉄道バス「希望ヶ丘西ゲート行」、「銅鐸博物館前」下車



記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 見所・観光・定番スポット
2021年8月 2日
« 前の記事「この夏、ビワイチ新スポットが登場!」へ
»次の記事「梨とブドウの季節到来! もりやまフルーツランド」 へ
滋賀特派員 新着記事
人知れず奥永源寺に架かる橋
河辺いきものの森・愛知川の河辺に残された貴重な里山
雪原を思わせる白い蕎麦畑と、珍しい赤蕎麦の花が見頃です!
坂本のよもぎ餅専門店〜比叡 三九良(さんくろう)
梨とブドウの季節到来! もりやまフルーツランド
夏休み、銅鐸博物館で古代の暮らしに触れてみよう!
この夏、ビワイチ新スポットが登場!
翠色に輝く御池を訪ねて......
1年前の同じ月に投稿された記事
大河ドラマ再開!光秀ゆかりの西教寺〜幻想的なライトアップで負けない夏を
海のない滋賀の鮮魚の名店「ファミリーれすとらん ひろせ 寿し正」
足利将軍が見惚れた名瀑「楊梅の滝」に涼を求めて

近畿旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■滋賀県の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

日本国内にもどる

  • 特派員プロフィール
  • 滋賀特派員

    滋賀特派員
    FUNAZUSHI-MARU
    古より湖と街道の国だった近江。趣味の自転車で走るうち、そんな地元の魅力を再発見し日々ブログにて発信しています。東京から滋賀へと続く東海道・中山道は自転車で走破。五街道制覇が当面の目標です。守山市、草津市を中心に自転車で滋賀の魅力を届ける活動もしています!
    ブログ:FUNAZUSHIの国から.work
    びーもサイクル協議会HP DISQUS ID @disqus_IL7NPPr8QW

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集